検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

泉区にあるバス停“まほろば”、その名前の由来は?

ココがキニナル!

瀬谷柏尾道路、泉区の新橋町西田橋付近にある「まほろば」というバス停の由来が知りたいです。(BANDO_ALFAさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

資料が残っておらず、正確な答えは分からなかった。だが、地元の人たちの話によると、近くにある親水施設から取られたのでは、という説が有力か

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

神奈中バスの「下車ヶ谷(かしゃげと)」や市営バスの「高周波前(こうしゅうはまえ)」など、はまれぽではちょっと不思議な名前のバス停を紹介してきた。

鉄道駅に比べ、規模が小さくより地域密着型なので外から見ると「なんで?」と思うような名前が多いのかもしれない。

今回は泉区にある「まほろば」という神奈中バスの停留所がキニナルの舞台。
単なる地名とは考えにくいこのバス停。どうしてこの名前になったんだろうか。



“まほろば”は、すぐれた立派な場所



そもそも“まほろば”という言葉は、古事記に登場する歌から取られた言葉。
日本武尊(やまとたけるのみこと)の歌が出典で、「倭は国のまほろば」とある。辞書を引いて意味を当たると「すぐれた立派な場所」と説明されている。

名前の由来について神奈中本社に問い合わせてみたところ、調べてもらえることになったので、返事が来るまでの時間で現地へ向かってみた。
はてさて、まほろば停留所付近はその名に恥じない立派な場所なのだろうか。

まほろば停留所を通るバスは3系統。戸塚駅東口と三ツ境駅を結ぶ戸17系統と戸19系統、弥生台駅と戸塚駅東口を走る戸12系統だ。
 


三ツ境駅のバス停付近。今回はここから“まほろば”へ向かった


まほろば停留所があるのは、泉区のど真ん中から少し西に行った辺り。
キニナルにあるように、瀬谷柏尾道路沿いの新橋町西田橋交差点の付近にある。
 


地図だとこのあたり(Googleマップより)
 

 

実は二つある“まほろば停留所”。
戸17、19系統は上、戸12系統は下のバス停に着く


地図を見ても周囲を歩いても“まほろば”という地名は見つからず、バス停があるのはどうやら岡津町の一部のようだ。



本当に立派な場所なのか!?



バス停の周りを見渡してみると、住んでいる人には申し訳ないが「すぐれた立派な場所」というほどの感じではない。
緑が多くてきれいな場所だが、特になにがあるわけでもなく畑や新興住宅が目に付く。
 


 

古くからの家もあるが、新しい建売住宅が目立つ


また、バス停があるのは西田橋。
橋の下を流れているのは阿久和川だ。
 


阿久和川。長屋門公園を源流とし、戸塚区で柏尾川に合流する