検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

住む建築・建設

横浜総合建設株式会社

  • JR「東戸塚駅」より徒歩10分
  • 横浜市戸塚区品濃町845-3
    • 営業時間:9:00~18:00
    • 定休日:日曜日、祝日

建築の「はじめの一歩」である「解体工事」を追求し続けて10年。2年連続神奈川県下ナンバーワンの受注件数を誇るまでに成長したのが「横浜総合建設株式会社」。施主の立場に立った施工で人気の同社の魅力に迫る

ココがイチオシ!

神奈川県で2年連続解体工事件数ナンバーワン!ユニークなマスコットキャラも魅力の横浜総合建設株式会社

 

2019年07月03日

桃太郎って「持ってる」なぁ。
 
て、思いません? 「鬼退治に行くぞ!」と決意したら、絶妙なタイミングで犬猿雉(キジ)に出会い、トントン拍子で仲間が増えていざ実行・・・なんてこと、リアルじゃそうそうありませんって!
 
と思ったら、リアルに桃太郎レベルのトントン拍子を発揮して、未経験業種で会社を起こし、10年で神奈川県内ナンバーワンにまで成長させちゃった人がいるとか。
 
そんなおとぎ話がリアルに!? それは伺うしかないでしょ!
 
 
 
「親しみやすい解体屋さん」を目指して「壊志郎」誕生!
 
お邪魔したのは横浜市戸塚区品濃町にある「横浜総合建設株式会社」。2年連続神奈川県下ナンバーワン、さらに関東エリアでもナンバーツーの受注件数を誇る解体工事会社だ。
 

ysk-article001
お邪魔しまーす

 
横浜市を中心に、東京都、神奈川県の全域におよぶエリアで、木造や鉄骨造、RC造などの構造や建物の大小を問わず、スピーディーで安全確実な取り壊しを請け負う。解体工事に限らず、土木工事、エクステリア、リフォーム、ハウスクリーニングからインテリア塗装まで、幅広く手掛けているのも特徴だ。
 

ysk-article002
不動産業界団体「全国住宅産業協会(全住協)」にも加盟

 
アウトソーシングや下請けなどは一切用いず、全て自社の経験豊富なスタッフと車両で対応するからこそ実現できるスピードと柔軟性、さらには取り壊し後の土地活用までを視野に入れたきめ細かい施工で広く支持されている。
 

ysk-article003
頼もしい重機がずらりラインアップ

 
「おかげさまで4月に10周年を迎えました」と、気さくな笑顔で迎えてくれたのは代表取締役の安西伸司(あんざい・しんじ)さん。
 

ysk-article004
その手にあるのは
 
ysk-article005
じゃーん

 
横浜総合建設のマスコットキャラクターである「壊志郎(こわしろう)」。スタッフのご家族の方お手製だという編みぐるみを手にご登場いただいた。
 
解体工事会社にマスコットキャラクターって珍しいような。尋ねてみると・・・
 
「そうかもしれませんね。“解体”というとどうしても“怖い”とか“いかつい”というようなイメージを持たれがちなので、親しみやすさを持ってもらえればという考えから誕生しました」と安西さん。
 

ysk-article006
確かに親しみやすい

 
数年前に公式ホームページをリニューアルした際に、制作を思い立ったというオリジナルキャラクターは、なんと社内公募でデザインを募って生まれたもの。
 

ysk-article007
ガールフレンドキャラもいたとかいないとか・・・

 
建機に取りつけ解体工事に利用されるアタッチメント大割機(クラッシャー)をモチーフとしたハサミつきの腕に、足元はキャタピラー、そしてロゴ入りヘルメット。社長の名付けによるという「壊志郎」のネーミングも含め、まさに横浜総合建設の事業内容を分かりやすく伝えている。
 

ysk-article008
今年3月には商標登録も完了
 
ysk-article009
マグカップや
 
ysk-article010
島ぞうり(ビーチサンダル)
 
ysk-article011
キャップなど

 
社内にさまざまなグッズがあるほか・・・
 

ysk-article012
看板や
 
ysk-article013
営業車

 
さらには重機にまでと、幅広い場で“解体”に親しみやすさを加えるべく活躍しているようだ。
 
 
 
縁と運で実現したトントン拍子の起業劇
 
さて、「親しみやすい解体屋さん」を目指すちょっと変わった解体業者「横浜総合建設株式会社」だが、実はその誕生までの経緯もちょっぴり変わっている。
 
「うちは営業スタッフのほとんどがもともと不動産業界の出身なんです」と安西さん。伺うと、社長自身ももともと不動産営業の分野で20年以上にわたって活躍してきたという。
 
土地を見つけて家を建てて、建売として販売してきたそうだ。
 

ysk-article014
なんと、社長は自ら間取り図まで描いてしまうデキる人なのだ!

 
家を「建てる人」だった安西さんが家を「壊す人」になり、県下ナンバーワンの実績を誇るまでになった経緯とは?
 
安西さんによると「知り合いの解体工事会社が建売部門を立ち上げるからと声をかけてもらったのが、解体業との最初の出会いになります」とのこと。
 

ysk-article015
ナンバーワンへの道も一歩から!

