検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

買うお酒

酒の島崎(島崎株式会社)

  • 各線「横浜駅」から徒歩5分
  • 横浜市神奈川区台町11-19
    • 営業時間:9:00~18:00
    • 定休日:日曜日

ビールから日本酒、焼酎、そしてワインまで、業務用酒販店として地元・横浜の飲食店を支える“お酒のプロ”酒の島崎。創業88年の歴史と実績から、さらなる飛躍をめざす、その取り組みやモットーについて伺った

ココがイチオシ!

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

 

2018年11月02日

卸売から一般販売へ。ワインのおいしさを多くの人に伝えたい(続き)
 
こうした想いを受け、インターネットのワイン専門店としてスタートした「VINIAGE」。今後は飲食店に向けたサービスの拡充はもちろん、ワインが大好きな一般のお客さんに向けても、もっと利用してもらえるようなチャレンジをしていきたいとのことだ。
 
「VINIAGE」による新たな取り組みについて、「ワインに関する自分自身の知識がグンと広がっていくことを実感し、非常にやりがいがある」とうれしそうに語るのは、営業担当の八尾建太朗(やお・けんたろう)さん。
 

shimazaki-article012
営業担当として飲食店にオススメのワインを提案する機会も多い

 
以前は都内のスペイン料理店で勤務していたという八尾さん。もともとタンニン(渋み)をしっかりと感じられるスペインワインが好きだったこともあり、「ワインの仕事を突き詰めていきたい!」との思いから酒の島崎に入社した。
 
「この仕事に携わるようになって、お客様からワインについて教えていただけることも多い。日々、自分の知識が広がっていくのを感じ、本当にやりがいを感じます」
 

shimazaki-article013
さまざまな産地のワインに触れ、よりワインへの関心も深まったという

 
入社から2年半が過ぎ、今では「お店の料理に合わせてオススメのワインを提案する機会も増えた」という八尾さん。「まずは1本!」と契約してくれたお客さんからリピート注文が入ると「やっぱりとてもうれしい」と笑う。

今ではスペインワインだけでなく、無農薬ワインの魅力にも惹かれ、お客様への提案の幅をさらに広げたいとソムリエ資格の取得にも挑戦中だという。
 
「ワインは『難しい』とか『堅苦しい』と思われることもあるようですが、低価格でもおいしいワインはたくさんありますし、日々の提案や『VINIAGE』を通じて、まずはいろんなワインがあることを知ってもらい、気軽に楽しんでいただけるようにしたいですね」
 

shimazaki-article014
「VINIAGE」でも1000円台で購入できるワインがズラリ

 
「ワインに興味はあるけど、選び方が分からない」という人も少なくないはず。そんなときこそ“お酒のプロ”に相談して、じっくりと自分好みの1本を見つけてみてはいかがだろうか。
 
 
 
創業90周年、そして未来へ。挑戦の日々は続く
 
2020年、「酒の島崎」は創業90周年を迎える。戦後の経済復興やバブル景気で街が華やかだったころに比べれば、単価の安い居酒屋さんの台頭や若者を中心としたアルコール離れによって経営に苦しむ酒屋さんも増えている。
 
そんな中でも酒の島崎が順調に成長を続けることができたのは「お客様が繁盛するように」という理念を貫き、地元・横浜のお客様ときめ細かな「Face to Face」の付き合いを続けてきたからこそ。この姿勢は「VINIAGE」をはじめ、インターネット事業が拡大しても変わることはない。
 

shimazaki-article015
顔と顔を合わせた付き合いを大切にしている

 
また、地元に根差した企業として横浜のビールはもちろん、埼玉県のコエドビールや岩手県の銀河高原ビールなど、近年人気が高まっているクラフトビールの取り扱いを開始するなど、“お酒のプロ”としての幅をさらに広げている。
 

shimazaki-article016
倉庫ではクラフトビールが冷え冷えの状態でスタンバイ!
 
shimazaki-article017
クラフトビールの生! どこで飲めるんだろう、キニナル!
 
shimazaki-article018
もちろん横浜のクラフトビールも外せない!

 
多くの人においしいお酒を届けたいという、シンプルかつ熱い想いを胸に、社員一丸となってサービスを展開する「酒の島崎」。「どんなお酒を置いたらいいのだろう?」「今、人気の銘柄は?」といった飲食店の「?」や「困った!」に応える“お酒のプロ”として、時代とともに変わりゆく横浜の街で飲食店の「繁盛」に貢献し続けてきた。
 
これまで培ってきた実績と、流行やブームに流されることのない確かな目で今後はどんなお酒を私たちに提案してくれるのか。90周年から100周年、その先へと続く酒の島崎の動向に注目したい。
 

shimazaki-article019
コミュニケーションツールとしてお酒を楽しんで!

 
 
 
取材を終えて
 
正直、今回の取材まで、業務用酒販店とは「お酒を届ける」のが仕事だと思っていた。しかし「酒の島崎」がめざすのは、そのお酒を通じて「お客様を繁盛させる」ことであり、多くの人に「さまざまなお酒を知ってもらい、お気に入りの味を楽しんでもらう」こと。
 
日々お酒に関するスキルを高め、そうして得た情報を惜しみなく発信する。創業以来、そんな「お酒のプロ」としての取り組みを貫いてきたからこそ、今の歴史があるのだと実感させられた取材だった。
 
 
―終わり―
 
 
HP/
http://www.sake-shimazaki.com
http://www.viniage.jp
(VINIAGE)
 
Facebook(酒の島崎)
Facebook(VINIAGE)
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

※情報は取材時のものです

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

関連記事

横浜の飲食店を支える「酒の島崎」。配送ドライバーのリアルな日常と会社の想いに密着

業務用酒販の老舗「酒の島崎」が配送ドライバーを募集しているらしい。いったい、どんな会社なの? どんなドライバーがいるのかキニナル!(はまれぽ編集部のキニナル)

横浜で創業88年の老舗酒店が、お洒落なワインサイトをやってるって知ってた?

横浜で創業88年の老舗「酒の島崎」がワインのすべてを伝授!? 昔ながらの業務用の酒屋さんが運営するワインサイトってどんな感じ?(はまれぽ編集部のキニナル)

基本情報

店名 酒の島崎(島崎株式会社)
サケノシマザキ
ジャンル ・お酒の販売(主に業務用) ・ワインのネットショップ運営
住所 〒221-0834 横浜市神奈川区台町11-19
アクセス 各線「横浜駅」から徒歩5分
駐車場 無 ※近隣にコインパーキング有
TEL1 045-311-9861
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
URL http://www.sake-shimazaki.com
カード利用
個室

こちらもおすすめです

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

圧巻3500種のメガネを展開する「メガネの~~アイガン!」横浜本店を徹底取材

  • PR

基本情報

店名 酒の島崎(島崎株式会社)
サケノシマザキ
ジャンル ・お酒の販売(主に業務用) ・ワインのネットショップ運営
住所 〒221-0834 横浜市神奈川区台町11-19
アクセス 各線「横浜駅」から徒歩5分
駐車場 無 ※近隣にコインパーキング有
TEL1 045-311-9861
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
URL http://www.sake-shimazaki.com
カード利用
個室

アクセスランキング