検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

グリーンラインの流れる照明はなぜ使われないの?

ココがキニナル!

グリーンラインの駅の列車と共に流れるように光る照明設備は震災以降使われていませんが、永遠に使用されない?ブルーラインで駅到着前に鳴らしていた独特の警笛はなぜやめたの?(xtc2012さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

照明設備は故障のため使用できない。現在、改善策を検討中。電車接近時に警笛を毎回鳴らさなくなったのは、全駅にホームドアを導入したため。

  • LINE
  • はてな

ライター:沢村 友美

ラインカラーの必要性

そもそもラインカラーは、駅のデザイン性を考慮して導入されたものらしい。
グリーンラインの全10駅には、駅を識別しやすくすると同時に個性化を図り、乗客に親しんでもらおうという目的で、ステーションカラーと呼ばれるテーマカラーが設けられている。例えば、中山駅は青竹色、センター北駅はベビーピンク、日吉駅は薔薇色といった具合だ。

このステーションカラーは、ラインカラー以外にもベンチシートや自動販売機、柱などに使われている。
 


センター南駅のステーションカラーは空色
 

 

エレベーターや発券機周りなど、各駅の主要な場所が色付けされている


ラインカラー自体、電車の運行上、絶対に必要なものでなく、本来“見た目”のために設置されたため、設備の改善はどうしても機能上問題がある方が優先となり、修理対応が遅れてしまっている様子。



ラインカラーに対する意識調査

では利用者はラインカラーについてどう思っているのだろう?
とある平日の夕方、「センター南」駅で乗客に聞き込みを行った。
男女・幅広い年齢層をランダムに選んで声をかけたところ・・・

16名中7名・・・「そう言われてみればありましたね。気にしていないので存在を忘れていました」
16名中4名・・・「ラインカラー?気が付きませんでした」
16名中5名・・・「初めて乗った/あまり乗らない/震災以降に利用しているので分かりません」

という結果に。

ラインカラーの存在を知り、なおかつ使われなくなったことを気にしていた人はゼロだった。
 


利用者はラインカラーをあまり気にしていない?


ラインカラーに気付かなかった人の中には「震災前からほぼ毎日通学で利用しているけど、全く知らない」(高2/男性)という人も。

またラインカラーのことは知っていたが、存在をすっかり忘れていたという7人には「設備が使われていない状態を無駄と思うか」尋ねたが、全員が「そうは思わない」と答えた。その理由はみな同じで「節電になるから」とのこと。

近隣に住む主婦の中谷(なかや)さんもその一人。
「ラインカラーがあれば電車が来た際に分かりやすいけど、ホームではアナウンスもあるからラインカラーは別になくてもいい」とのこと。
 


「ラインカラーはあってもなくてもいい」と中谷さん


ほかには、「電車が来る方向が分かるし、キレイなのでいいと思っていた。設備が使われていないことは気にならない(沿線に住む、赤ちゃん連れの川西さんご夫婦)」「設備が無駄とは思わず、節電対策だと思った。聴覚障害を持つ方には便利かもしれないが、『電車がきます』という表示もあるので必要ないのでは(通勤で利用する江藤さん/男性)」などのご意見も。

だがラインカラーに強い関心を示す人には出会えなかった。



調査を終えて

電車接近時の警笛もラインカラーも、日常的に親しんでいた人にとっては、使用されなくなることが残念に思えるかもしれない。

ただラインカラーについては、投稿者のような意見を持つ人もいる一方で、駅での調査では気にしている人が現れず、交通局では「早期に直したい」としており、それぞれの意識に大きなギャップあるように感じられた。

コスト、環境、機能、デザインなど・・・どこに焦点を当てるかで、みなさんの意見もきっと変わってくるだろう。


―終わり―

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 列車が駅に近づくと流れるように光りだすラインカラー、ホームドア、駅ごとに異なるステーションカラーなど、本来は先進国の鉄道としての安全対策もっと幅広く各社鉄道会社に普及されているべきだと思いますが、なかなか普及してきません。ホームに溢れるほど乗降客がある鉄道線でさえ狭隘ホームにホームドアさえ設置されないケースが大半だと思います。そんな中でグリーンラインが先駆的にラインカラー、ホームドア、駅ごとに異なるステーションカラーを設置したことは画期的だったと思います。横浜ではじめて自動改札が設置されたのはブルーラインでしたし、公設鉄道がモデルケースを提示し各社に普及を促していく流れは進めて欲しいものです。技術大国の意匠発揮の意も込めてメーカーの協力のもとラインカラーは再生してほしいものです。聴覚が不自由な方や音楽プレーヤーを聞きながら乗降される方も多い世の中、大きな意味を持っているはずです。

  • EMC電磁妨害がらみでダウンって・・・やっぱり駆動インバータ制御のノイズ喰らいまくりなんだろうか?相鉄が8000系投入した時にも、試運転で信号系にノイズが乗るのがわかり、誤作動を招く可能性とかで、対策が取られるまで稼働見合わせとなった事がある。でもラインカラー光らせるのにそんなスゴイ制御してるの???

  • ブルーラインの警笛はたしかに独特です。仲間内で擬声語で表わそうといろいろ考えたものの、ついに結論が出ませんでした。時おり思い出したように鳴ると懐かしく感じます。

もっと見る

おすすめ記事

市営地下鉄の広告やポスター、規制やコラボの経緯は?

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

地下鉄桜木町のホームへのエスカレーターが下りだけなのはなぜ?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

京急新町変電所付近にある「使用停止」となった踏切警報機の存在理由とは?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

横浜市営バスで乗車距離が近すぎるバス停と遠すぎるバス停の差がすごいって本当?

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横断歩道の「通りゃんせ」は、横浜市内でまだ流れているの?

今後市内に増えていく? 50年以上残る旭区白根の謎の環状交差点「ラウンドアバウト」の正体は?

【編集部厳選】70回目の終戦記念日。今、忘れてはいけない戦争の記憶

セカンドキャリアとして起業したい! 教えて○○さん! 「司法書士編」

季節の変わり目に起こる「なんだかだるい」の原因を横浜で探れ

節電を呼びかける東京電力はどれだけ節電してるの?

新山下にあるプロ野球チーム中日・広島・阪神の指定クリーニング店「村田クリーニング商会」の歴史に迫る!

京急新町変電所付近にある「使用停止」となった踏切警報機の存在理由とは?

新着記事