ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    のかさんに便乗して、酸辣湯麺に担々麺、辛い刀削麺とか、あと麻婆豆腐も豆板醤を使う赤系か山椒(花椒の場合あり)と胡椒を使用する黒系の麻婆豆腐とか、中華料理の辛いもの料理を是非とも特集して下さい。

    ナチュラルマンさん

    横浜市内だけでどのくらいの世界各国料理や世界各国地方料理が味わえる?中華街なら北京、上海、四川、広東、香港、台湾とか…。少なくとも屋台を含めて横浜市内ではインド、ネパール、パキスタン、トルコ、ロシア、...

    ナチュラルマンさん

    横浜駅周辺で美味しいサンラータン麺を食べれるところを探しています。中華街に行けば食べられるのでしょうが、是非発掘して来てください

    のかさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
15位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
18位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
19位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
20位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
23位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
24位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
27位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
28位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
29位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> イタリアン・フレンチ

da TAKASHIMA(ダ タカシマ)

イタリアの風を感じる大人の隠れ家で、本格的イタリアン。

最終更新日:2017年7月28日

080-4009-1449

イチオシサンプル画像

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

イタリアの街角の小さなレストランのような店が裏横浜に!? 自然体で味わえる絶品イタリアン「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」。大切な人たちとの時間が、きっと、もっと楽しくなる!

DATA
住所: 神奈川県横浜市西区高島2-10-28 2F
JR横浜駅東口より徒歩5分
営業時間: ランチ11:30~15:30(LO14:30)、ディナー18:00~23:00(LO22:00)
平均予算: 4,000円(通常平均)、 1,500円(ランチ平均)

イタリアンの気分を盛り上げる! 南イタリアを思わせる明るい空間
 
にぎやかな横浜駅西口側に比べると静かで落ち着いた雰囲気が漂う東口周辺。このあたりは、隠れ家的な意味を込めて“裏横”とも呼ばれている。
今回紹介する人気のイタリアン「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」は、そんなエリアにある。
 
横浜駅東口から5分ほど歩くと「da TAKASHIMA」に到着!
 

1datakashima_article
白い外壁が印象的な「da TAKASHIMA」の外観

 
2datakashima_article
2階がお店と伺い、階段を上っていく

 
3datakashima_article
1段1段にタイルが貼られていて綺麗!

 
一体、どんなお店なんだろうと、ドキドキしながら・・・

 

4datakashima_article
ドアを開けると・・・

 
5datakashima_article
思いのほか、広々とした明るい空間!

 
6-1,2datakashima_article
オブジェや花々、すべてが店の雰囲気を造り上げる素敵なエッセンスに

 
アーチ型の壁、ポップな色使いのオブジェが印象的で「わ~、イタリアだ!」と心が浮き立つ。

 

7datakashima_article
店長の佐々木さんにお話を伺うことに

 
店名の「da TAKASHIMA」は、ここの地名「高島」そのまま。地域密着の店にしたいという思いが込められている。

 
「お子さまからお年寄りまで、家族連れの方も来ていただける店にしたい!」と佐々木店長。
 
店の内装は、全て一から造り上げてきたもの。イタリアから直輸入したタイルやライト、オブジェが、店にイタリアの風を招き入れているかのよう。イタリアのなかでもシチリアにこだわっているという。
 

8datakashima_article
天井やアーチ型の壁はシチリアの建築法なのだそう

 
9datakashima_article
絵画にも、シチリアの風景が描かれている

 
10-1,2datakashima_article
タイルをあしらった床。いろんな雰囲気を楽しませてくれる

 
11datakashima_article
まるで絵画のような中庭を眺められる席・・・ロマンチック!

 
イタリア気分を存分に味わえる夢のような空間、女性人気が高そうだ。伺ってみると、やはり昼は女性客がほとんどだという。夜も7対3くらいの割合で女性が多いそうだ。
けれども、最近は家族で見える方もかなり増えてきており、土日は特に多いとか。
 

12datakashima_article
1階には家族や小グループで利用しやすい個室もある

 
 
素材の美味しさを生かす料理がテーブルに並ぶ!≫

 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索