ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎縦貫道と大師線の地下化、2つの計画の内のどちらかが実現すると川崎市内から羽田空港やアクアラインへの所要時間が大幅に短縮されると思うのですがどちらも進展が見えません。限りある予算で市内の交通状況を良...

    ユースケさん

    近くのスーパーにマリノスのポイントカードが販売されています将来プレミアがつく可能性あったりするかもしれませんがこうしたカードで一番高かったカードぱいくらぐらいですかまた マリノスでぱ どれだけの広告収...

    ほっとさん

    横浜に いろんな広告のバスが走ってますよねどんなものあるのか知りたいし 珍広告載せていたりしていたら それも゜見てみたい調査お願いします

    ほっとさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 和食

登良屋(とらや)

関内の隠れた名店、天ぷら・肴「登良屋」。ここでしか味わえない絶品天ぷらを召し上がれ。

最終更新日:2017年5月29日

045-251-2271

イチオシサンプル画像

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

世代を超えて愛される、関内の天ぷら屋さん。天ぷら屋さんなのに刺身もうまい。岩井の胡麻油でカラッと揚がった、旬の食材の天ぷらは絶品。ここでしか味わえない天ぷら屋さんの天ぷら。ぜひ足を運んでみて下さい。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区吉田町2-3
横浜市営地下鉄ブルーライン・関内駅 徒歩2分/JR根岸線(京浜東北線)・関内駅 徒歩3分
営業時間: 11:00~21:00(L.O.20:30)※ランチ・タイム 11:00~16:00
平均予算: ランチ ~1999円/ディナー ~7999円

ゴマ油の香ばしさに誘われて
 
イセザキ・モールの路地裏を歩いていると、ゴマ油の香ばしい匂いがするところがあるよね・・・そうそう、「野毛おでん」の隣・・・そんな話をしたり聞いたりしたことはないだろうか。今回イチオシしたいお店こそが、そのいい匂いのする、天ぷら・肴の「登良屋(とらや)」である。
 

001toraya_article
店へのアプローチは、イセザキ・モールから
 
003toraya_article
富士そばと、カレー&カレーパンの店「天馬」の間の路地を奥へ
 
005toraya_article
歴史を感じる店構えの登良屋

 
辻に面して瓦庇(かわらびさし)にのれんのかかる立派な玄関が目に入るが、
 

007toraya_article
店の入り口はこちら

 
すりガラスで店内の様子はわからないが、早速おじゃましてみよう。
 

009toraya_article
店内はカウンターとテーブル席があり、さらに奥に座敷席がある
 
011toraya_article
座敷席は座卓タイプと
 
013toraya_article
椅子に腰かけるテーブルタイプがある
 

登良屋は1958(昭和33)年創業。増築などは加えられているが、創業以来この場所この建物で営業を続けている。
 

015toraya_article
店主の荒井浩(あらい・ひろし)さんは2代目

 
店名の由来は、荒井さんの祖父の名「登良吉」によるそう。登良屋を創業した荒井さんの父は牛鍋屋の老舗「荒井屋」(創業1895<明治28>年)の三男だった。
 
「戦時中、長男も次男も出兵していたので父が荒井屋で働いていたのですが、終戦後に兄たちが復員してきたので 、独立したんです。同業だと商売の邪魔をしてしまうので向こうが肉ならこちらは魚ということで、天ぷら屋をはじめました」と荒井さん。
 

017toraya_article
赤ん坊の時は店の隅に寝かされて育ったという荒井さん

 
荒井さんの母は三重県のカツオ漁師の網元の娘。確かな目利きと中途半端なものは出せないというプライドで、材料は天然物しか扱わない。天ぷら屋さんながら刺身も美味しい、というか看板にも「天ぷら・肴」と掲げられている理由もそこにあった。
 
荒井さん自身は、もとは店を継ぐつもりはなく獣医を目指して進学した後は会社勤めも経験した。だが、会社勤め
に限界を感じ、遠回りをしたものの家業を継ぐことに。その際、父から「遊んできても構わないから」と1年間大阪へ修行に出されたそう。「食い倒れ」といわれる食の高い文化を誇る大阪で腕を磨いた荒井さん。上方と江戸前、さらに母譲りの近畿の味の融合が登良屋の魅力である。
 
 
 
登良屋自慢の天ぷらと肴
 
登良屋のメニューには値段が書かれていない。その理由を荒井さんはこう説明する。
 
「うちを接待で使う時に、値段が書かれていたら接待される側は気を遣ってしまって本当に食べたいものを頼めないでしょう。寿司屋だって値段は書いてないし。それに、来てくれるのは常連さんが多いから、みんな値段はわかってるんだよね」
 

019toraya_article
接待や常連客でない場合は値段を丁寧に説明してもらえるのでご安心を

 
登良屋の常連客は先代から世代を超えて通う人も少なくない。地元生まれ地元育ちの荒井さんを昔からよく知っている人も多いし、子どもや孫を連れて通う常連客もいるという。
 
「でも最近はインターネットの普及で新規の若いお客さんも多いね。昔は情報もないし、すりガラスで中の様子はわからないし、入り口は2つあるし、入りづらかったかもしれないね」と荒井さん。
 
確かに、もうひとつの入り口
は使われていないようだが、あれは一体?
 

021toraya_article
こちらは一度も入り口として使われたことはないらしい

 
実はかつて、その形状と位置関係からあの場所が付近のごみ置き場にされてしまっていたそうだ。荒井さんは言う
 
「ごみを置かないでくれっていうのも悪いから玄関を作ったんだよ。人の家の玄関先ならごみを出したりしないだろうから。大工さんが張り切っちゃってやたら立派になってしまったけど」
 

023toraya_article
というわけで、入り口は昔からこちらだけ

 
少し話はそれたが、登良屋のメニューを改めて。
まずはお造りを見せていただく。
 

025toraya_article
刺身の代表はやはりカツオ
 
027toraya_article
季節ごとに良いものが揚がる産地は変わるという
 
029toraya_article
そして特徴はその見たこともない独特の盛り付け
 
031toraya_article
ドンとそびえ立つカツオ

 
ぴんぴんとした切り口が強調され、鮮度とうま味を食べる前から予想させる。
この盛り方は、母から伝えられたもの。三重のカツオ漁師の盛り方なのではという。口に入れるとねっとりした赤身が香り高い。刺身の下のツマまで美味しい。

 

033toraya_article
たっぷりの生姜とネギでいただきます

 
魚介類は季節や天候でメニューが変動するが、共通するのは天然物であるということ。こんなに刺身が美味しいのだから、天ぷらも美味しいに決まっている。さあ、天ぷらへの期待が高まる。
 
 
いよいよ絶品の天ぷらを実食! ≫
 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索