検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

赤レンガ倉庫で2月1日まで開催中の「ストロベリーフェスティバル」の様子をレポート!

ココがキニナル!

イチゴの無料配布もあるという、横浜赤レンガ倉庫で行われているストロベリーフェスティバルの様子は?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

イチゴがいっぱい!



横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫イベント広場の特設テントで1月30日(金)から2月1日(日)まで「横浜ストロベリーフェスティバル2015」が開催されている。2013(平成25)年から始まり、今年で3回目となるイベントで、入場無料。期間中は毎日午前11時から先着300人に栃木産の「とちおとめ(4個入り)」の無料配布も行われる。
 


こんなおいしそうなイチゴが無料だなんて!
 

初日の1月30日(金)は、朝から雪や雨というあいにくの空模様だったにもかかわらず、会場には午前11時のオープン前から300人近い大行列。先頭の方は「1時間以上前から並んでいる。無料配布もそうだが、イチゴが好きなので、とても楽しみ」と傘を差しながら待っていた。
 


開場前にこの行列!
 

いよいよ待ちに待ったオープンの時間になると、一斉に来場者は無料サンプルのイチゴを受け取り、お目当てのブースに足を運んだ。
 


テント内もイチゴカラー
 

「いちごマーケット」と題されたテント内は甘い香りに包まれ、高級なイチゴやイチゴを使った和洋菓子、イチゴをモチーフにした雑貨など10店舗が出展している。

横濱菓子ありあけ」はイチゴを使った「苺どら焼き(220円)」を販売。
 


ちょこんと飛び出たイチゴがかわいらしい!
 

平塚市のスイーツ&カフェスタンド「モンプチシュー」はイチゴやチョコレートのクリームがたっぷりの「ストロベリー×チョコパフ(399円)などがショーケースを彩る。
 


見るからにおいしそう!
 

イチゴに特化した雑貨などを展開する横浜市中区の「秘密の苺MICO E×chimicrew(ひみつのいちごミコイー・ミクスド・チミクルー)」ではアルファベットをあしらったイチゴのアクセサリー(1620円~)が目を引く。
 


あなたのイニシャルはありますか?
 

インターネットショップが中心の「Sweets3D(スイーツスリーディー)」には、愛くるしい小鹿(バンビ)のキャラクターで人気を集める「プチバビエ」のチェーンマスコット(1080円)がイチゴバージョンで並ぶ。
 


韓国の人気アーティストもお気に入りなのだとか
 

中でも一番人気だったのは、1915(大正4)年創業で横浜に本社を置く青果販売「横浜水信(よこはまみずのぶ)」の「いちご4種食べ比べセット(1000円)」。

同社営業本部長の阿部邦夫(あべ・くにお)さんによると「この天気なので80~100セットにセーブした」というが、会場には予想をはるかに超える行列が。
 


1時間近く待つお客さんも
 

阿部さんは「お客様に大変ご迷惑をおかけした。明日以降はこんなことがないようにしたい」と恐縮しきりだった。

その人気のセットがこちら! 写真右上から時計回りに「あまおう(福岡)」「紅ほっぺ(小田原)」「ゆめのか(長崎)」と続き「白いちご~初恋の香り~(静岡)」と並んでいる。
 


宝石のような輝きを放つイチゴたち
 

大学のサークルの友達同士で来たという(写真右上から時計回りに)たえちゃんさん、あずぴーさん、むっちゃんさん、ゆかちゃんさんの4人組は「イチゴが好きなので、雪だけど来ちゃいました」と笑顔。
 


楽しんでください!
 

また、イチゴの耳あてやバッグなど、全身イチゴグッズに身をまとった伊藤綾乃さんは、なんと声優さん。プチバビエを販売していた「Sweets3D」でバッグをご購入したそう。
 


「4種食べ比べ」に並んでました
 

初日の30日は天候の関係で中止になったが、屋外スペースには最終日まで巨大トランポリンのアトラクション(2歳以上、12kg~55kg、1回1000円)を設置。
 


写真は昨年の様子
 

1月31日(土)はフードコーディネーター・川島令美(かわしま・れみ)さんによる「いちごスイーツレシピ&デコレーション紹介」、2月1日(日)は「とちおとめ」を使ったカクテルの試飲会なども行われる。
 


イベント盛りだくさん!
 



取材を終えて



初日はあいにくの雨となったが、特設テントをくぐると甘いイチゴの香りに包まれる。
さまざまな形でイチゴを楽しめるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


―終わり―
 
横浜ストロベリーフェスティバル2015
会場/横浜赤レンガ倉庫
期間/1月30日(金)~2月1日(日)11:00~18:00
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

屋外スケートリンク「Art Rink in横浜赤レンガ倉庫」

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

日本初! 横浜市繁殖センターでふ化に成功した絶滅危惧種の野鳥「ミゾゴイ」とは?

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

世界最大のカブトムシもいる鶴見の「ヘラクレスの里」って?

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【年末特集2014】発表! 2014年はまれぽ10大・重大ニュース!(生活編)

戸塚駅近くにある「謎の巨石」の正体を調査!

横浜市が「危険な天井」のある107の公共施設を改修! その詳細は?

シルクセンター「かながわ屋」が閉店、そごう横浜店地下2階に移転オープン!

30年以上続く保土ケ谷区和田町の土地問題、ついに解決か!? 不法占有の建物所有者に突撃!

コットンハーバー、その歴史とともに振り返る!

横浜・藤沢で相次ぐ強盗事件、対策はどうすればいい?

日本初! 横浜市繁殖センターでふ化に成功した絶滅危惧種の野鳥「ミゾゴイ」とは?

新着記事