検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

保土ケ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材! 42年の歴史とリニューアル後は?

保土ケ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材! 42年の歴史とリニューアル後は?

ココがキニナル!

イオン天王町店が2月に一時閉店して建物を壊し建て替えるとの発表がありました。建て替え後はどのようになるのか、そしてニチイオープンから42年の長きに渡る歴史が気になります。(ヤングさん他)

はまれぽ調査結果!

42年の歴史の中で、地域のニーズに応えきれなくなった点が多くなったため大規模改修を決断。そのニーズに応えるコンテンツをパワーアップして2022年に復活予定となっている。

  • LINE
  • はてな

ライター:星野 憲由

2020(令和2)年2月9日をもって、42年の歴史に幕を閉じる保土ケ谷区の「イオン天王町店」。実は、ライター・星野は、その42年より前から、この場を見続けてきた。当時、通っていた小学校への通学路だったからだ。ちなみに学生時代に「ニチイ天王町店」の商品管理部でバイトをしていたこともある。今も「TOPVALU」ブランドの調味料やサプリなくしての生活はありえない。

これは閉店前に「はまれぽ.com」で取材をしなければと思いキニナル投稿を見ると、何人もの人が「イオン天王町店の閉店」について投稿をしていて、各キニナルをまとめると1000キニナルを超えるではないか。
くぅー、自分以外にもこんなに「イオン天王町店」の閉店がキニナっている人がいるとは! 泣ける!
ということで、「イオン天王町店」に突撃取材をしてきた。
 

相鉄線星川駅からほど近いイオン天王町店

 

保土ヶ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材!
イオン天王町店の正面入口

 
 
 
松原商店街の商圏に誕生したニチイショッピングデパート
 
まずは「イオン天王町店」の歴史を振り返っておこう。
『コロコロコミック』が創刊し、王貞治選手がホームランの世界記録756号達成した1977(昭和52)年、「ニチイ天王町店ショッピングデパート」はオープンした。
当時、日本硝子の瓶置き場だったところにスーパーマーケットができると聞いて、正直、あまりピンとこなかった。500メートルほど東にある「洪福寺松原商店街 」に行けば、日常の買物に不便はなかったため、近隣のスーパーは、星川駅に「サンコー」(岡田屋モアーズ系列でのちにダイエーグループ)、横浜駅西口に「ダイエー 」もあったが、あまり利用していなかったためだ。

「ニチイ天王町店」時代は、1984(昭和59)年に天王町店屋上で運営していたニチイ系列のスポーツクラブ「ピープル」のテニススクールに所属していた雉子牟田明子(きじむた・あきこ)さんが16歳でオリンピックに出場(公開競技)という明るい話題ももたらしてくれた。その当時、地元は勝手に盛り上がった。
 

保土ヶ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材!
 
保土ヶ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材!
 
保土ヶ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材!
店内には、開店から閉店までの地域と連動した歴史年表が掲示されていた

 
 
 
ニチイからサティ、イオンへと店名を変えて現在に至る
 
1996(平成8)年、「たまごっち」大ブームの頃、隣接していた「保土ケ谷モータースクール 」の教習コースの半分を取得して、売場増床し生活館のオープンと共に「天王町サティ」に店名を変更している。
 

保土ヶ谷区「イオン天王町店」閉店直前に独占取材!
天王町サティオープン時

 
記憶に間違いがなければ「天王町サティ」時代に、中畑清(なかはた・きよし)氏がサイン会に来場している。中畑氏は横浜に本籍地をおいていた時期があり、ご両親の墓も戸塚にあるなど横浜にゆかりはあるがジャイアンツOBなので、当時、横浜市民としては少し違和感があったが、こののちに、まさか横浜DeNAベイスターズの初代監督になるとは。サティ、ナイスチョイス!

テレビが地上波デジタル放送へと移行する2011(平成23)年、イオンリテール株式会社、株式会社マイカル、イオンマルシェ株式会社の3社が統合し、総合スーパーの名称を「AEON(イオン)」に統一。現在の「イオン天王町店」へと店名を変更し、今に至っている。