ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜線の町田駅下りホームにホームドアが設置されました。効果はどうなんでしょうか。また扉の開閉にかかる時間が余計にかかるようになりました。この先、全駅で設置されると定時運行に支障をきたすのではないかと心...

    nakopapaさん

    瀬谷高校といえば、かの冬彦さんでブームになったドラマ「ずっとあなたが好きだった」のロケ地にもなっていました。当時の裏話が関係者から聞けませんか?!

    ポスポスさん

    先日、初めて舞岡駅を利用したのですが、改札を出た所から駅周辺まで物凄く家畜のウ◯コの匂いがします。何時もあんなに匂うのでしょうか?

    中区太郎さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

美容> 理容室

Hair&Esthe φ(ヘアアンドエステ ファイ)

万年準優勝がウリの理容室!? ゆるくて凄腕のオーナーが作るリラックス空間が反町にある!

最終更新日:2018年1月30日

045-321-2346

イチオシサンプル画像

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

優勝実績はむしろ営業妨害? コンテストで万年2位の実績がウリだけど・・・オーナーは輝かしい経歴の持ち主だった! ムーディーなJAZZが流れる美容室のような空間で、等身大の接客が心地よい理容室を紹介。

DATA
住所: 横浜市神奈川区松ケ丘1-1
東急東横線「反町駅」より徒歩5分、横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢下町駅」より徒歩7分
営業時間: 通常営業時間(水~日)9:30~19:30 夜間営業時間(第4以外の火曜日)16:00~22:30
平均予算: ご案内ページをご参照ください

理容室はちょっとダサいイメージがあるし、時代遅れのヘアースタイルにされるのも怖い。
 
しかし今回、ムーディーなJAZZが流れる美容室のような空間で、凄腕の店長が最新のヘアースタイルにしてくれる理容室を発見した。しかもフランクな接客で、近所の方々から大評判を得ているそうだ。
 
それが東急東横線「反町駅」から横浜市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢下町駅」方面に5分歩いた場所にある理容室「φ(ファイ)」である。

 

1fai_article
国道1号線から入ってすぐの場所に佇む理容室「φ」

 
早速「φ」の魅力の数々をご紹介していきたい。
 
 
 
ウリは、コンテストで万年2位の実績!?
 
「某巨大掲示板で店の名前を見たとき『やった!』と声を出して喜びましたよ。これで店が地域に根付いたと思いました。内容はネガティヴなものだったんですけどね」
 
そう苦笑するのは、理容室「φ」のオーナーである小松崎淳史(こまつざき・あつし)さんだ。
 

2fai_article
“ゆるい”雰囲気がウリのオーナーの小松崎さん

 
近隣地域に住む方を中心に人気を集めている「φ」。その人気の秘密がオーナーの作りだす、程よい“ゆるさ”だ。なんと店のウリも「ヘアコンテストで万年準優勝」の実績にしているのである。
 
「なんて言うんですかね、リラックスしてもらいたいんですよ。一番ってアピールすると、ちょっと来づらくなっちゃうじゃないですか。そういうのが僕も苦手なもので。だから接客でも、普段自分が使う言葉を使っています。本当は等身大より、少し低めが楽なんですけどね」
 
こうした接客のスタイルが評判を呼んで、口コミでの来店も多い。茨城県出身の小松崎さんのイントネーションに、地方から来た学生が親近感を覚えることもあるそうだ。

 

3fai_article
接客中にお客さんと会話が弾むことも多い

 
またリラックスというキーワードは、内観作りにも生かされている。「バリ島のようだね」とお客さんに言われるほど、木の温もりに溢れる居心地のよい空間となっているのだ。ただ、このバリ島っぽい演出は狙っているのではなく「たまたまこうなった感じなんですよね」と小松崎さんは語る。・・・ゆ、ゆるい!
 
