検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜博覧会にあった横浜市の巨大ジオラマの行方は?

ココがキニナル!

昔、横浜博覧会時に、横浜市のパビリオンとしてあった横浜館。中にあった横浜の大きなジオラマが大好きでした。あのジオラマは取り壊されてしまったのか?それともどこかに移動されている?(羅漢さん)

はまれぽ調査結果!

ジオラマは横浜の未来への期待を伝える役目を終え、1999(平成11)年に「横浜館」が解体となった時に廃棄となった。

  • LINE
  • はてな

ライター:橘 アリー

横浜にしかない「放送ライブラリー」

放送ライブラリー」を運営している、公益財団法人放送番組センターの業務課長、大家博紀(おおか・ひろき)さんにお話を伺った。

 

「放送ライブラリー」入口。落ち着いた雰囲気
 

同センターの設立は1968(昭和43)年とのこと。
その当時、教養番組が少なく、「もっと教養番組を作って放送すべきだ」という声が当時の放送業界にあり、NHKと民放放送局が共同で公益財団法人放送番組センターの設立に至ったそうだ。

そして1985(昭和60)年に放送法が改定され、郵政省から「各局が放送した番組を国の文化財として集めて一般の方々が視聴できるように」という指定を受け、放送ライブラリーを作ることとなった。

財団法人の事務所は東京にあったので、関東地域の都市に声をかけたところ、横浜市から誘致があり、将来的には本格的な施設を作る計画も立てられていたため、まずは、博覧会終了後の「横浜館」に「放送ライブラリー」を開設することとなったそうである。



当時の内部の受付。左上の「みなとみらい21コーナー」の方向にジオラマがあった(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

「横浜館」にあった「放送ライブラリー」(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

ほかにも、「映像ホール」があった(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

その後、1999(平成11)年に「横浜館」の取り壊しにより、放送ライブラリーは桜木町駅前のみなとみらい21・クリーンセンタービルに移転。“将来的な本格的な施設”として計画されていた横浜情報文化センターが2000(平成12)年に竣工したことにより、同センター内に移転し、同年10月から公開となっている。

 

横浜情報文化センターの全景
 

なお、NHKと民放各局が共同で運営している「放送ライブラリー」は、ほかには無く、「横浜館」当時の放送ライブラリーが日本で初めての共同の施設であるそうだ。



取材を終えて



横浜博覧会終了から27年、「横浜館」解体から17年と年月が経ってしまっているので仕方ないのであろうが、多くの人が未来の横浜を夢見ながら眺めた、この壮大なジオラマが廃棄されてしまったのは本当に残念である。

なお、現在、小さなものであるが、クイーンズスクエアにある「一般社団法人 横浜みなとみらい21」のオフィスビル入口に「みなとみらいのジオラマ」がある。

 

こちらが、そのジオラマ
 

このジオラマは、みなとみらい21にビルが建つと、その持ち主から模型の寄贈を受けて追加していくそうだ。

 

グレーのものが現在建っているビルで、クリーム色のものは建設中や計画中のもの
 

「横浜館」にあったジオラマと規模は違うが、建物が追加されて行くジオラマを見るのも楽しいものだ。


―終わり―
 
 
取材協力
放送ライブラリー
http://www.bpcj.or.jp
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ジオラマについてですが、一部の建物と鉄道車両は横浜市電保存館の模型パノラマに移動しました。

  • 私がYES89に行ったのは、高校3年生の時の遠足ででした。ジョンソンさんと同じで、記憶に残っていないんですよね。残念です。

  • 今回取材頂いたジオラマとは直接関係ありませんが、パシフィコ横浜で毎年開催されているCP+の2014年のニコンブースで横浜都心臨海部のジオラマ展示がありました。ネットで調べてみたらそれは森ビルの横浜アーバンラボにあるものを借用して展示されたものだとか。「横浜みなとみらい21」のオフィスビルのジオラマは拝見したことがありませんが、おそらくニコンブースで見たもののほうが精緻な作りかと思います。

もっと見る

おすすめ記事

大黒線バイパス入口にあるカモメの建造物の正体は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜博覧会で使用していたゴンドラが道路脇に放置されている?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

鎌倉の保護猫譲渡型の猫カフェ「にゃんくる」に突撃!

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

歩くほどに楽しい旅。はま旅Vol.10「日吉編」

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

こんな記事も読まれてます

はまれぽサンタがやってきた! 第2回サプライズの様子は?

横浜銘菓「ありあけハーバー」、復活劇の背景は?

横浜DeNAベイスターズ、2014年・新人合同自主トレ初日の様子をレポート!

無用の長物なのに作品に見えてくる、建築物に潜む「トマソン」を横浜で探す「ハマソン」序章

目的別に選択が可能! 中華街にある穴場の駐車場を徹底レポート!

ハマっ子なら全問正解!? ちょっとマニアックな横浜クイズ vol.9

横浜にかつてあった伊勢佐木町・馬車道の映画館の歴史とは? ~戦前編~

鎌倉の保護猫譲渡型の猫カフェ「にゃんくる」に突撃!

新着記事