検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

京急線の終点は、三浦半島内部の三崎口。でも、実は三崎港や油壷まで延伸の予定があったと聞きました。開発計画の詳細と頓挫の経緯について調べてください(bausackさん)

はまれぽ調査結果!

三崎口駅から三戸(みと)、小網代(こあじろ)を通り油壺まで延伸をする予定も、人口減少や地価の下落などにより2016年、凍結を発表。今後は未定

  • LINE
  • はてな

2016年07月29日

ライター:やまだ ひさえ

自然保護か開発か 小網代の森の存在

京急の計画では、三崎口駅以南の延伸とともに宅地開発、リゾート開発なども視野に含まれていた。

1970(昭和45)年、三戸、小網代地区が市街化区域に指定されたことで計画されたのが、「小網代の森」問題だ。
 


三浦市西岸の海岸線に広がっている
 

約70ヘクタール(70万平方メートル、横浜スタジアム約27個分)の面積を有する「小網代の森」は電車の線路に加え、ゴルフ場建設が計画されていた。
 


ゴルフ場が造られ、電車の線路が通るはずだった(提供:神奈川県庁)
  

この開発に「待った」をかけたのが、貴重な自然の保護を唱えた市外に拠点を持つNPO法人や大学教授たちだった。

彼らの反対運動もゴルフ場建設阻止に影響を及ぼしたが、小網代の森は、地元では現在の天皇陛下がハゼの研究をなされた場所として知られており、「開発で失ってはならない」という機運が一帯の住民を中心に高まっていたと、前述の関係者は教えてくれた。
 


ここでハゼの研究が行われた(フリー画像)
 

また、前述の三浦海岸駅の商店主さんは、「小網代の森は、まだ歴史が浅い」と話す。

小網代の森を紹介する際、「手つかずの自然が残されている」と形容することが多いが、実は、この一帯は、かつて何人かが所有していた里山だった。戦後まもなくは、地元の人たちが小網代の森から薪を集めたり、自生していたヤマユリを刈って売ることで生計の足しにしていた。
 


貴重な収入源だった
 

また、田もあり、米が作られていたが、減反政策がとられた昭和50年代から徐々に稲作が行われなくなり、田は放置。そこに雑草が生え、水がたまり湿地帯を形成していった。
 


放置された結果が、現在の「小網代の森」の姿だ
 

さらに神奈川県が1973(昭和48)年、ゴルフ場凍結方針を決定した。

これを受け地権者は自主的な保全や買取り、寄付などで資金を集め、2010(平成22)年、必要な用地の確保を完了。「小網代の森」の保全に乗り出した。
 


遊歩道は、かつてのあぜ道にそって設置されているとのことだ
 

小網代の森の地権者の中には、延伸計画を進めていた京急も含まれている。京急は計画推進のために小網代の森だけでなく、周辺の用地確保も行ってきた。

現在は同社が、延伸計画・土地区画整理事業の凍結が発表される前から行われている開発が一部で進められており、造成後は宅地になる予定だ。
 


三崎口駅から徒歩10分ほどの場所で開発が進行中
 

小網代の森に隣接した場所だ
 

現在は、土の搬入段階
 

三浦市でも、開発中の場所が住宅地になることで、市の人口増加、さらにそこに住む人たりの利便性向上という側面から延伸計画の復活に期待をかけている。

しかし、路線が油壺に至るまでには、風致地区が立ちふさがり、小網代の森が広がっている。

解決すべき問題は多い。
 


貴重な自然であることは確かなのだが
 



取材を終えて

久しぶりに小網代の森を歩いてみて、改めて自然の豊かさに感動した。

自然は大切だ。

それは十分理解しているが、衰退する三浦市を、三崎の街を見てきた地元民にとっては、京急の延伸計画を諦めきれないのも、偽らざる本音だ。


―終わりー
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 人が少ないから駅ができない、駅が無いから人も来ない、の悪循環。背景に地元エゴがあって鉄道が敷けなかったってのは、本牧もそうでしたね。

  • 逗子線伸ばして新逗子→葉山→林→三崎口→小網代避けて134引橋交差点→県道26→三崎でどうですか三崎口駅は久里浜線逗子線どちらも直通できる構造で。

  • 去年行きましたよ、小網代。色々な野鳥やカエルの声を聞いて、まるで他の県に来てしまったかのような錯覚に陥りました。この森が出来上がった過程は関係なく、これからも保存する方向で行くのは間違いないと思います。

もっと見る

こんな記事も読まれてます

かつてみなとみらいで計画されていた幻の「F1」構想とは?

【横浜市長選挙2013】横浜市長選挙候補者インタビュー

昨年の横浜市議海外視察、その後の続報は?

リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!

神奈川県立図書館が廃止になるのは本当なのか?

横浜市の学校給食の放射能測定値はどうなっている?

8月25日(日)に行われる横浜市長選挙の前に、市長の仕事について知っておきたい!

DeNAが横浜スタジアムを買収? その真相は?

おすすめ記事

2週間お試しで三浦市に泊まれる「トライアルステイ」とは?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

衰退した三浦市の老舗酒店に泊まる「ゲストハウスプロジェクト」

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

DeNAが横浜スタジアムを買収? その真相は?

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

2020年1月に完成予定の横浜市新市庁舎はどんな感じ?

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

新着記事

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 以前、鎌倉小町通りの「食べ歩き禁止条例」についてレポートされていました。今日、小町通りの少し脇道に入...

  • 綱島に、オールハンドで頭を揉みほぐしてくれる完全予約制の個室プライベートサロンが出来たそうです。水色...

  • 相鉄線、星川駅が高架され令和3年度にかけて星川駅南口の整備の計画があるようです。バス路線の検討も行わ...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング