ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅の西口ターミナルには田沢湖行きのバス停があります。高速バスは東口側から出ていると思いますが、何故西口から出ているのでしょうか?また、田沢湖行きなのもキニナリます。

    キンタさん

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

    11月4日に日産スタジアム初のラグビーの代表戦が開催されます。その際の周囲の盛り上がりや、また地下鉄のスタンプラリーの様子など、是非、取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月20日今日は何の日?」
2位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
5位
「ぴあ」がみなとみらいに1万人規模のアリーナを建設するって本当?
6位
【衆院選2017】神奈川県選挙区候補者60名ってどんな人たち?
7位
横浜にあるもう一つの「サグラダ・ファミリア」!? 上大岡の再開発はいつ終わるの?
8位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
9位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
10位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
11位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
12位
あの"お好み焼きバーガー"が復活!? 新生「ドムドムハンバーガー」をレポート
13位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
14位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
15位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
16位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
17位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
18位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
19位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
20位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
21位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
22位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
23位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
24位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
25位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
26位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
27位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
28位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
29位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
30位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> エクステリア

ウッディ企画

ウッディ企画はすべてオーダーメイド! 傾斜地や変形地でも、なんなりと、ご相談をお待ちしています。

最終更新日:2017年3月17日

0120-04-0581

イチオシサンプル画像

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

会社創立は明治20年。材木店として歩みを始め、住宅を主盤とした材木のノウハウ、材木のすべてを理解して時を経る。数千を誇る豊富な施工実績と、木を熟知した腐りに強い長寿命、それに安心と万全の10年保証。

DATA
住所: 横浜市青葉区奈良町2423-210
東急こどもの国線「こどもの国駅」より車で約10分
営業時間: 9:30~17:30

「腐りにくいウッドデッキ」は大人気!秘密は会社のルーツにあり
 
青葉区「こどもの国」近くに本社を構える、株式会社ウッディ企画は、アウトドア・ウッドデッキの専門会社。
 
ウッディ企画のルーツは、1887年(明治20年)、静岡県浜松市で創業した120年以上の歴史を持つ太田屋材木店(現・株式会社丸大)。

  
1woody_article
今回のイチオシはコチラ!

 
1950年代までは、主に天竜材、三河材の製造販売業を営み、1960年代に、住宅建築分野へ参入。1982年(昭和57年)、丸大では業界に先駆けて、スウェーデンから技術導入された加圧注入防腐処理プラントを導入。「防腐処理木材」を、本格的に市場に提供する。この「防腐処理木材」は評判となり、一般の住宅のみならず、公園、遊具などの公共施設にも使われていく。
 
1980年代後半のに始まったバブル景気の終焉のころから、90年代に入るとアウトドアやガーデニングブームの流れの中で、ウッドデッキの認知も高まり、一般のご家庭に取り入れられていくようになった。ちなみに「ガーデニング」は1997(平成9)年の新語・流行語大賞にも選ばれている。
 
ウッドデッキ需要の定着を見越して、2001年(平成13年)、腐りに強い加圧注入材を使用したウッドデッキ専門会社「ウッディ工房」を設立。2008年(平成20年)に現在のウッディ企画に改組して今に至る。
本日まで、ウッドデッキ3000件以上の施工実績を持ち、専門会社としての信頼を得ている。
  
しっかりとした経歴や実績に裏付けされた「腐りにくい木材」への信頼。10年保証をうたう、その自信。そのあたりのお話をもっと詳しく聞きたく、本日はお伺い。

青い空、白い雲、ポカポカ陽気に包まれて、ゆるりと一杯。いつの間にか、あめいろになってきた「ウッドデッキ」にハンモックなんかをひっぱり出して来て、ごろんと寝転んで。なんてことを、夢見ながら、いざ!
 

2woody_article
まずは、こちらをどうぞ

 
施工例の一つ、車庫上デッキ(ガレージデッキ)。自宅の駐車スペースの上を庭やバルコニーとして活用できる。もちろん、ハンモック、ビール、音楽持ち出し可!庭としての実用や、ゆとりある空間スペース、子どもたちの遊び場などに最適です。

 
日々の暮らし周りの、もったいないデッドスペースを有効に利用できる施工例は、のちほどご紹介。ヒントがたくさんありますよ。しばし、お待ち。

 

3woody_article
お邪魔します

 
青葉区奈良町にあるウッディ企画の本社にて諸々のお話をお伺いします。

 

4woody_article
お話は営業部長の中村さんから

 
 
