検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
横浜で平成最後の入社式に臨む新入社員は何を思うのか?

ココがキニナル!

社員満足度ナンバーワンを目指す運送会社「大松運輸」に新たなメンバーが加わった! どんな決意表明をしたの? 社長が伝えた想いとは? 入社式に潜入!(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

2019年05月07日

ライター:はまれぽ編集部

※この記事は株式会社大松運輸のPR記事です※

3月某日、横浜市金沢区の大松運輸の取材で・・・緊張した様子の4人の新入社員に出会った!
 


ドキドキ

 

ソワソワ

 
少し前まで就職活動をしていた名残からか、4人ともフレッシュな緊張感に包まれている。少しでも緊張がほぐれればと思い、声をかけてみる。
 
「突然ですが『はまれぽ』って知っていますか?」
 
「どんなきっかけで知ったのか?」「印象に残っている記事は?」など、次の展開を期待しながら質問を続けようとしていたが、まさかの(?)全員が「知らない」という残念な結果に・・・。さすがに1人ぐらいは知っているだろうと思っていただけに若干心が折れそうになったが、何とか奮い立たせて取材を進めることにした。
 


「はまれぽ」もっと頑張らねば・・・

 
 
 
業界の「当たり前」に挑む! 「大松運輸」とは?
 
横浜市金沢区幸浦に本社がある「株式会社大松運輸」は、住宅設備や酒類の運送をメインの業務とするほか、在庫管理やストックから取り付け施工まで幅広く対応する運送会社だ。
 


本社のほか、瀬谷区と平塚市に事業所がある

 
現在の社長である仲松秀樹(なかまつ・ひでき)さんの父親が、1973(昭和48)年にトラック1台から始め、今では61台の車両と90名の従業員を持つ企業へと成長を遂げた。そんな「大松運輸」は、仲松社長が会社を継いだ2005(平成17)年以来、「業界の当たり前」に挑み続けている。
 
その挑戦とは、「社員満足度ナンバーワン」の運輸会社を目指すこと。過酷な労働環境のイメージがある運輸業界において、何よりも「人」を大切にすることをモットーとし、具体的には休日を増やしたり有休休暇を取得しやすい環境作りに取り組むなど、社員の働きやすさ最優先のスタンスを貫いているという。
 


「良い仕事をするには、社員が満たされていることが大切!」と仲松社長

 
そんな「大松運輸」では、若いメンバーも多数活躍している。ちょうどこの日は新入社員の入社式が金沢区の本社で行われるのだ。
 
 
 
平成最後の新入社員! 「大松運輸」の未来を担う顔ぶれは?
 


仲松社長を囲んでパチリ! やや緊張した姿が一段とフレッシュ♪

 
この日は、ひと足先に仕事をスタートしている方も含め、「大松運輸」の未来を担うメンバーが勢ぞろい。そこで、新しいスタートを迎えた皆さんに、早速質問をぶつけてみた。
 
「この会社に入社したいと思った理由は?」
長時間労働や連続勤務、人手不足など、未だに多くの問題があると言われる運輸業。さまざまな企業や業種がある中で、あえてこの業界を志望した理由やきっかけがキニナル! 先ほど登場いただいた4人の方に話を聞いてみることに。
 


諸星彩奈(もろほし・あやな)さん(写真左)と小池未佳子(こいけ・みかこ)さん

 
釣りや旅行が趣味というアウトドア派の小池さんと、イラストや料理が得意な諸星さんは、この春大学を卒業したばかり。「幼い頃からよくトラックに乗っていたんです」と話すのは小池さん。父親がトラックに乗る仕事をしていたことから、就職活動でも自然と運輸業界に目が向いていったという。
 


「あっ、会社のロゴカラー(青・黄色)が好きな色っていうのもありました(笑)」と小池さん
 

大松運輸のロゴデザイン

 
一方の諸星さんは、神奈川県の小田原や平塚に隣接する二宮町で生まれ育った。「実家から通いたいという希望があったので、県内の会社に絞って探していたら、平塚に事業所がある『大松運輸』に出会いました」と、まずは勤務地がポイントとなったと話してくれた。しかしお二人とも最終的には、「社長に親しみが持てた」「働きやすそうな環境だと感じた」という点が大きかったそうだ。
 
続けて、すでに社会人経験があるというお二人にも同じ質問を!
 


海老原健(えびはら・たける)さん(写真左)と平本隆宏(ひらもと・たかひろ)さん(写真右)

 
「『人を大切にする』という社長の話を聞き、魅力的な会社だと思ったから」と話す平本さんと、「アットホームな雰囲気に惹かれ、社員満足度を掲げる会社の方針に共感したので」という海老原さん。いずれも業界の枠にとらわれず、会社のカラーや目指していく方向性などが決め手となっている。
 
仲松社長の想いは、新しく仲間となった皆さんにしっかりと届いていたのだ。
 
 
 
いよいよ入社式! 社長が伝えたメッセージとは?
 
そんな中、2019年度「大松運輸」の入社式がスタート! 仲松社長と共に、管理職のメンバーが新たな仲間を笑顔で迎えた。
 


「今日という日が迎えられて本当にうれしいです」

 
まずは、仲松社長の挨拶から。
「『大松運輸』に入社いただき、大変うれしく光栄に思います。これまでの人生の中で、さまざまな経験をしてきた皆さんがここに来てくれたことは、わが社にとって貴重な財産です。そんな皆さんが働きやすい会社にしていくことは、私も含めここにいる管理職の大事な仕事です。社員一同、心を一つにして頑張っていきます」
 
仲松社長の挨拶に続き、管理職の方々が新入社員へエールを贈る。
 


「今日のことはずっと忘れないと思います」と部長の八幡拡一(やはた・こういち)さん

 
新入社員も決意表明!
 


「早く皆さんから頼られる存在になりたい」と海老原さん
 

自分の名前が入った名刺が手元に! 気持ちが引き締まる瞬間だ

 
新入社員の自己紹介と決意表明を、温かい眼差しで聞く仲松社長と管理職の皆さん。最後はアットホームな雰囲気に包まれて、入社式は幕を閉じた。
 


終始和やかな入社式だった

 
 
沖縄へ、海外へ。これからの大松運輸 次ページ≫≫ 
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

鶴見区の「環境エネルギー館」が15年の歴史に幕。これまでの感謝を込めたイベントも!

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

東横フラワー緑道の横浜・反町間の高島山トンネルの謎を解明!

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

ランドマークプラザにある曲がるエスカレーターはどのくらいレア?

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

みなとみらいのクイーンズタワーAの屋上から出ている煙の正体は?

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった87
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった58
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング