検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

病院・薬局内科

陽和クリニック

  • みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩2分 JR京浜東北線「石川町駅」より徒歩11分
  • 月・水・金/9:00~ 14:00~、火・土/14:00~、木・日祝/休診

多くの人が行き交う中華街で、親子2代にわたり開業医を営んでいる陽和クリニック。ちょっとした体調の異変など気軽に相談できる身近な体の専門家である。

糖尿病について

糖尿病ってどんな病気?
 
私たちが食事を摂ることで得られる、大事なエネルギー源のブドウ糖。
このブドウ糖は、すい臓で分泌されるインスリンの働きによって細胞内へ吸収されます。
ところが何かの理由によってこのインスリンが分泌されなかったり、働きが悪くなってしまうと、血液中にブドウ糖があふれてしまいますこれがいわゆる「高血糖」で、ある基準を上回ると糖尿病と診断されます
糖尿病は高血糖が原因となり、様々な合併症を起こします。

m02_img02

 

糖尿病には大きく2種類あります
 
○1型糖尿病
アレルギーによって急にインスリンが分泌されなくなるのが1型糖尿病。

突然発症し、予測のできない病気です。若い年齢で発症することがほとんどです。
治療にはインスリン注射は必須になります。

○2型糖尿病
体質やカロリー過多、運動不足、ストレス、肥満などが原因で、
インスリンの分泌量が減ったり、働きが悪化することで発症するのが2型糖尿病です。
中高年に多いですが、若年化が進んでいます。普段の生活習慣改善が治療の第一歩です。
状態によっては、薬物治療がすぐに必要になる場合があります。
患者さま一人一人にあわせた治療法が重要です。 
 
糖尿病を放っておく危険性
2型糖尿病は自覚症状のない病気なので、健康診断や特定健診に引っかかって精密な検査を受ける方がほとんどです。健診を定期的に受けない方は、悪化を野放しにしてしまい、重い状態で糖尿病が発覚するケースもあります。そうならないためにも、少しでも気になることがあれば採血・尿検査を受けることをお奨めします。
お気軽にお問い合わせください。

また糖尿病は遺伝すると言われています。
ご両親が糖尿病の方は、特に早めに検査を受けてください。

 m02_img04

 

糖尿病を治療する3つの柱

①食事療法
専門の栄養士を紹介しますので、栄養士指導の元、適切な食事療法を行っていただきます。
あれも食べちゃいけない、これも食べちゃいけない、といった精神的ストレスにならないよう、できるだけ過度な制限は行いません。これまで食べていた好きな食べ物を適切な量に減量して頂く事が必要です。
 
②運動療法
患者さまの自主性に頼るところが大きいのがこの運動療法です。
簡単に言えば「なるべく体を動かす」という意識を持つことになります。
ちょっと歩く量を増やすだけでもだいぶ違ってきます。
一駅分歩く、エスカレーターでなく階段を使う、タクシーではなく徒歩で移動する、といった普段からの意識で大きく改善されていきます。
 
③薬物療法
基本的には上記2つの療法ですが、血糖値が改善されない場合は薬物での治療を行います。

但し、1型糖尿病の方にはインスリン注射は必須となります。
 

一般内科について

風邪
 
風邪は最も身近にある病気ですが、軽視は禁物です。
放置して長引かせてしまうと、健康や仕事や周囲に思わぬ悪影響を及ぼすことも。
風邪かなと思ったら内科に診てもらって、早く治しましょう。
発熱・頭痛・のどの痛み・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳・たんなど。
風邪の諸症状を感じたら、今すぐ当院へ。

m03_img02
 
○お勧めの風邪予防
 
●ビタミンやタンパク質を積極的に摂取する
●睡眠時間を十分とる
●水分を多めにとる
●こまめに手を洗う
●温かいものを食べる
●うがい薬でうがいする
●加湿器を置く
●人の多い場所を避ける
●マスクをする
 
腹痛
 
腹痛には大きく分けて、内臓痛と体性痛の2種類があります。
 
○内臓痛とは……

消化管の異常によって起こる腹痛。
腹部の中央線上やその近辺に、周期的に鈍痛を感じることが多く、吐き気や冷や汗といった症状をともなうことがあります。
 
一時的な対処法は鎮痛剤。
鎮痛剤が効かないときや激しい痛みを感じるときは、他の病気の可能性もあるので、必ず内科医の診察を受けましょう。

m03_img03
 
○体性痛とは……
腸と腸との間にある膜などに分布している知覚神経が刺激されて起こる腹痛。
局所的に痛むので、はっきりと「この部分が痛い」と分かるのが特徴。
 
虫垂炎(もう腸)の痛みも体性痛です。
内臓痛と違い鎮静剤だけでは対処できません。
必ず病院へ行き、適切な治療を行いましょう。

m03_img04
 
湿疹(皮膚炎)
 
