ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅近くの奈川銀行本店横の小道にアートペイントが施されています。キニナルのはペイントと一緒に「長者町小唄」という歌の歌詞が書かれています。「川面に映るネオン街 歩めばはやる心うた(中略)異国...

    横濱マリーさん

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> レジャー

横浜マリンロケット

ショーレストラン「横浜マリンロケット」の女子会は、ストレス発散に最適!

最終更新日:2016年10月06日

045-548-5442

イチオシサンプル画像

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

元球団チアリーダーやバトントワリングのチャンピオンなど、プロダンサーの圧巻パフォーマンスに心揺さぶられる一夜を!

DATA
住所: 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-11-4 ハマ横丁ビル3階
横浜駅「きた西口」より徒歩3分
営業時間: 月曜日から土曜日18:00-24:00 

今週もガツガツ働いたわ~。と横浜駅きた西口改札を出て、大きく背伸びをするライター・カメイ。
 
なんて素晴らしきTGIF!!(Thanks God,Its Friday!:花金の意)
そう、今日は金曜日。一週間の疲れやら、ストレスやらをお酒で洗い流そうと集合したのが、カメイと編集部・木村である。
 

001_marin_article
お疲れさまです~

 
亀「木村さん、今日どこで呑みます? ぱーっとやりたい気分です」
 
木「私、実はずっと気になっていたお店があるの」
 
亀「どこですか??」
 
木「鶴屋町にあるらしいのだけど・・・ちょっと入る勇気がなくて。でもお店から出てくる人は、みんな水を得た魚みたいに活き活きしているの」
 
亀「なにそれ、気になる!!」
 
 
 
明日の元気をハマの老若男女へ! 活力と笑いを届けるショーレストランに突撃!
 
編集部・木村がずっと気になっていたというお店は、ダンスあり、歌あり、ものまねありと全力で観客を盛り上げるショーレストランらしい。
 
たしかに最近、なんとなくやる気でないなぁって感じで、気持ちにハリがなかったし。もつ焼き&ビールの流れでも良かったけど、たまには女子同士できゃっきゃするのも楽しそうだ! いざ、鶴屋町へ!
 

002_marin_article
このあたりって、飲み屋さんが多いのよね
 
003_marin_article
もしかして、アレですか?
 
004_marin_article
徒歩5分ほどで、目的地の「横浜マリンロケット」を発見!
 
005_marin_article
ハマ横丁3階
 
006_marin_article
「明日の元気はココにある」がコンセプト

 
2016(平成28)年10月1日で4年目を迎えたマリンロケット。金曜日は特にお客さんがいっぱいで、場内のボルテージも最高潮だ。
 

007_marin_article
非日常感が良い!

 
その雰囲気に圧倒されながらも、テーブルへ着席。すると、「はじめまして」と我々に声をかける一人の女性の姿が。
 

008_marin_article
所属ダンサーを束ねるリーダーのレイカさん

 
レイカさんは、2016(平成28)年5月30日から上演中の第6弾のショーの構成や曲、振り付けのすべてを担当している、総合演出家兼ダンサーなのだ。以前は某プロ球団のチアリーダーを務めた経歴もあり、マリンロケットには第3弾から出演しているという。ちなみに、ショーは、約8~10ヶ月で新しい演目に変わるそうだ。
 
「ウエイトレスとしてもダンスパフォーマーとしても、両方でお客さんとコミュニケーションがとれるので、とても距離が近く、直接ショーの感想を聞けるのがうれしいです」と笑顔。
 
マリンロケットではショータイム以外の時間は、ダンスパフォーマーはウエイトレスとしてお客様にサービスを提供しているとのこと。ショータイム前後の挨拶も、お客さまとの距離を近づけるための楽しい演出となっている。
 

009_marin_article
最近は、女性のお客さんも多いとか!

 
客層は、飲み会や年末年始、歓迎会で利用する男性客が多く、平日にはママ会・女子会で訪れる女性客の姿も見られる。
 
「横浜の名曲や、『赤い靴をはいた女の子』や『メリーさん』など、横浜の逸話を取り入れた演目も見所です。せっかく歴史のある街でショーを行っているので、街に根付くお店にしていきたいです」とのことだ。
 

010_marin_article
明るい声と大きな笑顔がチャーミングだった

 
「今日は女子会でいらしたんですね。であれば、気分を盛り上げる特製のお料理をご紹介しますね!それまで、ドリンクでゆっくりしていてください~」と飲み物をご用意くださった。
 

011_marin_article
女子会スタート!!

 
するとさっそく運ばれてきたのが、「エビのアヒージョ/800円(税抜以下同)」だ。
 

012_marin_article
ワインがほしくなるところだが、やっぱり乾杯は生がいいよね!
 
013_marin_article
バゲットにのせて、いただきます

 
海老がプリプリで、お酒に合う味付け! バゲットもサクサクでおいしい。
 
続いて、ご用意いただいたのが、「ナポリタン チーズ焼き/1200円」
 

014_marin_article
「お待たせしました~」とダンサーの真理奈(まりな)さん

 
真理奈さんは、バトントワリングの大会でチャンピオンに輝いた実績を持つダンサーさんだ。普段はバトンの先生としても活躍中だという。
 

015_marin_article
チーズたっぷり! 濃いめの味付けがたまらない

 
一つひとつのテーブルをすべてのダンサーさんがあいさつに回ってくれるので、名前を覚えて、会話できるのもマリンロケットの楽しみの一つ。
 

016_marin_article
接客中のダンサーさんからは、名刺をいただいた!

 
続いて、野菜をおいしく食べられる「新鮮野菜のスティックサラダ/900円」も外せない。
 

017_marin_article
カラフルなお野菜でテンション上がる~

 
こんな感じで、ご飯を食ながらショーがスタートするのを待っていると、「こんばんは!」と笑顔のキュートな女性が我々のテーブルへ。
 

018_marin_article
艶(つや)髪が魅惑的な舞々(まいまい)さん

 
横浜マリンロケットの立ち上げメンバーとして、現在もショーで活躍中。幼少期からダンスを始め、タップダンスが得意だそうだ。
 

019_marin_article
ダンスで元気を与えたい!

 
「私はダンスを通して、悩んでいる人の気持ちを和らげたいと考えています。私たちのショーを見て、“なんか元気出てきた”とか“悩んでいることがどうでもよくなった”って思ってもらえるように、全力でパフォーマンスします」と舞々さん
 
ショーに全身全霊をかけている舞々さん。若手のダンサーが増える中、時にはお姉さんとして彼女らを叱ることもあるという。
 
「お客さんに『楽しかった』と思っていただけることにやりがいを感じます。プロのダンサーとして厳しくするところ、楽しくやるところとメリハリをつけています」と話し、いずれ旅立つであろう若手ダンサーらが、“マリン出身です”、と胸を張れるくらい大きく有名なお店にしていきたいと続ける。
 

020_marin_article
ショーをしていて、一番うれしかったことは?

 
「お母さんたちと一緒に来てくれる小学生の女の子がいるのですが、“舞々みたいになりたい!”といってタップダンスを始めたそうなんです。憧れてくれる子もいて、もっと自分のダンスを磨こうって思いました」とお話いただいた。
 
ダンサーさんとの会話やお料理を楽しんでいると、あっという間に開演の時間に! 上演中の注意事項などのアナウンス後、いよいよ開演となる。
 
 
華やかなショーがはじまりますよ~!! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索