ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コスモクロックは横浜を象徴する建物のひとつだと思います。市民としては『どんな時は消灯しているのか』『どんな風にメンテナンスするのか』『灯りの色が変わる時があるのか』くらいは 説明出来るようにしておきた...

    たかし君さん

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

浪漫亭 東白楽店

新鮮さがウリのジューシーな串焼きを存分に味わって!

最終更新日:2017年3月09日

045-423-9523

イチオシサンプル画像

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

大正ロマンをイメージした店内で、絶品の白レバーを片手にカンパイ! 備長炭で焼き上げた串焼きの味はもちろん、温かなスタッフの接客も人気のポイント

DATA
住所: 神奈川県横浜市神奈川区白楽4-13-2F
東急東横線「東白楽」駅 徒歩1分
営業時間: 17:00~翌3:00(L.O.2:00、ドリンクL.O.2:30)
平均予算: ~¥3999

駅から徒歩30秒! 毎日立ち寄りたくなる“近さ”も魅力
 
今日も1日、本当に忙しかった・・・。
そんなお疲れ気味の夜にこそ、欲しくなるのが気軽に立ち寄れる「行きつけの店」。
しかも帰り道の途中、自宅からほど近いのであればなお最高だ。
 
今回、降り立ったのは東急東横線の「東白楽駅」。

各駅停車しか止まらない小さな駅ながら、横浜駅から2駅という近さ、そして、少し歩けばJR横浜線の「東神奈川駅」を利用することもできるという便利さも手伝って、一人暮らしのサラリーマン・学生から、ファミリーまで、幅広い年齢層に人気の街だ。
 

1romantei_article
東白楽駅の東口を出ると、高架沿いに飲食店が並ぶ

 
そんな東白楽駅から徒歩わずか30秒、まさに駅の“目の前”に、知る人ぞ知る「リーズナブルなのに旨い!」焼鳥の名店があるという。

 

2romantei_article
むむっ! あの看板は・・・

 
3romantei_article
ちょっぴり味のある文字も印象的な「浪漫亭」の看板

 
4romantei_article
レトロな喫茶店のような佇まい

 
こちらの「串工房 浪漫亭」は、東白楽の駅前で20年近くも営業を続けている、まさに“地元の名店”的存在。備長炭で焼いた1本98円から注文できる絶品の串焼きと、お酒にピッタリの逸品料理を求め、常連客を中心に連日にぎわいを見せているという。

 

5-1,2romantei_article
おひとりさまでもくつろげるカウンター席と、仲間と楽しみたいテーブル席

 
店内インテリアのコンセプトはズバリ「大正ロマン」。壁には昔懐かしい広告のポスターや、アンティーク調の小物や家電製品が並び、串焼店というよりは、ナポリタンやケチャップライスを提供してくれるような「洋食店」といった雰囲気。

 

6romantei_article
壁のあちこちに懐かしのポスターが飾られている

 
焼鳥屋さんには見えないインテリアですね、という筆者の質問に答えてくれたのは、にこやかな笑顔がステキな店長の村上(むらかみ)さん。
 

7romantei_article
店長の村上さん。常連さんには「しんちゃん」と親しまれているのだとか

 
「レトロなポスターやインテリアは、社長の趣味でして・・・こういう“大正ロマン”を感じさせる空間を作りたいと集めたようです。アンティークな家電製品などは、実際に一般のご家庭で使われていたものだと聞いています」と話す村上さん。

 

8romantei_article
年代を感じさせる扇風機。「懐かしい!」と感じる人もいるのでは?

 
「焼鳥店というと男性客が中心というイメージを持たれるかもしれませんが、ウチはおひとりで来られる女性のお客様も結構いらっしゃいます。もしかしたら、こうした“らしくない”インテリアが、女性のお客様に好まれているのかもしれませんね」
 
 
 
朝〆の新鮮な鶏を味わってほしい!
 
もちろん「浪漫亭」のこだわりは店内インテリアだけではない。
 
お店の“顔”ともいえる串焼きは、村上さんいわく「鮮度にとことんこだわっている」という、朝〆の鶏を使用。産地にこだわることなく「その日一番新鮮で状態のよい鶏を仕入れ、一つひとつお店でカット、串刺ししている」のだという。

 

9romantei_article
仕入れた鶏を丁寧にさばき・・・

 
10romantei_article
すべての部位を1本1本手で串刺しにする

 
店長の村上さんは、開店の午後5時から閉店(午前3時)まで調理場に立っているため、昼からの仕込みまですべて行うのは難しい。そこで、活躍しているのがパートの女性スタッフだ(残念ながら顔写真はNG)。

村上さんも「私よりもずっと経験が長くて、いろいろと教えてもらっているくらい」と笑うほどの大ベテランがそろっているという。
 
・・・なるほど、浪漫亭の味は、こうして支えられているのですね。
 

11romantei_article
ていねいに串刺しされた新鮮な鶏を、注文を受けてから焼き始める

 
串焼きにはすべて備長炭を使用。「やはり火力がほかとは全然違います。外はしっかり、中はふっくらという絶妙な焼き加減が可能なのも備長炭ならではですよね」と話す村上さん。しかし、その“絶妙な焼き加減”を体得するまでには「かなり時間がかかった」という。

 

12romantei_article
火力や焼き加減を見て位置を入れ替える。簡単そうで難しい・・・

 
「実はこの店で働き始めてまだ6年くらいなんです」と笑う村上さん。それまでは飲食店で働いた経験もなく、もちろん焼き場に立ったこともなかったという。

 

13romantei_article
「赤塩」を振るタイミングや量も試行錯誤の末に体得

 
「僕が入店した時の店長はいわゆる職人気質の方で、“見て学べ”というスタンスだったので・・・いやぁ、大変でしたよ。やはり焼き加減ひとつで味も大きく変わりますから、最初は何から何まで試行錯誤の連続でしたね」と振り返る。

 

14romantei_article
レバー(左)と白レバーは臭みもなく「レバーが苦手」という人にも好評!

 
これまでの苦労も明るくサラッと話す村上さん。しかし、よくよくお話をお伺いすると、入店以来、これまで築き上げてきた人気の「味」を守るだけでなく、お客に愛される店にするためのさまざまな“改革”にも取り組んできたようだ。
 
 
味にこだわる!しかしそれだけでは終わらせない経営とは!?≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索