検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜ご当地ラーメン専門店「横浜タンメン」が日ノ出町にオープン!

ココがキニナル!

野菜たっぷりの名物麺で大満足! タンメン・サンマーメンの専門店「横浜タンメン」が日ノ出町にオープン! キニナルお味は?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

以前、大食いでお世話になった「日の出らーめん」が、横浜のご当地ラーメン専門店「横浜タンメン」をオープンするという噂を耳にしたので、ラーメン大好きな編集部・ツノオリは、2018(平成30)年2月14日のプレオープンに足を運んだ。

サンマーメンは横浜市中区の中華料理店で、戦後(1947〈昭和22〉年)ごろ発祥したらしい。タンメン発祥の地や歴史については諸説あるが、東京か横浜が発祥地と言われている。

これらの背景から、知る人ぞ知る横浜名物「横浜タンメン」と「横浜サンマーメン」を全国区の人気ご当地ラーメンにすべく、「日の出らーめん」がタンメンとサンマーメンの専門店を立ち上げた。
 
 
 

横浜ご当地ラーメン専門店


 
場所は、「日の出らーめん桜木町本店」の道路を挟んだ向かい側。京急「日ノ出町」駅から徒歩3分ほど、JR「桜木町」駅から徒歩5分ほどだ。
 


ポップな店構え

 
正午前に訪れたが、店内にはすでに数名の男性が着席し、ラーメンを待っていた。
 


店内から「日の出らーめん」の店舗が見える


いったいどんな味なのか 

 
 
 
横浜タンメン
 
「横浜タンメン」は、鶏100% の白湯スープを使用。
 


「横浜タンメン(730円/税込み・以下同)」

 
真っ白な白湯スープに、貝ダシと昆布ダシを中心にさまざまな魚貝のエキスをブレンドしたオリジナルの海鮮塩ダレを加えると、濃厚なザ・白湯スープが完成する。

注文が入ってから中華鍋で野菜を強力な火力で炒めており、シャッキシャキの野菜がむっちりとした麺とよく絡む。
 


添えられた生姜が、良いアクセントになっている

 
もやし、キャベツ、人参、ニラ、キクラゲ、玉ねぎ、生姜、豚肉、かまぼこと、9種類の食材が使用されており、この一杯で、厚生労働省が推奨する成人1日あたりの野菜摂取量350gを摂ることができる。

麺は、
 


川崎市の歴史ある製麺所「大橋製麺多摩」の特注中太麺を使用

 
加水率30%の多加水麺なので、伸びにくく食べ応えがあるのが特長だ。
 


日の出らーめんの「味噌らーめん」にも使用されている特注中太麺

 
野菜を炒める段階で味付けをしているので、シャキシャキ野菜にも味がしっかりとついている。濃厚な白湯スープは、噛み応えのある中太麺に負けていない。
 


最後まで一気に食べ進められる、働く男のラーメン!という感じ

 
 
 
横浜サンマーメン
 
「横浜サンマーメン」は、あっさりとした鶏ガラスープに甘めに仕上げた醤油で味付けし、あんかけにした野菜がたっぷりと盛り付けられている。
 


「横浜サンマーメン(680円)」


親しみやすいシンプルな醤油味

 
横浜タンメンと同じく、麺は「大橋製麺多摩」の特注中太麺を使用。
 


”あん”が絡みやすいよう、「横浜タンメン」よりも少し麺が細い


熱々のうちにすする!


気づけば、最後の一滴まで飲み干してしまった

 
 
 
オープン記念
 
2018年2月15日(木)のグランドオープンでは、オープン記念として「横浜タンメン」を、2月16日(金)には「横浜サンマーメン」を100円で提供するという。
 


15日はタンメンのみ、16日はサンマーメンのみの販売

 
また、15日か16日のいずれかに来店した方限定で、2月17日以降に使える特別スタンプカードを配布するそうだ。
 


3回の来店でラーメン1杯無料。使用期限は2月末まで、引換期限は3月末まで

 
ほかにも、「パイコーサンマ―麺」やサイドメニューなども様子を見て提供していくという。

店長の金子(かねこ)さんは、タンメンもサンマーメンもどちらも好きだが、「どちらかと言われたら横浜タンメンの方が好き」とのこと。皆さんはどちらがお好みだろうか。
 
 
ー終わりー
 
 
横浜タンメン 桜木町店
住所/横浜市中区宮川町2丁目47
電話/045-341-4036 
営業時間/準備が整い次第、24時間営業
定休日/なし

※情報は取材当時のものです

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 東京出身なのでタンメンは好きですが。スープは済んだ塩野菜系、麺は平打ち・・・白湯で太麺、どうなんだろう。試しに行ってみようかな。サンマーメンは何故か東京のもこんな感じ、たぶん横浜のがアレンジせずに伝えられたのでしょうね。因みにタンメンと担々麺を勘違いしている人が意外と多いので驚きます。

  • 今日早速食べてきました。皆さんのコメントみて言ったので、期待と怪しさで入店。

    11時30分辺りに行ったので客はまだ居ませんでした。

    タンメン注文しました、写真の見た目よりどんぶりが小さく見えました。

    野菜の量は嬉しい量。家系ラーメンは野菜ないから。麺はぶっと過ぎる嫌いでないが、家系ラーメンならアリだが、タンメンにはどうかなぁ。見た目はちゃんぽんだが、固めな麺なんでちゃんぽんとは違う。問題はスープ、野菜も味付けてるのか、塩感がありすぎ。結局飲めなかった。野菜炒めるときの味付け減らしたらいいのに。

    パイコーや唐揚げいれるなら、塩感薄くしないとなぁ。

  • サンマーメン食べたけど、まあ美味しかったよ。麺が合わない気がするけど

もっと見る

おすすめ記事

タンメンの老舗店「一品香」と新進店「カントナ」の2店舗で異な

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

激辛! 辛うま! の「蒙古タンメン中本」、神奈川初上陸の川崎

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

異色のご当地ラーメン!? 平塚タンメンとは?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

こんな記事も読まれてます

昭和の香りがする鶴見線国道駅のガード下にある居酒屋「国道下」に突撃!

横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?

福富町に「横濱カレーミュージアム」の人気店が突如オープン! 10年ぶりに復活した真相は?

不動産屋さんで米粉スフレパンケーキ!?横浜中華街のちょっと変わった穴場カフェ

崎陽軒のウェディングに出てくる「ジャンボシウマイ」はどんな感じ?

横浜が誇る歴史と伝統あるバー「シーガーディアン」の今と昔を徹底レポート!

隠れた名店とよばれる鴨居の小さなお弁当屋さん「台北」とは?

横浜周辺で、昼からお酒の飲める店を教えて!【土日・野毛編】

新着記事