ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎市幸区ラゾーナの提携駐車場に出汁の自動販売機が有ります。何でこんなところに??そしてその味は???

    しっちょんさん

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
4位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
5位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
6位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
7位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
8位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
9位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
10位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
13位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
14位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
15位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
19位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
20位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
21位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
22位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月21日~9月27日)
27位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
28位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
29位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
30位
【ニュース】ジャズの生演奏やサンバが楽しめる「野毛ジャズde秋祭り2017」開催!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 内科

陽和クリニック

食事や運動、さらに血圧に注意して指導するという非常にオーソドックスな、安心できるやり方を推奨します

最終更新日:2017年5月08日

045-681-5117

イチオシサンプル画像

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

多くの人が行き交う中華街で、親子2代にわたり開業医を営んでいる陽和クリニック。ちょっとした体調の異変など気軽に相談できる身近な体の専門家である。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区山下町185
みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩2分 JR京浜東北線「石川町駅」より徒歩11分
営業時間: 月・水・金/9:00~ 14:00~、火・土/14:00~、木・日祝/休診

中華街のお医者さん
 
みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口を出て、朝陽門から歩いてごくわずか。目の前に見えてくるのは陽和クリニックの青い建物である。
 

miyashita_article1
元町・中華街駅から歩いてわずかの場所に
 
miyashita_article2
陽和クリニックがある

 
陽和クリニックは内科の医院。多くの人が行き交うこの繁華街で、40年ほど前から開業している。稲村恒明(いなむら・つねあき)院長は2代目。先代の院長である父親の跡を継いで、もう10年になる。冷静で落ち着いた口調の、いかにも頼りになりそうなお医者さんである。
 
「ここはみなとみらい線ができて人通りが増えましたね。私はこの付近で生まれ育ちました。父は内科医で、私も内科を引き継いでいます」
 

miyashita_article3
稲村恒明院長
 

説明する稲村院長。「実は父は大学では外科を専攻していましたが、外科ではなかなか開業ができないんです」などと医者の裏話を聞かせてくれる。
 
「現在、医学は非常に専門化が進んでいます。こうなると、すべての分野に強いということは現実問題、難しくなるでしょうね。やはり自分の専門をしっかり決めて勉強しないと、多くの分野に手を出してもどれも表面的で浅く、虻蜂(あぶはち)取らずの結果になりかねないのではと思います」
 
「昨今では“総合内科”という科もできましたが、実際問題なかなか難しいのでは・・・」と稲村院長。時代の流れを感じつつ、目の前の患者さん一人ひとりに対処しているようである。
 
 
 
専門は糖尿病
 
稲村院長には兄と姉が一人ずつで、医師を継いだのはご本人と兄上。兄上は非常に優秀な人物で大学でも将来を嘱望されたようだが、残念ながら早世された。
稲村院長自身、医師になることは自然の成り行きだったというが、「ほかの世界を知らないので・・・(苦笑)」という理由もあったという。
 

miyashita_article4
明るい待合室

 
そういう稲村院長の専門は糖尿病。訪れる患者さんも3割が糖尿病であるとのこと。
 
「糖尿病は主治医が10人いたら治療法も10通りと呼ばれるほど、治療方針もさまざまな病気です。その患者さんのどこに注目するかで、治療にも違いが出てくるわけです」
 
そういう稲村院長は食事や運動、さらに血圧に注意して指導するという非常にオーソドックスな、安心できるやり方をとっている。
 
「たとえば新しく糖尿病の患者さんがこられたとして、前の主治医の先生の治療方針を尊重し、当初は踏襲しますが、(こうした方がいいのでは・・・)という部分があれば、それは改善します」
 

miyashita_article5
随所に清潔感が漂っている

 
元の主治医のやり方を尊重しつつ、患者さんのためによりよい治療法を提案する稲村院長。決して奇を衒(てら)わず、誰もが納得できる診療を続けていることが、地元での高い評価につながっているのであろう。
 
 
 
極端な健康法は要注意
 
昨今は日々の食事に関して、さまざまな人が意見を述べている。体の専門家である医師の中でも“一日一食”を標榜する人物が人気を集めるなど、素人には戸惑うことが多い。
こうした風潮に対して、稲村院長は極端な健康法には警鐘を鳴らす。
 
「さまざまな意見があると思いますが、糖尿病の専門家として意見を述べますと常識からあまり極端に離れた食事法は推奨できません。たとえば、一日一食ですと始めてすぐのころは良い結果が得られても、長期的には別の疾患の原因となる可能性があります」
 

miyashita_article6
極端な健康法はいけません、と稲村院長

 
朝食は是か非か、という議論もあるが、稲村院長は

「少なめに食べた方が血糖値の関係から言えば肉体にはよい」
という考え方だそうである。
 
「それから当たり前ですが、お酒はほどほどに。肝臓の負担を考えて、一日おき以上に“休肝日”を設けることをお勧めします。そして、煙草はぜひともやめてください。煙草を吸うと心臓を若くしてやられます。喉頭ガンにもなれば脳梗塞にもなります。これらは煙草によってリスクが高くなります」
 

miyashita_article7
煙草の危険性を語る稲村院長

 
煙草の唯一のメリットは“太らない”ことだそう。
「煙草を吸うと食事がまずくなるんです。煙草をやめると『食べ物ってこんなにおいしかったのか!』と感じるようになってたくさん食べ、太るケースがよくあります」
 
かつては「禁煙外来」で多くの人を煙草をやめさせていた稲村院長は、やはり煙草に手厳しい。
 
 
稲村院長が必ず守ってほしいこととは!?・・・キニナル続きは次ページ≫ 
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索