ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅地下街9番出口を出た所の空き地が気になります。駅前一等地なのに何も建物がなく、フェンスで囲われているだけ。地権者は誰?何か活用の予定はあるの?いつからあの状態?とても気になります。

    あずいちさん

    横浜市は公式サイトのリニューアルで失敗し1億円(約30円/1市民あたり)を超える血税の大損害を出してしまいました。横浜市は、オラクルのCMSを使おうとした無謀なシステム開発事業者を相手取り、1億700...

    choberyさん

    スリーエフがローソンと合併して「スリーエフ・ローソン」になり、現在あるスリーエフの店舗はすべて消えるそうです。スリーエフのF-STYLEのパンやもちぽにょなど、オリジナルな商品は消えてなくなるのでしょ...

    はまっこ61号さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
2位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
3位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
4位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
5位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
6位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
7位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
8位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
9位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
10位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
11位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
12位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
13位
【はまれぽ名作選】一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
14位
21日まで開催中の「ベルギービールウィークエンド2017横浜」の様子をレポート!
15位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
16位
【はまれぽ名作選】昭和の香りがする鶴見線国道駅のガード下にある居酒屋「国道下」に突撃!
17位
【編集部厳選】GWはおウチでまったり派必見! 横浜のおいしいお弁当!
18位
【編集部厳選】GWの疲れを癒す滋味深い味!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
【編集部厳選】暑くなってきたので、今年も冷やしたアレ、始めちゃいました!
21位
【はまれぽ名作選】瀬谷の住宅街にある謎の点心専門店「南方粽子(なんぽうちまき)」に突撃!
22位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズが老舗洋食店「センターグリル」監修のメンチカツを発売!
23位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(5月11日~5月17日)
28位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
29位
ついに取材成功!ハマのB級ソウルフード「バーグ」のキニナルあれこれをライター・クドーが徹底調査!
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

有限会社関榮不動産

年中無休、迅速な対応でアフターケアも万全! 看板犬「レディ」に会いに来て!

最終更新日:2017年2月13日

045-504-5811

イチオシサンプル画像

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

インターネットで出回っていない情報をじっくり検討してもらう。「関榮不動産」だからこそ提案できる物件を見る価値あり。看板犬の「レディ」ちゃんも必見!

DATA
住所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2シークレイン101
JR鶴見駅東口より徒歩2分
営業時間: 9:30~19:00

「見て、見て、大きな犬がいる」。
JR鶴見駅から徒歩約1分、商業施設「シークレイン」の1階にある「関榮不動産」では、そんな声を耳にすることが少なくない。
 

001sekiei_article
全面ガラス張りで、明るい雰囲気が感じられる同社外観

 
それもそのはず、同社の看板犬は、今年6歳になるセントバーナードのメス「レディ」ちゃん。ほぼ毎朝、社長の関隆昭(せき・たかあき)さんと車で出勤し、その姿が街の名物になっている。
 

002sekiei_article
立ち上がると大人ほどの大きさがあるという

 
社内には、地元の方から寄贈されたイラストや手作りのカレンダーなどが飾られ、すっかりアイドルとして親しまれている「レディ」ちゃん。
今回は、そんな看板娘ならぬ看板犬がいる「関榮不動産」を訪ねてみた。
 
 
 
「関榮」の文字に込められたファミリー企業の想い
 
話を伺ったのは、隆昭社長の長男にあたる、関浩昭(せき・ひろあき)店長。同社は、1973(昭和48)年の創業以来、一貫して鶴見の物件を手がけてきたそうだ。そしてその特徴は、弟の和昭(かずあき)さんも含め、従業員全員が親戚関係という絆で強く結ばれていること。
 

003sekiei_article
左から、浩昭さんと和昭さん。社名には名字の「関」を採用

 
「私が小学生の頃は、家族が夜まで働いていたため、家に戻らず会社に『帰って』いましたね」と話す浩昭さんは、大学在学中に「宅建(宅地建物取引主任者)」の資格を取得し、3月に卒業をすると、その年の6月には結婚。早々と、実家を継ぐ覚悟を決めたそうだ。
 
「大学4年生のころから家業の手伝いをするようになりました。不動産では億単位のお金が動くこともあるので、一般の学生では経験できない充実感を、すでに知ってしまったのです」。浩昭さんは、この業界に身を投じた経緯を振り返って、そう話す。
 

004sekiei_article
今では、実務のほとんどを取り仕切る浩昭さん

 
また、すべての行動が自分にはね返ってくるのも、不動産業のおもしろさなのだとか。努力すれば報われるが、信用を失うようなミスをしてしまうと、社名に込められた「関」の字にも傷が付く。したがって、やみくもに数字を追うような仕事はせず、自信を持って勧められる物件を案内することが大切なのだという。
 
 
 
生まれ育った鶴見のことなら、何でもお任せください
 
それにしても、鶴見とは、いったいどのような街なのだろう。
浩昭さんによれば、以前は工業地帯というイメージがあったが、最近は安くて住みよい環境を求めてやってくるお客さんが増えているとのこと。2012(平成24)年にオープンした商業施設「CIAL鶴見」も、そうした状況に拍車をかけたようだ。
 

005sekiei_article
人の流れが大きく変わった、鶴見駅前

  
こうした街の変遷を一番良く知っているのが、実は不動産会社なのかもしれない。例えば同社には、70年代以降に発行された地図が、大切に保管されている。かつての町並みが手に取るようにわかる、貴重な資料だ。
 

006sekiei_article
お客さんと昔の思い出話で盛り上がることも

  
「鶴見の特徴は、場所によって景色が全然違うところですかね。北側は緑の多い高台になっていますし、南側はフラットで便利な商業地が広がっていて、海も見ることができる。住みたい方のさまざまな好みに合わせられるのも、この地域の魅力ではないでしょうか」と浩昭さんは語る。
 
また、川崎で物件を探していた人が、価格の安さに引かれて鶴見を訪れるケースも少なくないそうだ。常にアンテナを張り巡らせ、新しい動きや旬な情報を敏感にキャッチできるのは、関家の皆さんが「鶴見人」であるからこそ。自ら生活している街への愛着も感じられる。
 
 

関榮不動産は信用第一!・・・次のページ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索