 
土地探しから企画、販売までを一手に引き受け、バンバン売って売りまくる営業力を買われてヘッドハントされた安西さん。しばらくは歩合制の営業スタッフとして同社の建売部門を支えたという。
 
しかしひと悶着あって、安西さんは同職を退くこととなる。
 
「ほかにも不動産営業としての引き合いはあったので仕事は続けることができていたのですが、そのうちに昔の先輩から『解体工事会社にいたんだったら、解体の見積もりも頼める?』と声をかけられて、とりあえず引き受けました」
 
「解体の見積もりなんてやったことないから、解体業をやっていた昔の同僚に相談。見積もりは無事依頼できたのですが、同時に『ついでに解体の営業もやってみない?』と・・・」
 

ysk-article016
「じゃ、やりましょう」と

 
不動産の営業と並行して解体業の営業も手がけることになった安西さん。2枚の名刺を手に飛びまわるうち、どんどん解体の受注が増えていったという。
 
「もともと不動産業者ですから、いろいろと聞きやすく頼みやすかったんじゃないでしょうか。いつの間にか片手間のはずだった解体の営業が、不動産の営業より多くなっていました」と安西さん。
 
「ちょうどその頃、そろそろ独立を・・・と考えていて、ひとつ解体一本でやってみようかと飛び込んだわけです」
 

ysk-article017
いよいよスタートラインに!

 
独立を決意した安西さんだが、この段階ではあるのは「決意」のみ。
 
解体業のノウハウもなければ、建設業の許可を得るための経験もなし。さらには、事務所開設のアテも何もない状態だったという。
 
「もちろん解体の現場については何も知らないわけですから、知り合いの職人に直接教えを請い、見積もりの出し方から何から必死で勉強しましたよ」
 
と、ここでいよいよ犬猿雉の登場だ。
 
「建設業で開業するためにはこの分野で10年以上の実務経験か5年以上の取締役経験が必要ですが、私にはそんな経験はありませんでした。と、ちょうどその頃知り合いの会社で、以前建設業を経営していたという経験者の方が退職する話を聞きつけて・・・。絶妙なタイミングに早速声をかけて、免許についてはクリアしました」
 

ysk-article018
第一関門、クリア!

 
「そんな話を土木工事のパートナーにしていたら、『開業するんなら事務所が必要じゃない!?』と、上星川の駅近事務所をオファーされました。これで事務所問題もクリア!」
 
さらに・・・
 
「そこに知り合いの測量屋さんから事務所を畳む話が出て、デスクや棚などの備品もそっくりそのまま譲ってもらえました」
 

ysk-article019
もしやこの机や棚も・・・?

 
って、これ何のおとぎ話ですか!?
 
「あとは経理ができる人間を探さなきゃというところで、たまたま昔の同級生と飲んでいたら、その娘さんが税理士の試験勉強中で、週に何日かなら手伝えるよと」
 

ysk-article020
ピンチも仲間が集えばチャンスに

 
これは・・・桃太郎並みの「持ってる」っぷりだ。
 
 
 
“縁”と“運”に導かれ、未経験の解体業で起業!
 
さて、人の縁に助けられ、トントン拍子で開業にこぎつけた安西さん。歩合制で社員のモチベーションを高め、営業成績も右肩上がり。業務多忙により人手が足りないと話すと「それでは手伝います」と、仲間も人づてに増えていったという。
 

ysk-article021
コンスタントに受注を増やしてきた

 
「人が増えて手狭になってきたからオフィスでも探そうかなんて思っていた矢先に、事務所に積み上げられていた資料の山が崩れ、目に付いたのは1枚の不動産情報でした」
 

ysk-article022
こちら

 
「東戸塚駅近くの借地。車もたっぷり置ける広さがあり、聞けば古いプレハブが残っているというので、『自分らでリフォームするから使っていいですか?』と、事務所にすることを思い立ったのです」
 

ysk-article023
ログハウス風にしたくて
 
ysk-article024
自らデザインも考えたそうだ

 
駅から歩いてすぐとは思えないほど、緑豊かなこの場所。ログハウス風の建屋は、古いプレハブをリフォームしたものだという。
 

ysk-article025
現在の「横浜総合建設株式会社」の誕生だ

 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 横浜総合建設株式会社
ヨコハマソウゴウケンセツ
ジャンル 工務店(解体専門)
住所 〒244-0801 横浜市戸塚区品濃町845-3
アクセス JR「東戸塚駅」より徒歩10分
駐車場
TEL1 045-383-9240
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-383-9241
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祝日
URL http://www.ysk-a.com
カード利用
個室

こちらもおすすめです

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

基本情報

店名 横浜総合建設株式会社
ヨコハマソウゴウケンセツ
ジャンル 工務店(解体専門)
住所 〒244-0801 横浜市戸塚区品濃町845-3
アクセス JR「東戸塚駅」より徒歩10分
駐車場
TEL1 045-383-9240
はまれぽを見たとお伝えください
TEL2
FAX 045-383-9241
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日、祝日
URL http://www.ysk-a.com
カード利用
個室

アクセスランキング