検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

緑区鴨居のキラキラネームのパン屋「小愛夢」ってどんなお店?

ココがキニナル!

鴨居のパン屋「小愛夢(チャイム)」のサンドイッチはラベルがすべて手書き。書くのが大変だと思うのですが…キラキラネームみたいな名前もキニナル。(スさん/snowさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

店の名前は家族や友人から案を募集して決定。過去には手書きのラベルを貼って販売していたが、現在は常連さんがラべルを作ってくれている

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

「小愛夢」と書いてチャイムと読める人間は、この世に何人いるだろうか。そんなキラキラネームばりの看板を掲げたパン屋が緑区鴨居にあるという。
 


JR横浜線「鴨居駅」南口から徒歩4分(Googlemapより)

 
駅前のにぎわいから少し離れた場所に、チャイムを発見!
 


ご丁寧に読み方も書いてある

 
訪れたのは午後2時ごろ。こじんまりとした店内には、ポツポツと商品が置いてあり、
 


独特の哀愁を漂わせている


そして、ひとつひとつが大きくて安い!

 
ザ・地元のパン屋さんといった感じだ。
この素朴な雰囲気のお店に、どうして「小愛夢」という名前を付けたのか。キニナル!
 


店主の志村さんにお話をうかがった

 
志村さんによると、「家族や友人から案を募集して決めました。1989(平成元)年に南区で開業したのですが、名前だけが最後まで決まらなくてね~。『小愛夢(チャイム)』の意味はね、特別にないよ(笑)」とのこと。

小愛夢は、1993(平成5)年に南区から今の場所へ越してきて、2018(平成30)年で創業30周年を迎えるそうだ。

投稿にあった手書きの商品ラベルについては、「以前は手書きのラベルでサンドイッチを販売していたんだけどね、今は違うんだ」と、ちょっと意味ありげな感じ。
 


写真左が志村さんの手書きラベル(画像提供:スさん)


焼きそばパン(2016年10月撮影)


残念ながら取材日はサンドイッチを製造していなかったが、志村さんから最新情報を入手した。なんと、最近は常連さんがラベルを作って持ってきてくれるのだとか。

「ラベルを作れるマシンみたいなもので、作って持ってきてくれるんだ。ありがたいよね」と、顔をほころばせる。手書きラベルの貼ってあるサンドイッチは、今やレア商品なのだ。
 


地元の方に愛されているお店のようだ

 
そして忘れてはいけないのが、チャイムで提供しているパンの大きさ。
 


約14cmのフランスあんぱん(150円/税込)


使い方によっては小顔効果もある


半分が1つ分の大きさだった

 
小倉つぶあんがたっぷりと入っており、昔ながらの素朴な味わい。これで150円、買う側には嬉しいお値段だ。
志村さんによると開業当時から値上げは行っていないという。

「増税しても値段はそのまま、消費税はもらっていません。最近は、税抜の値段を大きく書いて、その横に小さく税込の値段が書いてある商品ってあるでしょ? そういうのが好きじゃないんです。大変なこともあるけれど、これからも変わらずにやっていきたいと思っているよ」という。
 


レジスターがインク切れだったので手書きのレシートをいただいた

 
手書きのラベルには出会えなかったが、手作りの温もりに触れることができた。ほんの少し滞在しただけだが、「小愛夢」という名前がぴったりなパン屋さんだと思う。
 


小さなお店だが、きっとここには愛と夢がある

 
今度は、サンドイッチを食べてみたい。
 
 
ー終わりー
 
 
小愛夢(チャイム)
住所/横浜市緑区鴨居4丁目11-12
電話/045-931-9711
営業時間/午前10時~午後7時
定休日/日曜日

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • やなせたかしさんの世界を見た気がします。緑区鴨居にあるアンパンマン工房だ!(笑)庶民の味方のパン屋さん。カレーパンマンはいないかしら?(笑)食パンマンはサンドウイッチで大活躍?(笑)○○フランス、リトルなんちゃら、サンジェントルマン?みたいなパン屋もいいけれど、こうした小さなパン工房の方が有り難いです。チャイムさん、近々訪ねます。

おすすめ記事

天王町にある「おもしろ屋」は、おもしろいのか?

特典あり

横浜みなとみらいの「本格焼肉カンゲン」で焼肉三昧。ほっぺがとろける極厚タンとマイルドなキムチはマスト

  • PR

青葉区にあるバス停「大場子の神」の名前の由来は?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

妙蓮寺にある、変わった名前の美容院「コンニャクヤ」って一体ど

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

母乳が泉のように湧き出る!? 瀬谷に伝わる「乳出神伝説」とは

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

こんな記事も読まれてます

ネオ大衆酒場!? 野毛に新装オープンの「八郎ミート酒場」で肉食に目覚める

緑区鴨居のキラキラネームのパン屋「小愛夢」ってどんなお店?

10月2日から横浜赤レンガ倉庫で開催中!「オクトーバーフェスト2015」初日の様子をレポート!

女性一人も大歓迎? 軍艦好きが集う戸部の「軍艦居酒屋 NAGATO」とは?

ズボラさん必見! はまれぽ週末グルメ案内 中区・「肉料理」が美味い店5店

東戸塚の駅近に牧場がある?牧場直営アイス屋さんと「牛」の関係

今年3月に閉店した関内の野菜カレーで有名な「カレーハウスキッチン」が移転して「キッチンY」として復活したって本当!?

【ニュース】「ひょうちゃん」が怪人に!?

新着記事