 
ウッドデッキ素材の選び方について
 
ウッドデッキの利便性や快適な空間利用も広く理解されている現在、お客さんからよく質問されるのが、ウッドデッキの耐久性についてです」と中村さん。

ウッドデッキが一般家庭に普及しはじめてから20年以上。初期のころの作り方だと、ほとんどのウッドデッキは10年前後で腐るとのこと。最近までウッドデッキ素材としてポピュラーだった北米産レッドシダー(米杉)も、当初は腐らない木として輸入使用されていたが、高温多湿の日本国内でのアウトドア使用では、塗装メンテしていても、やはり7~10年くらいで腐り始める。
 
そこで本日は、代表的なウッドデッキ素材、人工木(樹脂木)・ハードウッド(堅木)・天然木(加圧注入防腐処理材)の特徴を紹介していただきます。
 

5woody_article
木材と言っても、多種多様

 
 
 
耐久性の高いウッドデッキ素材は、次の3つ!

 

6woody_article
まずは、人工木(樹脂木)

 
「始めに人工木(樹脂木)。主に大手アルミメーカーさんのエクステリア部門が扱っています。ほとんどが天然木粉とプラスチックを配合して固めたもので、構造は通常アルミ製になり、
腐らないですが劣化はします。主な劣化内容としては、経年変化による色褪せ、汚れやカビによる黒ズミなど。気温差による収縮が大きいため、特にエッジ部は傷みやすくボロボロになるケースもあります」
 
「風合いは天然木とは別物。好みは個人差です。庭先デッキの場合、長方形、正方形等でメーカーの規格サイズ内であれば、納期が早くコストもリーズナブルですが、変形サイズの場合は、大幅にコストアップします。ハイデッキや傾斜地への設置はコストも高くなります。また、夏場に陽当たりの良い場所だと、床板の表面温度が非常に高くなるので、裸足で歩くのは避けた方が良いでしょう」
 

7woody_article
次は、ハードウッド(堅木)

 
「次は、ハートウッド(堅木)。ほとんどが東南アジア、中南米からの輸入木材でイぺ・ウリン・セランガンバツーなどが代表的です。非常に堅く比重が重い木材で腐りに強く、樹種によりますが15~30年くらいの耐久性があると言われています。しかし、日本国内で長期間の検証がされたわけではないので注意が必要です。また、重歩行に耐えるため、当初、公共施設や商業施設のウッドデッキで使われはじめたものですが、このような施設では、改装やメンテナンス交換などが頻繁に行われるため15年以上同じ木が使い続けられているケースは極めてまれです。そのため、まめなお手入れが必要です」
 
「劣化の内容としては、主にひび割れ、反り・ひねり、ささくれ。特に、ささくれは非常に小さく毛羽立ったように出ます。反った場合は矯正がきかないので、該当部木材の交換が必要になります。ハードウッドは、最初はきれいな茶色系統の色だが、ほとんどの場合1年~3年で灰色化し雨天時などは暗く見える。この灰色は好き嫌いが両極端。節目や木目が嫌いな人には好まれる素材です。常時流通している部材種が限られるため、デッキの作り方やデザインに制約がありますが、ウリンのように樹液の垂れが非常に多い樹種があります」
 

8woody_article
最後に、加圧注入防腐処理材~ウッディ企画の主力商品

 
「そして最後に、ウッディ企画の主力商品、天然木『加圧注入防腐処理材』。ウッディ企画本社には20年、30年以上経過したウッドデッキが現存します。一般ユーザー施工でも15年以上経過したデッキが増えつつあります。劣化は、ひび割れ、節抜けが多いです。10年前後から白っちゃけたような変色が目立つようになり灰色化が始まります。ただし表面をサンダー等で磨くと木色が戻ります」
 
「ウッディ企画では、国産杉の間伐材を使用しているため節目は多いです。節や木目があった方がウッディらしくて良いという人には好まれますが、節目が嫌いな人には適しません。デザイン、構造の自由度が高いので、カスタムメイドに対応しやすいので、傾斜地や車庫上などのハイデッキも制作しやすいです」とのこと。
 

9woody_article
ウッドデッキへの知識をいろいろと教えてくれる

 
「それぞれ一長一短があるので、最終的にはコスト、仕上がりの風合い・好みで決めればよいと思います」と中村さん。
 
自社の主力素材だけではなく他の耐久性の高いウッドデッキ素材について、それぞれの特徴をお話してくれました。ウッドデッキに対する自分の想いや使用場面などを思い浮かべながら、中村さんに相談してみれば、より自分の理想とするウッドデッキが実現すると思います。
 

10woody_article
それでは

 
次のページではウッディ企画の「腐りにくい木材」を使用したウッドデッキの施工例をご紹介。
 
 
ウッドデッキの施工例をご紹介!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索