検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 今回お送りするのは、クリーミーでマイルドな家系ラーメンが食べられる「九ツ家」「源泉」「大岡家」の3店舗をご紹介!!

  • LINE
  • はてな

2014年03月25日

ライター:はまれぽ編集部

戸塚にクリーミー系の超新星あらわる! 「源泉

次に訪れたのは、今年2014(平成26)年1月18日にオープンしたばかりの「源泉」。JR横須賀線戸塚駅より徒歩5分ほどの好立地にある。
 


「俺に触れたら棘が刺さるぜ」・・・マーコさん、自分の指に棘が刺さってますが


訪れたのは夕方5時にもかかわらず、客がひっきりなしに来店している。新しくできた店舗とはいえ、ここまで集客できるということは、味のクオリティも楽しみだ。
 


店の前にはお祝いの花が飾られていた


話を伺ったのは店主の中根建修(なかねたけのぶ)さん。中根さんは市内の某家系ラーメン店で約5年間修業を積んだのち、以前から自分の店を持ちたいという夢を叶えるべく独立。その後、店を探していたところ、居抜き店であるこの店を発見して契約し、そのままオープンに至ったそうだ。
  


店主の中根さん


同店の由来はラーメンを食べたお客さんの笑顔が、泉のように「自然に沸いてほしい」という願いから名付けたのだそう。
 


広々としてどこかクラシカルな店内
 

黒烏龍茶とルイボスティーが無料で飲めるのは嬉しい


使用している麺は長多屋製麺の中太ストレート、そしてスープは「一口目のインパクト」を意識しているそうだ。クリーミー系の味にインパクトというのはいったいどんな味なんだろうか?
 


もっちりした食感で、小麦の香りが強い長多屋製麺


ではさっそくいただいてみることにしよう。はたしてそのクリーミー系スープの中に、中根さんの思いは見えるのだろうか?
 


無骨さがなく、どこかインテリ感を感じるラーメン(650円)


まずはスープから飲んでみると、たしかに味はクリーミーなのだが、一口目にしょう油がガツンと舌の上で踊る。そしてそのあとに、ほわりとクリーミーなとんこつ味が口いっぱいに広がる。壱系のラーメンは数あれど、その中でもレベルは上位クラスのように思える。

では、マーコさん、味の感想は―――
 


黒烏龍茶でダイエット宣言!


なにをしているんですか・・・はい、味の評価いきますよ。

>家系マイスター・マーコ氏
オープン日に食したときよりもスープ濃度とクリーミーさが高くなっており、まさに濃厚家系の一杯である。また、濃度が上がった影響により、麺のスープとの絡みもレベルアップしたのはいうまでもない

>編集部・千葉
バランス感が素晴らしいです。しょう油感が少々強いので、中毒性がありそう。スープもしっかり完飲しちゃいました。個人的にけっこうお気に入りの店かも。

既食メニュー:ラーメン(650円)
ネタ度:★★★☆☆(星3つ)



町田商店系のクリーミースープが楽しめる! 「大岡家」

「では、最後のお店にいきましょか」
マーコ氏の後をくっついて歩いていると、家系プロジェクト本部より編集部・千葉の携帯に連絡が入る。どうやら、以前の記事で登場したチバコロが、今後の家系全店制覇の道にたずさわることになったようなので面倒を見てくれとのこと。

はい、かしこまりました――
そう電話を切ったあとの千葉の顔はどこか寂しげ。いったいなにがあったのだろうか。そして待つこと約30分後にチバコロが現地に到着した。
 


じゃん! メガネコンビ、ふたたび


前置きが長くなったが、最後に向かったのは緑区鴨居にある「大岡家」。JR横浜線鴨居駅から徒歩1分という、これまた好立地の同店は町田に本店を構える「町田商店」の姉妹店でもある。
 


同店の外観


店に企画の主旨を伝えたところ、こころよく取材OKとなった。そこで同店に関するお話を、店の代表者(諸事情により店主は不在)である幸英二(ゆきえいじ)さんに話を伺った。
 


忙しい中、取材に協力していただいた幸さん


同店が誕生したのは2012(平成24)年6月。以前は魚介系のつけ麺を扱っていたというこの店舗を、家系ラーメン店として業種変更したのだそう。なお店名の由来は諸事情により、残念ながらNG。
 


町田商店特有の店内はどこか落ち着く


使用している麺は町田商店系列ご用達の大橋製麺。スープの味は基本的に一緒だが、鴨居という土地柄、高齢者がおおいためにとんこつ臭を抑えてライトな味を心がけているそうだ。
 


ここでクリーミーなラーメンが作られている


同店の特徴といえば、町田商店から受け継いだ濃厚クリーミー系スープだが、チャーシューの存在も忘れてはならない。特製のチャーシューをあぶり焼きしたものは、味もさることながら、香ばしさが食欲をそそるのだ。
 


大岡家の名物のひとつ、チャーシュー(ラーメンに入っているもの)


