ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    テレビ東京のドラマユニバーサル広告社の舞台は三崎港ですよね?シャッター商店街を誇大してて寂しいっ!と思いますが、今後の町興し的な展開も気になります!ぜひ撮影秘話など取材をお願いします。

    Acoさん

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

美容> 理容室

Hair&Esthe φ(ヘアアンドエステ ファイ)

万年準優勝がウリの理容室!? ゆるくて凄腕のオーナーが作るリラックス空間が反町にある!

最終更新日:2017年3月16日

045-321-2346

イチオシサンプル画像

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

優勝実績はむしろ営業妨害? コンテストで万年2位の実績がウリだけど・・・オーナーは輝かしい経歴の持ち主だった! ムーディーなJAZZが流れる美容室のような空間で、等身大の接客が心地よい理容室を紹介。

DATA
住所: 横浜市神奈川区松ケ丘1-1
東急東横線「反町駅」より徒歩5分、横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢下町駅」より徒歩7分
営業時間: 通常営業時間(水~日)9:30~19:30 夜間営業時間(第4以外の火曜日)16:00~22:30
平均予算: ご案内ページをご参照ください
φのサービスを体験!
 
この日「φ」のサービスを体験するのは、筆者とヘアーモデルの方の2人である。ヘアーモデルの方は「φ」の常連であり、先日もカットをしたばかりであるという。本日は、襟足のクセにピンポイントでストレートパーマを当てに来ていた。
 

12fai_article
この爽やかイケメンが、更なるモテヘアに変身する

 
13fai_article
襟足のカールもまっすぐになる

 
筆者は「φ」がこの夏おススメするヘアースタイルにしてもらうことにした。どんなヘアースタイルになるかドキドキである。

 

14fai_article
モッサリとしている筆者のヘアースタイル

 
15fai_article
後ろもモシャモシャであるが、どのようになるのだろうか

 
まずは筆者のカットからスタートである。早速、洗髪が始まるが、小松崎さんの手さばきが華麗で、髪を洗われるだけで心地よい。

 

16fai_article
絶妙な力加減で髪が洗われていく

 
17fai_article
このボサボサヘアをカッコよくしてください!

 
洗髪が済んだら、いよいよカットのスタートである。カット中も小松崎さんが話しかけてくれ、退屈を感じる時間がない。
 
「北九州出身なんですか?」と小松崎さんに話を振られて「そうなんです」と答える筆者。すると「パンチパーマの発祥が北九州なんですよ。今度どうですか?」と小松崎さんに尋ねられるといった具合だ。
 
距離の取り方も適切で、接客の仕方もやはり居心地がよく感じる。ちなみに寝ているお客さんなどには話しかけず、その人に合わせた接客をしているらしい。
 

17fai_article
鏡の中のマリオネット状態。お互い笑顔でカットが進んでいく

 
19fai_article
しかし、こんな真剣な表情を見せる一面もある

 
カットが済むと、今度は理容室ならではのサービスである。シェービングだ。

担当が佐藤さんに交代され、蒸しタオルを顔にかけられる。毛穴が開き、毛をそりやすくする効果があるらしいが、実に心地よい。
 

20fai_article
このまま眠ってしまいそうな気持ちよさ

 
朝、シェービングをしたのにもかかわらず、ジョリジョリと髭が剃られていく。やはりプロの腕前である。気がつかぬうちにできている剃り残しも、すっかりキレイに。肌がツルツルになったところで、眉カットもしてもらった。担当するのは再び小松崎さんである。ハサミとカミソリを使って、筆者の無造作眉毛がキレイに整えられていく。

 

21fai_article
繊細な腕さばきで整えられていく筆者の眉毛

 
こうしてカットとシェービング、眉カットを終えた。そして最後に髪がブローされ、セッティングが完了となる。

 

22fai_article
丁寧にブローされていき「φ」おススメ夏ヘアーの完成

 
続いてはヘアーモデルの方である。

最初に洗髪を済ますと、襟足部分にパーマ液が塗られていく。
 

23fai_article
髪を洗った後、襟足の部分に

 
24fai_article
パーマ液が塗られていく

 
25fai_article
パーマ液を塗った後はサランラップで十数分包む

 
パーマ液が髪に染み込んだころ、もう一度髪を洗って塗料を流していく。そして襟足部分にアイロンが当てられて、スタイルが整えられる。

 

26fai_article
襟足にアイロンが当てられる

 
27fai_article
ヘアースタイルがセットされていく

 
28fai_article
ヘアースプレーを使って整えられたら完成!

 
こうしてヘアーモデルの方のサービスも終了した。
 
 
 
φで大変身。その姿を大公開
 
それでは二人の仕上がりはどのようになっているのだろうか。まずはヘアーモデルの方からご紹介。
 
もともと、爽やかなイケメンであったが、小松崎さんのサービスの後、さらなる爽やかボーイに大変身。筆者たちは反町一の爽やかイケメンボーイが誕生する瞬間を目撃した。
 
「φ」のサービス、恐るべし!

 

29fai_article
自然なウェーブがオシャレにキマッている

 
30fai_article
襟足部分も自然なストレートに変身

 
襟足部分のクセも解消され、髪質にあった直毛具合になっている。こうした微妙な加減ができるのは理容室のサービスならでは。
 
続いては筆者である。60年代のリバイバルブームで、大流行中のオシャレ七三に大変身した。確かにテレビを見ていても、伊勢谷友介や加藤浩次がしているのを見たことがある。あのモッサリとしていた髪も、スッキリとカットされた。
 

31fai_article
どうでしょう? 夏を感じるスッキリ具合は

 
32fai_article
サイドとバックも刈り上がって爽やかさマックス!

 
鏡を見た瞬間、筆者はこの夏の主役が自分であることを確信した。本人的には和製クリスティアーノ・ロナウドという気分だ。32歳独身・彼女なしの筆者に、ついにモテキ到来の予感である。

 

34fai_article
小松崎さん、ありがとうございました!

 
腕はもちろん、小松崎さんの人柄やお店のスタンスが慕われているからこそ「φ」は多くの方に支持されるのだろう。ちなみに小松崎さんが初めて優勝を飾ったとき、準優勝を楽しみにしていたお客さんがガッカリしたらしい。
 
しかし優勝しても、小松崎さんは今までのスタイルを変えていない。それはリラックスできて、居心地のよい雰囲気を作るためであり、お客さんが来たくなるようなお店にするためである。そして、その飾らない等身大の姿こそ、小松崎さんの本当の姿でもあったりするのだ。
 
 
 
取材を終えて
 
理容室は、ちょっと“ダサい”というイメージがあった。しかし、しっかりとした技術に裏付けされた、オーナーが理想とする店作りを行う「φ」に出会って、そのイメージはすぐに覆った。コンセプトに共鳴する方が集まり、その雰囲気に好感を抱く輪が広がって「φ」は反町で欠かすことのできないお店と言える。
 
ちなみに冒頭の某掲示板に書かれた内容は、ぜひお店に行って、小松崎さんの口から直接聞いてもらいたい。その話だけで、オーナーの人柄が分かるはずだ。
 
 
―終わり―
 
 
HP/http://faifai.biz/
 
Facebook/https://www.facebook.com/hairfai
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索