皮膚にぼつぼつができてかゆくなったりただれたりする病気を、湿疹もしくは皮膚炎といいます。
何かに触れた刺激で起こるアレルギー性のものや、遺伝によって起こるものなど、皮膚炎には様々な原因が考えられます。

m03_img05

生活習慣病について

生活習慣病とは
 
普段の生活習慣の積み重ねによって大きな病気になる
ことからこの名がつきました。
また生活習慣病の怖いところは、ひとつひとつの症状が軽症でも、いくつもの病気が重なって発症する(合併症)ことが多い点です。
合併症がさらなるひどい病気、心臓病や脳卒中を引き起こす危険性もあります。
生活習慣病は、基本的には「食事療法」や「運動療法」によって改善することができます。
これらの自然療法では対処しきれないもの、遺伝的なものについては「薬物療法」などを行います。

m06_img02
 
○生活習慣病には以下のような病気が挙げられます。
・脳出血 ・脳卒中 ・虚血性心疾患 ・脳梗塞
・高血圧 ・心筋梗塞 ・慢性気管支炎 ・肺気腫
・動脈硬化症 ・痛風 ・肥満症 ・アルコール性肝炎
・糖尿病 ・高脂血症 ・高尿酸血症 ・メタボリック症候群
 
この他にも生活習慣病には多くの種類があります。
 
死因の3分の2は生活習慣病
 
長寿大国とも呼ばれていた日本の食事は近年、バランスが悪くなり、時間も不規則、
現在多くの方が生活習慣病に悩まされているのが現状です。
今では生活習慣病で亡くなる日本人は全体の約3分の2にもなります。
また生活習慣病の中の「高脂血症」「糖尿病」「高血圧」「内臓肥満」は、「サイレトキラー」とも呼ばれています発症していたとしても、自覚症状がほとんどありません。その結果、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞となって、突然死にいたることもあるのです。

m06_img03

 
幸い生活習慣病の多くは、初期のうちならば、私たち自身が食生活や日常の習慣などを見直すことで、自力で予防したり症状を改善することができます。
医師による正確な診断を受けて、適切な治療を実践するようにしましょう。

 

健康診断について

健康診断(社員健診・就職前健診)
 
健康診断の意義とメリット
疾病の多くは急に発症するのではなく、じわじわと進行します。
「気がついたときには手遅れだった」ということのないように行うのが、健康診断の意義です。
それは「治療」ではなく「予防」
見つかるのが早ければ早いほど、完治までに時間はかからないですし、後遺症もないでしょうし、費用的にも安く済みます。
メリットはたくさんあるので、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

m04_img02

 
 健康診断の種類
 
「義務」と「任意」の大きく2種類があります。
 
○義務
学校の職員や生徒、公務員、労働者に対して義務づけられた健康診断
結果を個人にフィードバックし自主的な健康管理を促すのが主の目的。
結果から踏まえて学校や職場環境の改善を図る目的もあります。
 
○任意
市区町村などの自治体で行う検診や「人間ドック」が挙げられます。
受けるかどうかは個人の意思に依ります
 
健康診断と人間ドックの違い
 
大きな違いは「どれだけ精密に細かく検査するか」です。
人間ドックのほうがより細かく体を調べます私たちのまわりにはおよそ8,000の病気が存在し、健康診断で発見できる病気はそのうちの1,000種類ほどといわれます。一方の人間ドックでは5,000。ただし人間ドックは健康保険が使えないため、全額自己負担になります。

 m04_img03
 
社員健診・就職前検診、お任せください
 
当院では社員健診や就職前健診を実施しています。
まずはお電話にてご相談ください

 

 

 

 

 

基本情報

店名 陽和クリニック
ヨウワクリニック
ジャンル 内科
住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」1出口より徒歩2分 「日本大通り駅」3出口より徒歩8分
JR京浜東北線「石川町駅」北口出口より徒歩約11分
駐車場
TEL1 045-681-5117
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 月・水・金/9:00~12:00 14:00~17:00
火・土/14:00~17:00
定休日 木・日祝
URL http://www.yowaclinic.jp/
カード利用
個室
  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 陽和クリニック
ヨウワクリニック
ジャンル 内科
住所 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」1出口より徒歩2分 「日本大通り駅」3出口より徒歩8分
JR京浜東北線「石川町駅」北口出口より徒歩約11分
駐車場
TEL1 045-681-5117
「はまれぽを見て」とお伝えください。
TEL2
FAX
営業時間 月・水・金/9:00~12:00 14:00~17:00
火・土/14:00~17:00
定休日 木・日祝
URL http://www.yowaclinic.jp/
カード利用
個室