検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

10月17日に行われた「第3回横浜運河パレード」、当日の様子をレポート!

ココがキニナル!

横浜運河パレードが気になります。いったいどんなパレードで、どんな人が参加しているの?(日ノ出町 中年会さん、ばんどさん、のぶりんさん、横浜橋のラッキーさん)

はまれぽ調査結果!

動力船やSUPなど計約40艇が大岡川を出発し、海を回って一周。橋の上などに詰め掛けた人たちも大声援を送った!

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

2015(平成27)年10月17日(土)、7艇の動力船と、カヌーの一種であるシーカヤックや立ち漕ぎするサーフボード「SUP(サップ=stand up paddle surfing)」など30艘を超える手漕ぎ船が、横浜日ノ出桟橋を出発し大岡川を進んだ。

先日の記事でもご紹介した「第3回横浜運河パレード」が、前夜からちょっぴりぐずついた空模様にも負けずに開催された。
 


橋で逢いましょう! パレードの様子をレポート!
 

今年で3回目となるこの催しは、運河に注目してもらおうと「橋で逢いましょう!」を旗印に2013(平成25)年に始まったものだ。

当日の様子を、陸、水上両方からのレポートでお伝えしよう。



いざ出航!



午前11時のイベント開始を前に、日ノ出桟橋や隣の桜桟橋にはエンジン付きのプレジャーボートや、SUPなどの人力船が続々と集結。陸の上でも飲食店のテントが立ち並び、着々とスタートに向けて準備が進んでいく。
 


パレード開始を前にたくさんの参加者が集結
 

午前11時を迎えると、まずは出航式が執り行われた。

2015(平成27)年5月に完成したばかりの桟橋で、運河パレードの実行を手掛ける「濱橋会(はまはしかい)」の荒井浩(あらい・ひろし)理事長が「パレードも3回目を迎え、だんだん大きくなってきた。あいにくの天気だが、パレードの参加者に大きな声援をお願いしたい」とあいさつした。
 


あいさつに立った荒井理事長
 

さらには、鈴木伸哉(すずき・のぶや)横浜副市長もマイクを握り、「横浜市では川や海という水を使ったまちづくりを試みている。きょうは、水辺の楽しさを満喫してほしい」と話した。
 


鈴木副市長も式典に駆け付けた
 

セレモニーが終わると、いよいよ船出だ。
約40艇のパレード船団は、大岡川を蒔田町側、つまり海とは反対側へと向かい、Uターンするように中村川に入って石川町方面へと進むことになっている。
 


運河パレードのコース
 



運河を進む派手な一団



船団を率いた1号艇には、8月に行われた浅草サンバカーニバルで2010(平成22)年、2012(平成24)年に続き3度目の優勝を飾った横浜のサンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」のメンバーや、バンド「イヌスターヅ」の面々が乗り込みなんともにぎやか。
 


 

 

とにかくハイテンションで大活躍だった1号艇
 

シーカヤックの漕ぎ手はハロウィーンルックに身を包み、SUPチームはヒヨコちゃんなど、さまざまなコスプレで船を漕いだ。
 


ハロウィーン仕様のカヤック部隊に・・・
 

 

コスチュームにこだわったSUPチーム
 

さらに、横浜で船に乗るとあっては黙ってられないこの方も。
 


 

仲間を引き連れ、マッスル船長も登場!
 

横浜市に本拠地を置くプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」のパフォーマー、マッスル船長だ。

ほかにも、和太鼓あり、大きめのSUPの上で踊るエキゾチックダンサーありの、なんともバラエティ豊かで華やかな一団だ。

船が進み始めた後は、雨らしい雨が降ることもなく、時おりお日様が顔をのぞかせるまでに回復。川沿いや橋の上には見物客も集まり、船団は応援の声に応えながらパレードは進んでいった。