検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

鶴見区で毒グモのセアカゴケグモが発見されました。発見された経緯と今後の行政の対応を教えてください(たこさん、山下公園のカモメさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

民間業者が清掃中に敷地内で1匹発見。横浜市が周辺調査を行ったが、ほかにいなかった。被害者はいない。市は関係機関に情報提供し、対応を検討中

  • LINE
  • はてな

2015年06月05日

ライター:はまれぽ編集部

横浜市で初確認

2015(平成27)年6月4日(木)午前9時30分ごろ、横浜市鶴見区大黒町の民間事業者の職員が敷地を清掃中、特定外来生物に指定されている「セアカゴケグモ」と見られるクモを発見し、鶴見区福祉保健センターに通報した。同日、横浜市衛生研究所(横浜市金沢区)が調べた結果、クモはセアカゴケグモと確認された。

「特定外来生物」とは、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの・または及ぼすおそれがあるもの。セアカゴケグモについては、神奈川県内で過去に川崎市や厚木市などで確認例があるが、横浜市で確認されたのは初めて。
 


4日に発見されたセアカゴケグモ(提供:横浜市)
 

横浜市健康福祉局生活衛生課の本間豊(ほんま・ゆたか)課長によると、発見された現場は住宅がない工場地帯。
 


工場が立ち並ぶ鶴見区大黒町周辺
 

セアカゴケグモと確認された後、同課職員が5人体制で事業所の敷地や外周などを調査し、計9匹のクモを捕獲した。

同日中に研究所で確認した結果、セアカゴケグモは1匹だけで、残りは毒性のないクモだった。
 


確認作業を行った横浜市衛生研究所
 

セアカゴケグモはオーストラリア原産の特定外来種。日本では1995(平成7)年に大阪府で初めて確認され、これまでに37都府県で報告事例がある。

日当たりのいい暖かい場所で地面やくぼみ、穴などに巣を作るため、プランターの底やエアコンの室外機の裏側、庭に置いた靴の中にいることもあるという。

本間課長は「海外からのコンテナや建築資材などに付着していたものの可能性があるが、詳細な経路については分からない」としている。
 


海外からの荷物に交じっていた?(写真はイメージ)
 

生活衛生課によると、基本的に攻撃性はないが、体長0.7~1cmで全体的に光沢がある黒色で腹部背面に赤色の縦じまがあり、メスには毒性がある。セアカゴケグモは、こちらから攻撃を仕掛けない限り、被害に遭うケースはほぼないという。

かまれた場合、針で刺されたような痛みがあり、かまれた箇所が熱くなって紅斑(こうはん)を伴うことが多い。
 


針で刺されたような痛みがある(写真はイメージ:フリー画像より)
 

手足をかまれた場合でも胸や腹、全身に強い痛みを感じたり、けいれんを起こすこともある。まれに呼吸困難など重症化するケースもあるという。

国立感染症研究所によると、1956(昭和31)年にセアカゴケグモの毒成分に対する血清が市販されており、以降は死亡例はほぼないという。日本国内でもこれまでの死者はいない。

同課では、セアカゴケグモを見つけた場合には「絶対に素手で触れず、住んでいる区の福祉保健センター生活衛生課に連絡をしてほしい。駆除する場合は殺虫剤を使用するか、靴で踏み潰すのが有効」としている。

万が一かまれた場合は「速やかに温水や石けんで傷口を洗い、救急車に相談をしてほしい。殺虫剤で処分した際は、そのクモを持参するのが望ましい」と呼びかけている。
 


かまれたら迷わず119番通報を!
 

今後について、本間課長は「衛生研究所はもちろん、保健所、コンテナを扱う港湾局や税関などにも情報提供済みで、対応については速やかに協議していく」と話している。

また、市民に向けてはチラシを作成し、市内18区の福祉保健センター生活衛生課の窓口で配布している。



取材を終えて

「靴で踏む」ということに抵抗を感じるかもしれないが、関西では既に一般的な駆除方法とのことだった。

海路だけでなく陸路からもさまざまな荷物が運び込まれる中、セアカゴケグモの流入経路特定は難しいかもしれないが、万が一、セアカゴケグモに遭遇した場合には落ち着いた行動を心がけてほしい。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 刺されての死亡例が無いとはいえ、チクッと刺されたら一刻も早く病院に行って適切な処置を受けることが大事なんですね。ただ、寝ている時に布団の中に入りこまれるような事があるのではと思うとチョット心穏やかではないですね。夏は暑さで窓を開ける事も多くなりますから余計に神経質になりがち…。

  • 知らぬ間に侵入する害虫、物理的に阻止する手段無いですね、MERS、韓国、日本の水際立派です頑張ってNERS 侵入を阻止してください此れは人間ですから入国審査官、頑張って下さい。

  • 京浜工業地帯で家族が働いているので気になっていました。こういった情報はありがたいです。ありがとうございました。

もっと見る

おすすめ記事

横浜港のハブ化はどこまで進んでいるのか!?

体が整うぅ~! 木でできた凄いヤツ。ドイツ製の木製ストレッチマシンが何気にキモチイイ

  • PR

鶴見区から神奈川区にかけておめでたい地名が続いているのはなぜ

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

港町・横浜を守るシンボルを発見! 港の見える丘公園にそびえる赤白のアンテナの正体は?

特典あり

ストレス社会を楽に生きるための処方箋。まずは“気づき”を得ることから!

  • PR

【はまれぽ3周年特別企画】横浜の本当においしい川の水はどこ?2013

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

こんな記事も読まれてます

大船駅バスターミナルに出没する小さなバン「小雀乗合バス」はどうやって運行されたの?

横浜駅きた西口の喫煙所。人通りが多いこの場所に、なぜ設置されたのか?

横浜市営地下鉄ブルーライン、「上り」と「下り」が同じタイミングで到着しがちなのはなぜ?

横浜に、中古マンションをスピーディーに現金化してくれるお店があるってホント?

山下公園の岸壁にある謎の階段は何に使われているの?

みんながキニナルお金の話! 横浜市民の平均年収はおいくら万円!?

商売繁盛を願う南区真金町・金比羅大鷲神社の「酉の市」、11月5日の「一の酉」の様子をレポート!

港町・横浜を守るシンボルを発見! 港の見える丘公園にそびえる赤白のアンテナの正体は?

新着記事

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング