検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜って、そもそもどうして「横浜」って名前なんでしょう?(こえりさん、ともちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

昔は「横」に向かって伸びる砂「浜」があったから!

  • LINE
  • はてな

2011年03月28日

ライター:田中 大輔

「横浜」の由来を探る!

横浜、ヨコハマ、YOKOHAMA・・・。街の名前の由来には必ず何かしらの意味があるもの。普段はあまり意識しないのに、一度気になりだすと気になってしょうがないものでもある。

「横浜」の由来を考えると、キーワードになりそうなのは「浜」の部分。
しかし、今の横浜市には、海はあれど砂浜はほとんどない。

当然、大昔は護岸整備もしてなければ、港湾施設もなかったわけだから、きっと砂浜だったはず。だったら、そこが名前の由来なのか。でも、そうしたら「横」とはいったいなんなのか・・・。

さっそく図書館や博物館をめぐって調査してみたので、その結果をご報告!



横浜は海だらけ!?

やはり「海」に象徴される横浜市なので、「浜」は砂浜の意味だと考えるのが自然。ただ、みなとみらい地区に代表されるように、横浜には埋立地が多く存在する。

つまり、今の海岸線と昔の海岸線は大きく違っていたというわけだ。以前はどんな地形だったのかを調べると、結構なビックリに出会うこととなった。

下の図は1600年代の関内周辺を表したものなのだが・・・
 


1600年代の横浜の図


まず、左下の黄色で囲った部分が、もともと「横浜」と呼ばれていた土地。言わば「元祖・横浜」だ。

この辺りは現在の山下町に当たる地域で、1800年代までは横浜といえばこの部分だけだったのだ。現在の大都市・横浜も、江戸時代(1800年代前半)は80数戸の家が立ち並ぶだけの寒村だったのである。

そして、それ以上の驚きは、真ん中がぽっかりと入海になっているというところ。分かりやすくするために、当時の地形を現在の地図と重ね合わせてみよう。
 


資料から推測し、現在の地図と重ねた図


この地図を見れば一目瞭然。

海側の山下公園や、関内駅、横浜スタジアム、中華街はもちろん、伊勢佐木モールも、横浜橋商店街も、「お三の宮」として知られる日枝神社も、全部海だったのである。
 


中華街
 

伊勢佐木モール
 

横浜橋商店街


みなとみらいや八景島が埋立地であることは有名な話だが、実は私たちが普通に生活している地域まで人工的に作られた土地だったのだ。

ちなみに、この入海が埋め立てられたのは江戸時代のことなのだが、それはまた別の機会にご紹介しよう。



 

はまれぽ編集部のイチオシ

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

串カツなのに超ヘルシー? 揚げ物大好きなオジサンも女子も要注目のお店が関内にオープン

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

悩めるハマっ子へ・・・もっと知ってほしい!! 横浜桜木町に悩みを相談できる高橋知子先生がいることを!

  • PR

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

フリーな独立系だからこそできることがある。正しい情報発信に取り組むカーディーラー「株式会社エイト」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング