検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

学ぶ学習塾

啓進塾 日吉校

  • 東急東横線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」から徒歩2分
  • ※ 受付時間 【月~土】11:00~19:00/【日・祝】10:30~16:00

中学受験専門の進学塾「啓進塾 日吉校」から難問を突き付けられた我々取材陣。挑戦するのは、小学3年生用と中学受験用の算数の問題。自信のある方もない方も、この機会にぜひ解いてみてほしい。

ココがイチオシ!

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

あなたは何問正解できる?
 
今も昔も、変わらず人気を集める「クイズ番組」。小学生用の問題が出題されることも珍しくない。そんなクイズ番組を視聴しながら、出演者に突き付けられる難問を制限時間内に解けたときの爽快感は格別だ。それがたとえ、小学生用の問題でも・・・。
 
ということで某日、小学生向けに出題される問題に挑戦することになった編集部・阿部と筆者(共に30代)。我こそはという方は、一緒に解いてみてほしい。
 

keisinjuku-article001
何問正解できるかな?

 
会場となったのは、東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」から徒歩2分の場所にある「啓進塾(けいしんじゅく) 日吉校」。
 
「金沢文庫校」「戸塚校」「たまプラーザ校」と合わせて横浜市内に4校を展開する中学受験専門の進学塾だ。とことん向き合って個人個人にあった指導をしてくれるなど、生徒を第一に考えた教育が最大の特徴である。
 

keisinjuku-article002
こちらが「啓進塾 日吉校」
 
keisinjuku-article003

ビルの屋上に掲げられた青い看板が目印

 
今回挑むのはいずれも算数の問題で、小学3年生用から5問、中学受験、いわゆる「お受験」で出題される問題から1問。先に言っておくが、小学生が解く問題とはいえハイレベルな問題ばかりである。
 
 
 
超難問にチャレンジ!
 
まずは、小学3年生用の問題に挑戦。メモ用紙とペンを準備して、レッツ
・シンキング!
 

keisinjuku-article004
算数に別れを告げて20年以上の2人

 
【問題1】

「次の筆算の□にあてはまる数を書きなさい」
 

keisinjuku-article005
(1)□2□+□5=168
 
keisinjuku-article006

(2)□7□−□5=124
 
keisinjuku-article007

(3)4□1−□8□=217

 
それではキニナル答え合わせタイム。解説してくれたのは、日吉校の教室長を務める高林範明(たかばやし・のりあき)先生。
 

keisinjuku-article008
算数を担当している高林先生

 
手始めの(1)は至って簡単で、単純にプラスするだけなので、「123+45=168」。よって正解はA1が1、A2が3、A3が4となる。続く(2)も    単純にマイナスするだけなので、B1に1、B2に9、B3に5を当てはめると「179−55=124」。
 
(3)は1の位から考えるのがベターで、「1−□=7」を成立させるためには、「11−4」という数字しかあてはまらない。よって、C3の□に入る数字は「4」。

次に10の位。何も考えずに導きだすと「9−8=1」だが、1の位を計算する際に10の位から「1」を借りているので、「9」に「1」をプラスした「10」というのが正解になる。つまり、C2の□に入る数字は「0」。
 
100の位は、10の位を計算する際にすでに「1」をマイナスしているので、「3−□=2」。よって、C1の□に入る数字は1。「401−184=217」というのが答えになる。
 

keisinjuku-article009
何問正解できたかな?

 
いかがだろうか? 単純にプラスやマイナスをするだけの(1)と(2)は比較的容易だったかもしれないが、(3)でつまずいた方もいるのでは? とはいえこの程度の問題は、標準的な学力の生徒に出題されるレベルということなので、正解できて当たり前である。
 
ちなみに、編集部・阿部は単純な計算ミスをして不正解・・・。
 

keisinjuku-article010
「ふ、普通に考えればできましたよ」と編集部・阿部

 
言い訳をする編集部・阿部は放っといて・・・次の問題、いっくよ〜!
 
【問題2】

「次のように、縦や横に並ぶかけ算の式があります。
□に1〜6の数を一つずつ入れて、式を成り立たせなさい」
 

keisinjuku-article011
制限時間は2問で5分
 
keisinjuku-article012

ヒントはなし!

 
はい、タイムアップ〜!
 
この問題は「1〜6の数字を“一つずつ”入れて」という点がポイントで、それぞれ組み合わせを考えていくだけ。
 
まずは(1)の解説から!
 
先に、縦のかけ算から考えていくことにしよう。「1」〜「6」の数字の中から、かけると「8」になるのは「2×4」と「4×2」の2パターン。同じように、「3」になるのは「1×3」と「3×1」の2パターン。そして「30」になるのは、「5×6」と「6×5」の2パターン。それぞれ2パターンずつしか導き出されないので、この時点で数字はかなり絞られる。
 

keisinjuku-article013
それぞれ2パターンずつ

 
続く横のかけ算は、縦のかけ算で導き出された「2と4」「1と3」「5と6」の数字の中から、それぞれ一つずつ使って「36」と「20」になるパターンを探すだけ。よって、まずは「2×3×6=36」という式が成立。残りの□には、縦のかけ算で使わなかった「4」「1」「5」をそれぞれ当てはめていく。
 

keisinjuku-article014
解答

 
(2)では、もう少しシンプルな考え方で答えを導き出してみよう。「1」〜「6」の数字の中から三つを使って「48」になるかけ算は、「2×4×6」の1パターンのみ。よって、上の□に入る数字を「2」と「4」と「6」に絞ることができる。
 

keisinjuku-article015
この時点では上のどの□に「2」「4」「6」が入るか分からない

 
あとは、先ほどの3個の数字をかけてそれぞれ「10」「12」「6」になる数字を導き出すだけ。「2×5」「4×3」「6×1」というかけ算が成立するので、下の□に入る数字は、左から「5」「3」「1」ということになる。
 

keisinjuku-article016
解答

 
小学3年生用の問題はこれにて終了。高林先生に答え合わせをしてもらったところ、編集部・阿部は2問中1問をミス。しっかりしてくれよ・・・30代。小学3年生の問題ですぜ?
 

keisinjuku-article017
苦笑いをしながら答え合わせをする高林先生
 
keisinjuku-article018

問題文をしっかり読まず、痛恨のミスをした編集部・阿部
 
keisinjuku-article019

筆者は全問正解で会心のドヤ。我ながらムカつく顔

 
 

「はまれぽ取材陣」 VS 「最難関中学の受験問題」! >>

基本情報

店名 啓進塾 日吉校
ケイシンジュク ヒヨシコウ
ジャンル 学習塾(中学受験専門)
住所 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-23-9
アクセス 東急東横線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」から徒歩2分
駐車場
TEL1 045-560-1119
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-561-4525
営業時間 ※ 受付時間
【月~土】11:00~19:00
【日・祝】10:30~16:00
定休日
URL https://www.keisin.com
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 啓進塾 日吉校
ケイシンジュク ヒヨシコウ
ジャンル 学習塾(中学受験専門)
住所 〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-23-9
アクセス 東急東横線、横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」から徒歩2分
駐車場
TEL1 045-560-1119
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-561-4525
営業時間 ※ 受付時間
【月~土】11:00~19:00
【日・祝】10:30~16:00
定休日
URL https://www.keisin.com
カード利用
個室