では、今回最後の実食だ。マーコ氏とチバコロの評価はいったいどうなのだろう。
 


ラーメン(650円)
 

二人「クリーミー!」


>家系マイスター・マーコ氏
「オープン当時の濃厚感は一体どうしたんだ?」と思わず言及してしまいたくなるライトよりのスープに変貌しており、食べやすい反面、濃厚な家系ラーメンと比較および中毒性という観点からすると、やはり少々物足りないというのが否めない。

>編集部・千葉
たしかに食べやすい家系ラーメンといった印象。ただし、土地柄とはいえ町田商店や綱島商店と比べてインパクトは薄いかもしれない。

>チバコロ
粘度が高めの優しくてクリーミーなスープ。女性や高齢者の方にはオススメだと思います。私個人としてはもう少ししょう油が効いてもいいかな、という印象。

既食メニュー:ラーメン(650円)
ネタ度:★★☆☆☆(星2つ)

と、普段はここで終わるところだが、今回はそうはいかない。
実はここで、チバコロにとんでもない試練が待ち構えていたのだ!



未来は“こころ”の手の中

店を出たところで、編集部・千葉の口からチバコロへとんでもないことが言い渡される。
編集部・千葉:「実は僕は今回でこの企画を降りることになりました。あとはチバコロさんへ託します。あとはよろしく哀愁!」

え・・・? いきなり衝撃的なことを言われても、「お、おぅ・・・」という返答しか出てこない。
「本部には取材を手伝うってことしか聞いてないのに、丸投げってマジですか!?」

握手を求められ、頭が真っ白になるチバコロ。だが編集部・千葉はそんなこともお構いなしに、めっちゃ笑顔でチバコロにサムズアップしながら、あとは頑張れよ! となんとも清々しいご様子。
 


そんな笑顔でサムズアップされても困ります


そしてその後、編集部・千葉からチバコロの手へ、今まで数々の家系ラーメン店を取材してきた「家系全店制覇への道」のマル秘・取材メモが手渡された。
 


嬉しいのだか、腹が立つのか分からなくなってきたチバコロ




取材を終えて

家系全店制覇の未来は編集部・千葉からライター・チバコロへ託された。
だが、ここで悲しんでいる場合ではない。ここから本当の家系ラーメン全店制覇への道の第二章が始まるのだ。

実はあの店の修業元があの有名店であったり、見たことがないメニューがあったりと、まだまだマニアとしてはたまらない内容が待ち構えている。今後、マーコ氏とライター・千葉こころの珍道中ははたしてどんな結末を迎えるのだろうか!? 今後の展開に乞うご期待!!
 


2014年3月25日時点の家系家系図
<クリックして拡大>



―次回に続く―


次回の更新日は2014年4月8日(火)を予定しています。お楽しみに!


<取材協力>
神奈川のラーメンを盛り上げよう!会
http://kanagawa-ramen.net/

マーコの辛口ラーメンチェック
http://ma-ko64.com/
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 開店当初の九ツ家が大好きでした。直系らしいガツンと来る醤油とスモークチャーシューに岳家(はま家)のような粘度のある濃厚さを合わせた、個人的に最強のラーメン屋に出会ってしまった!と本当に感激してしまい、しょっちゅう足を運んでいたものでした。それが随分長いことお店を閉めたかと思えば急に店長が変わってしまい、行ってみたら味も全くライトになってしまったのでガッカリして本気で泣きそうになったのを思い出します。今は三代目の店長さんなんですね。。。残念ながら二度と行くことはないかな。今回の源泉はちょっと気になりました。戸塚勤務なので行ってみたいと思います。さて…はま家や心家が紹介されるのはいつかなぁ…。

  • 京急白楽駅…かぁ

  • しかし、ラーメン屋の店主はなんだって腕組みした写真ばっかなんだろう?

もっと見る

こんな記事も読まれてます

県庁前のセントラルグリルは移転?閉店?

戸塚のゆるキャラ「ウナシー」がラーメンに!?ご当地グルメ「戸塚麺」を出す中華料理店ファ・ムーランってどんなところ?

横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!

南区中村町にある取材拒否のスーパーディープな「三吉橋フライ」とは!?

横浜でワンコインピザが食べられるお店はどこ?

西戸部町にある「峠の茶屋」、その店名の由来は?

陸の孤島・本牧で「グルメマップ」が作れるか? 新店&老舗を徹底調査!

横浜独自の「市民酒場」。誕生した経緯や現状は?

おすすめ記事

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

横浜独自の「市民酒場」。誕生した経緯や現状は?

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

築80年以上、知る人ぞ知る横浜の古民家カフェに突撃!

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

ついに発見! 家系なのにご当地ラーメンが存在する店舗とは!? ~横浜家系ラーメン全店制覇への道 其の拾五~

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

再配達に低賃金。物流業界の問題に真っ向勝負する横浜の「ワンフラット」がすごすぎた

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

横浜のオシャレ女子必見のアイテムが、伊勢佐木町の“きよみのアンティークショップ”にあった

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング