検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

スパイにコスプレ!? ライター松宮と編集部・ルパン小島がリアル脱出ゲーム「スパイ大戦からの脱出」に挑戦!

ココがキニナル!

リアル脱出ゲームが新しいバージョンになったそうです。今度は「スパイ大戦からの脱出」。コスプレして脱出してください。(不二子ちゃん系?)(brooksさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

ライター松宮と編集部・小島でスパイに扮装し挑戦。脱出するのに7回挑戦し、1時間45分かかった!

  • LINE
  • はてな

ライター:松宮 史佳

コンビニからの指令「スパイになれ」



6月中旬の真夜中。原稿を書いていると、編集長・吉田氏より電話が! ・・・「ピロリロリローン!」という音から、“コンビニにいる”と推測。ダイエット中だが、やはり夜中のコンビニ通いは止められないようだ。

炭酸水を飲み、食欲をごまかしながら、3月に2人で挑戦したリアル脱出ゲーム「伝説のゲームセンターからの脱出」の第二弾「スパイ大戦からの脱出」が登場するので、「挑戦しろ!」との指令。

 

脱出するのに9回挑戦し、4時間半かかって“ヘロヘロ”になった
「伝説のゲームセンターからの脱出」
 

しかし、自分はダイエットに集中するため、今回は松宮&編集部の新人・小島氏がゲームに挑戦。「前回の記録(=脱出時間:4時間半)を抜け」失敗したら「ランドマークタワー69階の階段を逆立ちで上らせるぞ!」とのたまう。そしていつものごとく、指令を伝えるとガチャ切り。

 

ゲーム中、「永遠に帰れないかも・・・」と思ったことは数えきれない
 

そこで、前回お世話になった株式会社タイトー(以下、タイトー)の安藤直史(なおし)さんに問い合わせると・・・「(新ゲームは)6月20日にオープンする」とのこと。初日には利用者にインタビューし、取材は別日に設けることに。

6月20日。コアなファンが集結するという「スパイ大戦からの脱出」初日に「横濱はじめて物語」へ! 体験者にインタビューを敢行!

 

現在プレイ中で「次が3回目」の男性2人組(右の方は脱出ゲーム経験者)
 

「ヒントが(答えに)結びついた時、うれしい」と経験者の方。「今回初」という男性は「意外なヒントがおもしろい」「考えないと脱出は無理」と答えてくれる。

 

「5回で脱出成功した」というカップル(顔出しはNG)
 

お二人は脱出ゲーム初。彼女がアプリの脱出ゲームにはまっているので、「初日に来た」とのこと。かかった時間は2時間ほどだそう。

続いて男性2人組にお話を伺うと・・・

 

「もうひとひねりくるかなと思った(左)」「スパイ感があって面白い(右)」
と答えてくれる。
 

最後に「脱出するには?」と尋ねると「スパイになりきれ!」とアドバイス。
「でもスパイって一体・・・」と悩む松宮。しかし、それよりも問題が! 新人・小島氏をはまれぽの記事では見たことがあるのだが、“実際にはまだ会ったことがない”のだ! 松宮&小島氏、今回が初タッグ(なのにコスプレ)。しかもどんな人なのか“お互いよく知らない”。一体どうなる?!



スパイになりきれ! そして脱出しろ!



・・・6月23日。「横濱はじめて物語」にアヤしい女が登場! 初夏だというのにブーツを着用し、“全身黒づくめ”。まさか・・・

 

その名は“スパイ松宮”
 

「スパイ=(なんとなく)黒」というベタなイメージを元にし、ギッシー(編集部・山岸氏)に衣装を依頼。ちなみにサングラスは急遽100円ショップで購入。

 

ギッシーの力作コーディネート「スパイ」
 

蒸し暑い中、じんわりと汗をかきながら“もう一人のスパイ”との待ち合わせ場所へ。無事に小島氏と会えるだろうか? 若干の不安に思いながらも、歩いていると・・・

「!!!!」

 

いた!
 

全身黒づくめ姿でベンチに佇むアヤしい男。「・・・これは間違いようがない」「スパイ小島だ!」と心の中で叫び、近づく。 

・・・あれ? なにかがおかしい。

 

横分けルパン?
 

手作りのもみあげ! ・・・気合い入りまくりのルパン・小島
 

でもルパンって・・・「スパイじゃなくて大泥棒では?」と初対面ながらツッコむ松宮。すると、ルパン小島は無表情のまま、黒画用紙のもみやげを撫でて立ち上がり、クールに歩いて行く。

「なりきっている・・・」思わず感心する松宮。

 

黒づくめの姿を見て意気投合したのか、
いつの間にか足並みをそろえて「横濱はじめて物語」に潜入!
 



「スパイ大戦からの脱出」の全貌とは!?



・・・遠巻きに見る人々の視線を感じながら、館内へ。

 

スパイ松宮&ルパン小島、参上!
 

「スパイ大戦からの脱出」入口に到着! 
 

すると、安藤さんが“黒装束の2人”に気付き「・・・すごい気合いですね」と苦笑。

 

安藤さんはいつもと変わらず、さわやか
 

「スパイ大戦からの脱出」は「タイトー×株式会社SCRAP」のコラボ作品第二弾。開発期間は3ヶ月ほど。発想のきっかけは、大反響だった前回の公演「伝説のゲームセンターからの脱出」のアンケートから。「子どもと一緒に遊びたい」という声があったため、「(今回は)よりわかりやすくなっている」とのこと。

 

本日の“優秀なスパイ=脱出成功者”1組目になれるのか!?
 

ただし、問題の難易度を落としたわけではなく、“(利用者が)なにをすればよいのか”がわかりやすくなっているそうだ。“スパイものにしよう”と思ったのは、明確なミッションがありわかりやすいから。