検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

学ぶスポーツクラブ

JFC FUTURO サッカースクール

  • 【車】相鉄本線「二俣川駅」から約10分【バス】相鉄本線「三ツ境駅」およびJR「戸塚駅」からバス
  • 【平日】9:00~24:00 【土日祝】8:00~24:00

挨拶や礼儀の徹底、コミュニケーションの大切さを学び、社会で活躍できる人間育成を目指す! 状況を判断して自ら考え行動すること求め、サッカーの局面での判断力や瞬発力を養うだけでなく、子どもを自立へと導く。

ココがイチオシ!

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

子どもの才能を伸ばしたい、将来に役立つ力をつけさせたいというのは、親ならば誰もが抱く想い。どんな習い事をさせようかと悩んでいる親御さんも多いのではないだろうか。そうした中、子どもの将来のためにおすすめしたい習い事がある。それが「JFC FUTURO(フトゥーロ)サッカースクール」。
 

jfcfuturo-article001
サッカーの技術以外にも、大切なことを学べるサッカースクールだ!

 
記事を読んでいただけば、きっと、その理由が伝わるはず。サッカーが好きな子、サッカー選手を目指す子はもちろんのこと、そうでない子の親御さんにも、ぜひ注目してほしい。
 
 
 
JFC FUTUROサッカースクールとは?
 
取材させていただいたのは、横浜市泉区にある「JFC FUTUROサッカースクール 泉本校」。
 

jfcfuturo-article002
前身であるJFCサッカースクールから2010(平成22)年4月に名称を変更し、新たにスタート!

 
都倉勇樹(とくら・ゆうき)代表に話を伺った。
 

jfcfuturo-article003
「サッカーが大好きで、高校時代まで選手として続けてきました」

 
大学生の頃、嘱託員という形で母校サッカー部の指導に関わったが、当時は、将来的に仕事にしようとは思っていなかったという。

「遊びでフットサルをやっていて、ここのコートを利用した時に、当時のオーナーから、一緒に指導をしていかないかと声をかけられたんです」と都倉さん。実践の中で指導者としての経験を積み、2017(平成29)年4月には、代表に就任。
 

jfcfuturo-article004
代表という立場だが、コーチとしてももちろん現役!

 
撮影をしていると、子どもたちが自然に近づいてきて、このポーズ! きっと、都倉コーチが大好きなんだなと感じる。都倉さんが子どもたちにどのように指導しているのか、とても気になってきた。

「コーチの中には、海外でプロ契約を結んだり、高校時代にインターハイに出場したりという人もいますが、私と同じように、サッカーが好きで、そのまま指導者になった人も多いですね」と都倉さんは話す。
 

jfcfuturo-article005
サッカーが大好き! だからサッカーの楽しさを子どもたちに伝えたい

 
 
 
挨拶や礼儀、コミュニケーションを指導。将来に生きる力を!
 
JFC FUTUROサッカースクールには、どのような特徴があるのだろうか。

「サッカースクールなので、サッカーの基礎技術に特化してトレーニングするのはもちろんですが、それだけでなく、子どもたちには「6つの約束」と「5つの行動指針」を徹底させ、社会で通用する力を身に付けさせたいと考えて指導しています」と都倉さんは語る。
 

jfcfuturo-article006

 
6つの約束は、JFC FUTUROのホームページに書かれているが、ここに抜粋しよう。

「大きな声であいさつをする」「人の話を聞く時は、目を見て聞く」「自分でできることは自分でやる」「1日1つ誰かのために善いことをする」「集合は走って集まる。練習中の私語禁止」「応援してくれる人やモノを大切にする」の6つ。
 
また、5つの行動指針とは、「何をすべきか探す(観る)」「全力でやる」「コミュニケーションをとる」「積極的に行動する」「続ける」という内容だ。思わず、自分の生活態度を見直して反省させられる。大人になっても大事にすべきことばかり。子どものころから、こうしたことを心に置いて日々過ごしていくことは素晴らしいと思う。
 

jfcfuturo-article007
ピッチの中でも外でもきちんと挨拶し、人の話をしっかり聞く姿勢は素晴らしい

 
また、生活面でも、その場の状況に応じてどんな対応をしたらベストなのかを自分で考え、行動することを求めるという。

「子どもの自立につながり、サッカーのさまざまな局面での判断力や瞬発力にも通じるところなので、しっかり自覚できるように指導しています」と都倉さんは言う。
 

jfcfuturo-article008
「将来に役立つ力を育てたいと考えたのには、いくつか理由があります」

 
「6年生を送り出す卒団式の時、別れの挨拶の言葉を何もしゃべれない生徒が多く、ショックを受けたことがあり、サッカーだけを教える指導でいいのかなと疑問に思いました」と都倉さんは、現在の指導法のきっかけとなった出来事を振り返る。
 

jfcfuturo-article009
子どもたちの夢や感謝の気持ちが詰まった卒団記念の寄せ書き

 
「ほとんどの子が将来の夢をサッカー選手と書いてくれるのは、非常にうれしい」と都倉さん。それでも、人生においては、サッカー選手として活躍した後の時間の方がはるかに長いことや、目標に到達できなかった場合のことも考える必要がある。そのためには、サッカー以外でも活躍できる、社会の中で通用する力を身に付けさせたいと考えた。
 
また、サッカー選手自体の社会的地位を高めたいという想いもあり、社会で生きる1人の人間としてしっかり成長できるよう、指導しているという。
 
 
 
スクールのクラス分けは? ほかに校舎はあるの?
 
