検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

こんな遊具見たことない! 旭区・椚谷(くぬぎやと)公園にある遊具の不思議に迫る!

ココがキニナル!

旭区の「椚谷」公園には、ほかでは見たことのない、名前のわからない遊具がいくつもあります。これらの名前と設置の意図が知りたいです(あっくんしょうちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

公園内には11の遊具があり、ほかで見たことがない遊具は2つ。2つの遊具は地域の方々から人気が高いデザインを選び、オーダーメイドで作られた

  • LINE
  • はてな

ライター:橘 アリー

遊具がオーダーメイド!?



旭区・川島町にある椚谷公園(くぬぎやとこうえん)には、ほかでは見たことのない名前も分からない遊具があるという。
 


投稿にあった遊具の画像


公園の遊具というと、ブランコや滑り台などが一般的であるが“見たこともなく名前も分からない遊具”とは一体どのようなものなのだろうか?

まずは現地へ行って、確認してみることに。

椚谷公園は、外から見た限りでは、住宅地の中にあるごく普通の公園といった様子である。

 


椚谷公園入り口の様子
 

公園は長めの楕円形で
  

1周360メートルで周遊できるようで
 

こんなプレートも立っているのでウオーキングするのにも良さそうである
  

公園の名前になっているクヌギの木もちゃんとあるが
 

谷状態ではなく、公園のほぼ中央の休憩所のテーブルを囲むように4本立っている

 
遊具は、そんなクヌギの木の近くにある。
 


 

公園全体の遊具の様子

 
遊具を確認してみると、全部で11あり、その中の9つは
  


このような、ちょっと変わった形のものもあるが


それでも、これまでに見たことがある遊具のように思える。しかし、2つだけ全く初めて見る遊具があった。

その2つの遊具は、ほかの9つの遊具よりも、かなり新しい様子である。

見たことのない2つの遊具は
 


 

黄色い六角形を集めた中に、ハチのマークが付いているものと
 

 

黄色い長い柱の上に、違うデザインのハチのマークが付いているもの


なぜ、この見たことのない2つの遊具だけ新しいのだろうか?
ちょうど散歩で通りかかった方がいたので、公園の遊具について聞いてみた。
 


散歩で通りかかった、井上さんと愛犬のグーちゃん

 
すると、2014(平成26)年に、公園の改修工事が行われて、以前にあった2つの遊具が撤去された。その代わりにこの2つの新しい遊具が設置された、とのことであった。
なお、遊具の名前についてはご存じなかった。
 


 

遊具を調べたところ、製造したメーカーのシールが!

 
メーカーに電話で問い合わせたところ・・・
 


この六角形の遊戯は「ハニカムジム」という名前

 
ジャングルジムのように、六角形の中に入って登ったり下りたりして遊ぶそう。
 


長い柱の遊具は「ハニーバランス」という名前

 
黄色い柱から柱まで、揺れるチェーンの部分をバランスをとりながら移動して遊ぶそう。

そして、これらの遊具になぜ「ハニカムジム」と「ハニーバランス」という名前を付けたのか聞いてみたところ、これらの遊具は区役所からのオーダーで作ったもので名前も区役所の方で付けたので、こちらでは分からないとのことだった。
 
なんと! 遊具はオーダーメイドであった!
どうりで見たことがないわけである。
 
これで“これまでに見たことがない”理由が分かった。
続いて、これらの遊具を設置した意図などについて調べていくことに。