検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜の歴史の重みが! 野毛にある100年以上のレンガ作りの蔵を改築した隠れ家的なKULAKULADiningとは?

ココがキニナル!

野毛方面に隠れ家的で築130年余のレンガ造りの蔵を改築した「KULA KULA Dining」。レンガや石造りは意図があって残されている?蔵と横浜の歴史を重ねて調査を(ころすけさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

質屋の蔵として明治33年に建設。頑丈なレンガ造りで空襲にも耐え増改築をくり返し現在に至る。店内は当時の趣きが残り地産地消の料理がいただける

  • LINE
  • はてな

ライター:細野 誠治

“過去の記憶”を探しに行く



みなとみらいと並び“横浜のランドマーク”として「赤レンガ倉庫」を思い浮かべる人って多いんじゃなかろうか? “異国情緒”というワードと共に、有り体に擦り込まれたイメージとして。
 


赤レンガ倉庫。 ハマの顏のひとつですね


そんな赤レンガ。野毛の町に、蔵を改築した建物・・・あったろうか? 記者として、個人としても野毛界わいは「知っている方」だと思っていただけに勉強不足を痛感する。早速調査しなければ。
JR桜木町駅から、野毛ちかみち「南1」へ。すぐに野毛だ

地下道を出てまっすぐに進むと、すぐに投稿のあったお店に行き当たる。2分くらいかな。
 


白い一軒家が目的のお店。モスバーカーの隣だ
 

和モダンな雰囲気。「KULA KULA Dining」とある。ここだ!
 

看板にメニューの一部が


いい感じの店だ・・・でもちょっと待て。白モルタル塗りの建物で、レンガの蔵を改築した風には見えない。中に入ってみよう。
 


引き戸を開けるとすぐバーカウンターが出現
 

酒棚の後ろを見ると、確かにレンガだ!


さっそく話を聞かせてもらおう。
 


オーナーの齋藤成穂(なるほ)氏は32歳。野毛の新進気鋭の経営者


2010(平成22)年10月にオープンしたこちらは現在、3周年を迎えたそうだ。開業当時、齋藤氏は28歳。若い!
「レンガの蔵を改築したお店」と聞いた筆者は、てっきり高齢な方が経営されているんだと思っていた。(こんなに若いとは・・・)

―ずいぶんお若いんですね?(失礼な質問で、すみません!)
「学生のころから、ずっと飲食店をやりたいって思ってたんです」と齋藤氏。

「店を持ちたい」そんな夢を叶えるべく、共通の夢を抱いてた親友と2人で共通の銀行通帳を作り、毎月こつこつと貯金をしてきたそうだ。そして10年後、できた資金を費やして完成したのが、このお店(現在、齋藤氏が経営と経理を、友人の岡市俊英氏が調理全般を担当している)。
 


夢を叶えた場所


―初めて構えたお店が、この「レンガの蔵」だったと?
「そうですね。ビルのテナントとか“場所に愛着の湧かない所”は嫌だなっていうのがあって。あと、一軒家でやりたかったので。縁だと、思っています」

ぴったりの物件。まさに縁かも。
 


縁があったから、この場所に