ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 和食

横浜味処 あぐら亭

スッポンは鍋だけじゃない! 爪と甲羅以外のすべてを食べつくせるフルコースで召し上がれ!

最終更新日:2017年5月08日

045-242-9797

イチオシサンプル画像

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

高級食材スッポンを手ごろな価格で! 鍋やからあげ、お刺身まで食べられる圧巻のコース料理で、美と活力を手に入れよう!

DATA
住所: 横浜市中区野毛町1-12 
JR根岸線桜木町駅より徒歩5分
営業時間: 月~金  17:00~24:00 土・日・祝 17:00~22:00
平均予算: 6000円~

女子会という言葉が巷に広まり、すっかり定着した今、いろんなタイプの女子会が増えている。定番の居酒屋や自宅での開催にとどまらず、リムジンの車中で女子会を開くのも流行中である。
 
さぁ、次はどんな女子会を開こうかなと考えていた矢先、「スッポン女子会が野毛で流行中」というではないか 。これぞ本当の意味で肉食女子・・・。偉いおじさまたちが、高級料亭で密かに楽しむイメージを持っていたが、”女子とスッポン“という新たなトレンドを体感すべく、野毛に急ぐ!
 
 
 
キレイなあの子はもう食べている!? 食べてよし、塗ってよしのスッポンの魅力とは
 
京浜急行線「日ノ出町駅」またはJR根岸線「桜木町駅」から徒歩5分。スッポンを専門に提供する「横浜味処 あぐら亭」が見えてくる。
 

agura_article019
スッポンの描かれた暖簾をくぐり
 
agura_article020
迎えてくれたのは店主の八木橋国造(やぎはし・くにぞう)さん

 
1980(昭和55)年にスッポン専門店として創業したあぐら亭だが、現在ではウナギ、馬肉なども扱う。名前を列挙しただけで、活力が出そうな食材ばかり。客層は40代以上の年代を中心に、最近は美容に敏感な20代・30代の女性がこぞって足を運ぶという。
 
八木橋さんのお母様は中区宮川町で「阿具良(あぐら)」という割烹料理店を営んでおり、中学生の時にはすでにスッポンを食べていたのだそう 。
 

agura_article021
中学生ながらに「スッポンはおいしい!」と思った

 
幼いころからご両親の影響もあって、食に対し非常に関心が高く、料理人を自然と志すようになったそうだ。学生のころからお店の手伝いをし、高校卒業後にすぐ料理の道へ進む。結婚し、子どもが生まれたタイミングで「独立心」が沸き、当時珍しかったスッポン料理専門店を開いた。
 

agura_article022
全29席。老舗の趣ある店内

 
「技術は盗むもの」と笑顔の八木橋さん。創業当時は経験のある板前を雇い、その人から勉強しながらお店を営んだと話す。そして、一人でやっていけると確信したところで、本当の意味で独立。36年間、野毛でお客さんからの確固たる信頼を築いていった。
 

agura_article018
独特の雰囲気を醸し出す店内

 
しかしながら、スッポンは高級食材。20代の女性も訪れるというが、やはり少々身構えてしまう。すると八木橋さんは、「スッポンは高級なイメージがあると思いますが、うちでは肩の力を抜いて、本物の味を楽しんでほしい」と大きな笑顔を見せる。
 
「最近はインターネットから情報を仕入れるのか、“スッポンは美容に良い”と若い女性のお客さんが増えました。女子会が開かれることもあり、スッポン鍋に飲み放題がついた8000円のコースもおすすめしています」とのこと。
 

agura_article023
あれ、意外にも手の届く価格!

 
「スッポンの高級感はそのままに、手ごろな価格で提供できるのも専門店ならではかもしれません」と八木橋さん。しかも、同店の魅力はそれだけではない。
 

agura_article025
「スッポンの脂がお肌に良すぎて、化粧品を開発しちゃいました」

 
え、化粧品?? と驚く筆者を尻目に、「スッポンを数十年さばき続けて、気がついたことがあるんですよ。私の手、見てください!」と続ける。目の前に差し出された手の甲を見ると、驚くほど白くて毛穴レス。お世辞抜きで、キレイなお肌だ。思わず、「ずるい!!」と言ってしまったほど。
 

agura_article024
つやつや、うるうるで本気で羨ましい

 
すっぽんには、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル類の種類と量が豊富。血液浄化や、血流の改善を助け、疲労回復から体質改善、若返りまで効果があるといわれている。
 

agura_article026
肌油源シリーズ

 
スッポンの脂肪の部分から油を抽出して、スッポンオイル、クリーム、石鹸を開発。「スッポーレ」のコピーが目を引く、天然由来の基礎化粧品を販売している。そう、スッポンは食べるだけではなく、お肌に直接塗っても良いものらしい。
 

agura_article028
ユーモアある素敵な大将といった感じで取材中も終始なごやか

 
また、八木橋さんは野毛で2万人を動員するほどに成長したイベント「ジャズde盆踊り」や、野毛の夜を照らす「虹」を発案した仕掛け人でもある。5~6年前から地域との交流をもっと大切にしていきたいと考えるようになり、積極的に同業者と協力しあい、野毛にお客さんを呼ぶ催しものを企画している。
 

agura_article027
野毛の街にかかる虹の企画にも携わるなど、地域への思いも強い

 
「イルミネーションはめずらしくないけど、虹が年中かかっている商店街はめずらしいでしょ。新しいことを仕掛けるのが大好きで、ここから流行を発信して、地域の活性につながれば良いと思う」と話す。
 

agura_article001
オリジナルメニューも充実
 

調理の難しい食材でも、八木橋さんのセンスと腕で「すっぽんのちんちん焼き」や「うなぎのたたき」など、他店ではお目にかかれない一品料理に変身する。ここで、スッポンを食べたことのない筆者が、 どんな味なのかと間抜けな質問をするも、八木橋さんは、「スッポンは、スッポン味だね(笑)。でも、きっと『思っていたのと全く違う!』って驚くはずですよ」と期待感が高まる答えをくださった 。  
 
爪と甲羅以外は全部食べつくす! スッポンフルコース >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索