検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

店がないのに設置された川崎の巨大看板「18禁?」の正体は?

ココがキニナル!

クルマで通りすがり、川崎市郊外(小田急線柿生駅近く)に、18歳未満立入禁止、大きく「?」の看板があります。看板後方はテニスコートです。何のための何の看板なんですか?(ほっけさん、マッサンさん)

はまれぽ調査結果!

「?」の看板は東京都多摩市の風俗店のもの。25年前に関東一円100ヶ所以上に広告として看板を立てたが、風営法により今の看板へと変わった

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

「?」の看板のヒミツは?


 
休日でにぎわう京王・小田急線多摩センター駅から10分ほど歩いて、あの「?」の看板を立てたという多摩クリスタルへ。

 

 多摩センター駅前
 

 駅そばには「サンリオピューロランド」
 

 駅前の喧騒から少し離れた場所に多摩クリスタルはある

 
今回話を伺ったのは、「多摩クリスタル」店長の西脇(にしわき)さんだ。

 

 「柿生の看板、まだあったんだね~」と笑う西脇さん


なごやかな雰囲気のなか、西脇さんは「あれはね、25年前は女の子の写真と電話番号が載った普通の看板だったんだけど、後から“?”に変わったんだよ」と話してくれた。

なんと、最初から「?」の看板を立てたのではなく、お店の広告として打ち出していた看板を今の「?」へ変更したのだ。

多摩クリスタルは1987(昭和62)年2月1日に創業した、29年の歴史を持つファッションヘルス店だ。オープンから4年後、オーナーから「新しい広告を」という意向を受け、なんと関東一円100ヶ所以上に看板を設置。設置場所の交渉や看板のサイズ設定は当時の看板屋さんがすべて担当し、最も離れた場所では埼玉県の山奥にまで立てたとのこと。

 

 柿生のこの看板は24年ほど前に設置


当時の看板屋さんは廃業してしまったため、設置場所の選択理由や詳細な金額などは不明だが、数千万円をかけた大々的な広告で、集客も大幅にアップ。看板のサイズは場所によりまちまちだが、10メートル四方の巨大なものもあったそうだ。

こうして看板広告を打ち出したが、1996(平成8)年ごろに当初の看板内容が不適切だと行政からの指摘を受け、看板撤去の話が持ち上がる。しかし「100ヶ所の契約が一気になくなったら看板屋さんが潰れちゃうだろ!」と、オーナーからの意見があり、設置済みの看板を生かすことに決定した。

「最初は “18禁”だけにしようかと思ったんですが、それも難しくて。だったら“なんだあれ?”と興味を引くようなものにしようとオーナーからの提案があり、現在の“?”のデザインになりました」と西脇さんは続ける。

 

 女性従業員は「看板は知らないです」とのこと


100ヶ所以上の看板は、当時の看板屋さんとその知人の看板屋さんに頼み、一晩ですべての表示内容を変更。今まで見慣れた看板が突然「?」に変わっていたらビックリしただろうな・・・。

「ちなみに、ここ5年は看板を見て自力で探し出してくるお客様が1年に4~5人いますね」

「?」の看板を見て訪れたお客さんの中で一番遠方からきた方は、埼玉の山奥で看板を見かけた栃木にお住まいのお客さんとのこと。たしかに探究心をくすぐる看板だ。自力で調べてきた方は常連になることも多いとか。

 

 親しみやすい雰囲気の店内
 

 カラオケ屋さんっぽい待合室


店内をのぞかせてもらいつつ話を聞いていると「柿生のほかにも看板あるけど、見たい?」と、ちょっとワクワクした顔でいう西脇さん。25年前は100ヶ所以上あった看板も、時を経て現在は3ヶ所のみとのこと。

目を引くデザインなのに、不思議と地元に溶け込んでいるあの看板。ほかの地域の看板はどうなっているのか確かにキニナルので、西脇さんの誘いに乗って見にいってみた。

 

 縦長タイプだ!


こちらは小田急線永山駅から徒歩10分、諏訪下橋交差点。ひっそり佇んでいる。

 

 かなり大きめの立方体型


そしてこちらがJR南多摩駅そば、新大丸交差点にある「?」。看板群に紛れてあまり目立たないが、立方体になることで柱部分を除く3方向からの視線をカバーしている。ひとくちに「看板」と言っても多種多様だ。


 

取材を終えて


 
緑の多いのどかな麻生区を歩いていると唐突に現れ、ふっと目に入って、なんとなくキニナル。そんな風に日常にちいさな「?(疑問)」を残す「?」の看板は、現存する3点ともサイズや形状もさまざまだが、デザインだけは共通していた。

以前は神奈川県内、特に多摩区にいくつも看板が設置されていたということで、どこの看板かは分からないけど、このデザインはなんとなく見覚えがある・・・という方、結構多いのではないでしょうか。

 
―終わり―
 

多摩クリスタル
住所/東京都多摩市落合2-1-17
電話/042-375-1189
公式サイト/http://www.tama-crystal.com/(リンク先18歳未満立ち入り禁止)

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 記憶間違いでなければ、以前の看板は都内の環八と目黒通りの交差点にもあったような気がします。

  • せっかくなら、昔の看板の写真も掲載すれば良かったのに…。

  • 多摩クリスタル懐かしい~ 当時は(23.4年前)ジャージのおじさんが受付してくれて女の子は(もちろん他の子は知りませんが)プラスαありでしたね

もっと見る

おすすめ記事

反町に1軒だけポツリと佇む怪しい風俗店に突撃!

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

相模原市にある水道施設の管理者が「川崎市」なのは、なぜ?

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

川崎で名を馳せた幻の「アホーメン」とは?

再配達に低賃金。物流業界の問題に真っ向勝負する横浜の「ワンフラット」がすごすぎた

  • PR

関内の激セマ駐車場にある明らかに出入りできない車! その真相は?

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

  • PR

こんな記事も読まれてます

今日は横浜も「セントパトリックデー」! アイルランド文化特集【編集部厳選】

はまれぽヒストリー! ○年前の今日はどんな記事?(12月4日)綱島がかつて温泉町だったって本当?

【Y152れぽ】Y152の2日目はどんな感じ?

ハマスタが青一色に! 「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2016」をレポート!

不思議なものがいくつもある愉快な街。はま旅Vol.69「あざみ野編」

横浜のプロバスケチーム「横浜ビー・コルセアーズ」が立ちあがった経緯とは?

いよいよホーム開幕! 2013年本拠地開幕戦・初日の様子をレポート!

関内の激セマ駐車場にある明らかに出入りできない車! その真相は?

新着記事