ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅地下街9番出口を出た所の空き地が気になります。駅前一等地なのに何も建物がなく、フェンスで囲われているだけ。地権者は誰?何か活用の予定はあるの?いつからあの状態?とても気になります。

    あずいちさん

    横浜市は公式サイトのリニューアルで失敗し1億円(約30円/1市民あたり)を超える血税の大損害を出してしまいました。横浜市は、オラクルのCMSを使おうとした無謀なシステム開発事業者を相手取り、1億700...

    choberyさん

    スリーエフがローソンと合併して「スリーエフ・ローソン」になり、現在あるスリーエフの店舗はすべて消えるそうです。スリーエフのF-STYLEのパンやもちぽにょなど、オリジナルな商品は消えてなくなるのでしょ...

    はまっこ61号さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「5月26日今日は何の日?」
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
4位
【はまれぽ名作選】横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
船も便数も売り上げも減った横須賀の「東京湾フェリー」、本当に大丈夫なの?
6位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
廃線跡巡り! モノレール・ドリームランド線跡に当時の面影は残ってる?
9位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
10位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
11位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
12位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
13位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
14位
急きょ開催決定! 鎌倉花火大会が中止になった理由はなんだったの?
15位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
16位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
17位
【はまれぽ名作選】東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
18位
「絶対反対」の看板がある西区戸部本町のホテル建設予定地とは?
19位
大船駅近くにある資生堂鎌倉工場跡地はどうなる?
20位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
21位
横浜DeNAベイスターズのサポーティングガールズユニット「diana」、パフォーマンスの舞台裏に密着!
22位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
23位
【はまれぽ名作】日本最古の現役トンネル、戸塚区と保土ケ谷区をまたがった「清水谷戸(しみずやと)トンネル」について教えて!
24位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
25位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
26位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
27位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
28位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
30位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

買う>

タイヤセンター戸塚

世界で1つのオリジナルタイヤがつくれる! パンクや修理の相談も親身に対応。

最終更新日:2017年3月22日

045-821-0304

イチオシサンプル画像

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

タイヤのプロフェッショナルとして新品・中古タイヤを販売、選び方の相談にも対応。車の整備・修理もお手のもの。個人経営だからこそできるきめこまやかなサービスが評判を呼んでいる。

DATA
住所: 神奈川県横浜市戸塚区上柏尾町231
JR横須賀線「東戸塚駅」東口より徒歩15分
営業時間: 9:00~18:00

車に乗る限り、避けることのできないタイヤのメンテナンス。交換するときは、どこに行けばいいのか悩ましい。「大手チェーン店なら安心?」「値段は適正?」「安いほうが助かるけれど品質は大丈夫?」などなど。
 

1_タイヤ戸塚article
タイヤって何を基準に選べばよいのか、分からない!

 
これからの季節はスタッドレスが必要かも。ついでに自転車のタイヤもパンクしたままになっているけれど、これもなんとかならないかしら・・・。
 
悩みは尽きないものだが、東戸塚に、「タイヤのことなら、なんでも相談に乗ってくれる店がある」という情報を入手。さらに、この店は日本で初めて“タイヤプリント”なるものを始めたのだという。一体どんなところなのか探るべく、店を訪ねる。
 
 
 
中古タイヤ販売の先駆け的存在
 
JR横須賀線東戸塚駅より車で戸塚駅方面に進み、国道一号線の「秋葉立体入口」を裏手に曲がる。
 

2_タイヤ戸塚article
10分ほどで到着!

 
店で迎えてくださったのは、店長の西谷和也(にしたに・かずや)さんとお父様の一義(かずよし)さん。車の整備スペースにたくさんのタイヤ。奥にはタイヤプリントの作業場もある。タイヤのことなら何でも相談に乗ってくれるらしいが、いったいどんなサービスがあるのだろうか。ということで、さっそく西谷さん親子にお話を伺うことに。
 

3_タイヤ戸塚article
会社を創業した一義さん(左)と店を継いだ和也さん親子

 
タイヤセンターの創業は1977(昭和52)年。創業者である父の一義さんはタイヤメーカーのブリヂストンに勤務し、「いつか自分の店を持ちたい」と考えていたという。
 
「独立することを決めて、何もないところからコツコツと作り上げた店です。土地を探していたところ、戸塚にちょうどいい場所が見つかり、ここで商売を始めることにしました。店舗の設営は、知り合いの解体屋さんが資材を持ってきてくれたり、大工さんが手伝ってくれたり・・・。社屋もタイヤ置き場もぜんぶ自分たちで建てたんですよ」と一義さん。
 

4_タイヤ戸塚article
店内の様子。車の整備もここで行っている

  
一義さんは、店を始める前にアメリカにタイヤ市場の視察旅行に行った経験がある。現地で当時日本では流通していなかった中古タイヤが販売されているのを見て、「これだ!」とひらめいたそうだ。
 

5_タイヤ戸塚article
タイヤセンター戸塚は日本の中古タイヤ販売の先駆け的存在だ

 
「店を始めたばかりのころは、若者がたくさん来てたまり場のようになっていましたよ。“お金がないけれど車に乗りたい”という若者が多く、中古タイヤがよく売れたんです」
 
タイヤは新品のほうが安心安全なのは確かだが、中古でも十分というケースもたくさんある。値段との折り合いで、必要なものを買うのがベストなのは言うまでもない。たとえば、たまに近所に買い物に行く程度の人と山道をよく走る人では、つけるべきタイヤも変わってくるのだ。
 
今は、インターネットで買う人が多くなったというが、やはり信頼できる店で相談に乗ってもらいながらタイヤを選ぶほうが安心。というのも、タイヤは値段だけでは分からないことがたくさんあるのだ。“まだ替えなくて大丈夫”なのか、“すぐに替えた方がいい”のかは、タイヤの状態や普段どんな車の乗り方をしているかでも、最適なタイヤは変わってくる。
 

6_タイヤ戸塚article
「創業時は中古タイヤを2000本集めた」という一義さん

 
タイヤ販売とならんで、タイヤセンター戸塚のもう一つの目玉が「タイヤプリント」だ。 その名の通り、タイヤにプリントを施すもので、デザインは自由に選べる。車のショーなどで展示車のタイヤにプリントされたものを見たことがあるかもしれないが、タイヤセンター戸塚なら一般の車でも可能なのだ。
 

7_タイヤ戸塚article
黒い車にスタイリッシュなロゴ。おしゃれ!
 
8_タイヤ戸塚article
好きな文字をデザインしてくれる
 
9_タイヤ戸塚article
こんなかわいいタイヤにすることも可能!

 
「今から10年ほど前、国内に10台くらいしかなかったタイヤプリントの機械を導入しました。うちはおそらく日本で一番早く、この機械を使った店ですね」と和也さん。
タイヤプリントは、最初にデザインを決めて、タイヤ1本1本にプリントしていく。デザインの作成料は1万5000円(税別・以下同)で、一度作ればそのデザインは何度でも使える。タイヤにプリントするのは1本あたり5000円。
 
車好きのマニアがオリジナルタイヤを付けるほかに、一般の人でも車のおしゃれを楽しむこともできるのだそう。
 
車だけでなく、幼稚園などの遊具のタイヤにプリントするという使い方も。アイデア次第でいろいろと楽しめそうだ。
 

10_タイヤ戸塚article
PCでデザインデータを作成して、独自の機械でタイヤに図柄を吹き付けていく

 
 
タイヤが付いているものは何でもおまかせ! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索