検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の観光スポット・横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

中区伊勢佐木町の「横浜ニューテアトル」が、2018年6月1日で営業を終えることに。閉館理由やお別れイベントは?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

2018年05月16日

ライター:はまれぽ編集部

中区伊勢佐木町で、名作を映し出してきた映画館「横浜ニューテアトル」。はまれぽでは以前にも『ヨコハマメリー』や『禅と骨』など、歴史に名を残す名作を紹介する中で上映館である同館も取材してきた。

その横浜ニューテアトルが、2018年6月1日をもって閉館することになったという。
 


伊勢佐木町の歴史ある2番館が閉館!?

 


「諸般の事情により営業を終了する」というお知らせが

 
46年間上映を続け、伊勢佐木町の顔でもある映画館が閉館するのはなぜなのだろう。オーナーの長谷川喜行(はせがわ・のぶゆき)さんにお話を聞いた。



脳梗塞による後遺症が続く

長谷川さんに閉館について伺うと、「要因の一つは体調の問題。脳梗塞で倒れてから、後遺症が残っているんだよ」と話す。閉館は以前から決めていたことで、突然の決定ではないそうだ。

長谷川さんは2011(平成23)年3月に倒れ、病院に救急搬送。数ヶ月間入院し、退院後も、リハビリのために通院を繰り返していた。今も言葉や聴覚が思うようにならず、以前のようには働けないという。

横浜ニューテアトルは、前身である東京テアトル直営の「テアトル横浜」から名前を変えて、1972(昭和47)年に松竹系洋画劇場となった。その際に以前のままの名前は使ってはいけないと言われたため、館名に「ニュー」を付けて再出発した。
 


伊勢佐木の街とともに歩んできた

 
映画館業界全体の売り上げが伸び悩む中で、2006(平成18)年公開の『ヨコハマメリー』が記録的な大ヒットとなるなど、作品にも恵まれて個性的な作品の上映を続けてきた。

一方で、2010(平成22)年に「日本のイルカ漁を扱った海外ドキュメンタリー」を公開した際には自宅にまで抗議者がやってくるなど、苦難の時期もあった。そうしたストレスも体調不良の要因になった可能性があるそうだ。

これまでの上映作品の思い出について伺うと、「やっぱり人生の節目に観た映画が記憶に残っているね。自分の場合は、初めて父親の映画館を手伝ったときに上映していた『スタンド・バイ・ミー』に始まって『バットマン』、それから『ヨコハマメリー』かな」と振り返る長谷川さん。



お別れイベントが開催予定
 


館内に飾られた似顔絵。よく特徴を捉えているが、本人曰く「全然似てない!」とのこと

 
閉館に向けては「静かに幕を引きたい」という意向から、大規模なイベントは行わない方針だ。
その代わりに、お別れイベントとして、クラッカーやサイリウムも持ち込み可能な『バーフバリ』の絶叫上映や、『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』の上映と、片渕須直(かたぶち・すなお)監督舞台挨拶などの企画が行われる。
 


同館では2度目で最後の絶叫上映。チケットはすでに完売!

 
横浜ニューテアトルへの思い入れも強いという片渕監督の舞台挨拶チケットは5月19日から窓口で販売。また、最終日にも第3弾のお別れイベントを行う予定で、現在調整中だ。

伊勢佐木町の街並みを形作ってきた2番館の閉館は、街の姿を変えていくことになりそうだ。その幕引きの瞬間や閉館後の姿も含め、はまれぽでは今後も追い続けたいと思う。


-終わり-


上映スケジュール、イベント詳細などは公式ホームページをご参照ください
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • クラウドファウンディングで、経営資金を募って何とか施設を賃貸とかでも再開出来たら良いのに。

  • 地元大手企業が名乗りを上げて存続出来る道はないんですかね~ 間接的にだが地元が潤うって事にメリットあるんじゃないの?

  • 伊勢佐木町からミニシアターの灯が消えてしまうのは寂しい。後継者が名乗りをあげたら、継続もあるのかな

もっと見る

こんな記事も読まれてます

桜咲く頃はレトロ&まったりのお散歩へ。はま旅Vol.2「根岸編」

戦後の横浜にひと筋の光を与えたという、歴史ある社会人野球「横浜金港クラブ」がいま熱い!

老舗のノレンを洋風がなびかせる、はま旅Vol.80「石川町編」

中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!

【編集部厳選!】なんて魅力的な穴なんだ!! トンネル特集

『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!

大反響で今週から木曜日更新!! 今週も「横浜中華街」をテーマにした川柳を大発表! 『はまれぽ川柳アワー』第四巻

中央卸売市場が行っている市場探検隊ツアーって何?

おすすめ記事

一時姿を消した古き良き長者町の名画座「シネマリン」

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

「シネマ・ジャック&ベティ」で振り返る横浜と映画館の歴史

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

中央卸売市場が行っている市場探検隊ツアーって何?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜DeNAベイスターズの2017年の新入団選手発表の様子をレポート!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 京急で自動音声があるのに、あえて肉声で英語のアナウンスをする車掌さんを発見(発聞?)聞きに乗って下さ...

  • 浜マーケットの小島屋さんが9月28日でクローズしてしまうらしい。。歴史もあるあのお店が無くなってしま...

  • 2016/9/1掲載の三浦虎二郎さん投稿記事京急安針塚を降り、JR横須賀線の田ノ浦踏切の傍らにある「...

最近のコメント

アクセスランキング