スクールは、U-6(年中・年長)、U-8(小学1・2年生)、U-10(小学3・4年生)、U-12(小学5・6年生)と年齢ごとに分かれている。また、それぞれに、強化クラス、アドバンスクラス(U-6では設置なし)、一般クラスと、レベルに応じたクラスが用意されている。
 

jfcfuturo-article010
フットサルコート3面が練習の場だ!(泉本校)

 
子どもや保護者の希望するタイミングでテストを受け、合格すれば上のクラスに変更できる仕組み。スクール会場は、泉本校以外に今宿校(旭区)、矢部校(戸塚区)、野庭校(港南区)、大和校(大和市)、大船校(鎌倉市)がある。会場によっては、クラス設定が異なるところもあるので、ホームページで確認してほしい。
 
 
 
楽しみながら基礎技術アップを。挨拶や会話も大切に!
 
子どもたちは、どのように練習しているのだろうか? U-8クラスの練習を見せていただいた。
 

jfcfuturo-article011
午後4時からの練習を前に、続々と子どもたちが集まってきた

 
コーチに挨拶する子どもたちの大きな声が聞こえてくる。コートに散ると、それぞれにボール遊びや追いかけっこを始めた。こちらのスクールでは、コートが空いていれば、自由に遊ぶことが許可されている。子どもたちにとっては、きっと、すごく楽しい時間!
 
いよいよ練習開始。
 

jfcfuturo-article012
「よろしくお願いします!」と大きな声が響く

 
初めに行われたのは、鬼ごっこ。小学1、2年生のクラスということもあるのだろうか、まずは、楽しみながら、思いきり走り回ってウォーミングアップだ。
 

jfcfuturo-article013
元気に走り回る子どもたち。楽しげな声が聞こえてくる

 
鬼ごっこの後は、ドリブルやシュートなど、サッカーの基礎技術の練習が行われていた。
 

jfcfuturo-article014
コーチのお手本の後、みんなでドリブル練習

 
合間の集合の時には、コーチから、上達のためのポイントや気をつけることなどについて声かけが行われていた。
「ドリブルは速い方がいいの? 遅い方がいいの?」との問いに、「速い方がいい!!」と元気に答える声が聞こえる。
 

jfcfuturo-article015
「よーし、頑張って速くドリブルしよう」
 
jfcfuturo-article016

「シュートはキーパーのいるところに打つのがいいの?」とコーチ

 
「キーパーのいない方」「いないところに打たないと決まらない」と答える子どもたちの声。
 

jfcfuturo-article017
「決めてやるぞ!」とキーパー役のコーチの隙を狙う

 
技術の上達は練習の積み重ねによるものに違いないが、心に留めておくべきことを、子どもに分かりやすい言葉できちんと伝えていることに感心した。
 

jfcfuturo-article018
続いて、試合形式での練習も

 
子どもたちの表情がさらに輝き、夢中になってボールを追う。

「パスちょうだい」「こっちこっち」と声を掛け合う子どもたち。
 

jfcfuturo-article019
低学年の子とは思えない足さばき!!

 
コーチからは「そっち空いているよ」と指示が飛び、パスを追いかけきれなかった子に「惜しい!!」、守備を頑張った子に「ディフェンス、いいね~!」と声がかけられる。
 

jfcfuturo-article020
コーチも一緒になってゲームを楽しむ

 
コーチが上から指示するのではなく、子ども目線で楽しみながら、適切に声かけをしているのが印象的だった。子どもたち自身に考えさせながら、パスの出し方、ゲームの組み立て方などを学ばせていることが伝わってくる。
 

jfcfuturo-article021
全力でボールを追う!!
 

元気いっぱい!【動画】 

 
終盤では、「お水を飲みたい人は急いで行ってきて。早く集合できたら、もう1ゲームやるよ。遅かったら、これで終わり」と声がかかる。

もっとやりたいと思う子どもたちは、急いで行動。ここでも、自分たちの取るべき行動をきちんと言葉にして伝えていた。
 

jfcfuturo-article022
残りの時間を惜しむように最後のゲームを楽しむ

 
ちなみに水分補給については、各自必要に応じて自由に飲むことができる。この日は気温が急激に上昇したこともあり、15~20分おきに補給するよう配慮がなされていた。
 
練習が終了すると、きちんと整列。コーチに、コートに、見ていてくれたお母さんたちにと、それぞれに「ありがとうございました」と大きな声で言い、頭を下げる子どもたちの姿があった。 
 
 
お子さんの成長を実感する保護者の方々 >>

基本情報

店名 JFC FUTURO サッカースクール
フトゥーロ サッカースクール
ジャンル サッカースクール(年中~小学生対象)
住所 〒245-0009 横浜市泉区新橋町1648-2
アクセス 【車】相鉄本線「二俣川駅」から約10分
【バス】相鉄本線「三ツ境駅」およびJR「戸塚駅」から神奈中バス
駐車場
TEL1 045-815-2882
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-815-2882
営業時間 【平日】9:00~24:00
【土日祝】8:00~24:00
定休日 年末年始
URL http://www.jfutsalclub-futuro.com
カード利用 不可
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 JFC FUTURO サッカースクール
フトゥーロ サッカースクール
ジャンル サッカースクール(年中~小学生対象)
住所 〒245-0009 横浜市泉区新橋町1648-2
アクセス 【車】相鉄本線「二俣川駅」から約10分
【バス】相鉄本線「三ツ境駅」およびJR「戸塚駅」から神奈中バス
駐車場
TEL1 045-815-2882
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-815-2882
営業時間 【平日】9:00~24:00
【土日祝】8:00~24:00
定休日 年末年始
URL http://www.jfutsalclub-futuro.com
カード利用 不可
個室