しかし、その“たまたま”できあがった空間にムーディーなジャズが流れていて雰囲気のよい空間になっている。ちなみに美容室のような店内になっているのは、狙ってやっているとのことだ。

 

4fai_article
美容室のような理容室「φ」の店内

 
5fai_article
店内には金魚が泳ぐ水槽も置かれている

 
それでは、なぜ程よいゆるさを醸し出す店になったのだろうか。小松崎さんの経歴を振り返りながら、その謎に迫ってみたい。
 
 
 
理容師・小松崎の美学とφの誕生
 
「高校を卒業したら、フリーターがいいなって思っていました」と小松崎さんは自身の経歴について語ってくれた。
 
「だけど理容師の2代目の友だちに、理容専門学校に誘われたんです。『そこなら1年間遊べるよ』って言いながら。それを聞いたとき『じゃあ、そこに行こう』って思いましたね」
 
キッカケは軽い気持ちであった。そして専門学校に入学するが、1年間はあっという間に過ぎて、就職活動が始まる。その時、希望したことは、ただ一つ。「東京で若い子がいっぱい働いているところ」それだけである。すると渋谷区の理容室を紹介され、就職が決まった。それが“軽い気持ち”で理容師の世界に入った小松崎さんの転機となる。
 

6fai_article
自身の経歴について話してくれる小松崎さん

 
「そこに負けたくない奴がいたんですよ。絶対に抜かしてやろうって思いました。その時からですね、コンテストに参加するようになったのは」
 
結果的に、コンテストへの参加が自身の腕を磨いていくことになった。お客さんにも喜ばれることが多くなり、軽い気持ちで入った理容師の世界に、小松崎さんはどんどんハマっていく。最終的には、渋谷の店で店長にまで上り詰める。そして10年間働いた後、2005(平成17)年3月19日に理容店「φ」をオープンさせた。
 
なお店名の「φ」は、小松崎さんが好きなバンド『BOφWY』から取ったそうだ。
 

7fai_article
お客さんに開店記念に貰ったというワイン

 
「27歳で結婚、28歳で子どもの誕生、そして29歳で独立。怒涛の3年間を過ごしましたね。反町に決めたのは、奥さんの実家が近かったからです。だけど反町だからこそ、ここまで続けられたと思っています。多くの先輩の助けもありましたし、多くの学生に親しんでもらえました。反町に店を出してよかったなと感じます」
 
「φ」で提供しているメニューはカットやシェービング、エステコースなど幅広い。また元・理容師でもある奥さんが女性向けのシェービングや、ブライダルコースなどを担当していたりもする。
 

8fai_article
女性客専用のシートはカーテンで仕切られて個室となる

 
なお、同店のメニューには「マッサージコース」があるが、それには命名に関するエピソードが残されている。
 
「実は以前、育毛コースって名前だったんですよ。だけどお客さんに『店長を見ていると説得力がないね』って言われちゃって。それでマッサージコースにしたんです」と小松崎さんは笑う。
 
小松崎さんは、どこまでもフランクな語り口である。少し年上のお兄さんのような魅力に筆者も引き込まれ、口コミで人気が広がるのも納得できた。肩ひじ張らずに接してくれるので、とても心地よい。
 
万年準優勝がウリの同店であるが、実は小松崎さんはコンテストで何度も“優勝”をしている。輝かしい経歴と実力の持ち主であるのだ。「店の営業妨害になりますから」と冗談めかす小松崎さんだが、今回は特別にトロフィーを見せてもらうことにした。
 

10-1fai_article
輝く「優勝」の文字! しかも神奈川県知事賞

 
すると大きな段ボールの中から、ざっと数えただけでも50個近いトロフィーが登場した。店の奥にしまっておくのがもったいないと感じる量である。改めて、店に飾ったりしないのか尋ねてみると、小松崎さんはこのように答えてくれた。
 
「トロフィーを店に飾ることはしません。やっぱりお客さんには、リラックスしてもらいたいので。居心地のよい雰囲気を作っていきたいですね」
 

11fai_article
実はこれだけの実績がある小松崎さん

 
それでは「φ」ではどのようなサービスが受けられるのだろうか。そこで実際に同店のサービスを体験してみることにした。
 
 
筆者が夏おススメのヘアーに変身!!≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索