ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

    明日10/18から、「タダうま」キャンペーンでタダで、横浜の有名店のお料理を届けてくれるらしいのが、とっても気になります!おやじギャグっぽいのに一度聞いたら忘れられない「タダうま」のネーミングの由来も...

    はまれおんさん

    11/1蒙古タンメン中本横浜店がオープンします!超楽しみです!ついに北極ラーメンがよこはまでたべられる!!

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 和食

じゃのめや

「ああ! 美味しいお肉が食べたい」そんな思いを叶えます。選び抜かれた牛肉を牛鍋・しゃぶしゃぶで

最終更新日:2017年3月21日

045-251-0832

イチオシサンプル画像

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

創業明治23年の牛鍋・しゃぶしゃぶの店「じゃのめや」。120年以上も愛されてきたのは理由がある。鉄鍋の中でグツグツと湯気を上げる牛肉は、ひと口ほおばれば、誰でも驚くほどの旨味とやわらかさが楽しめる。

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
JR根岸線関内駅より徒歩12分
営業時間: 火~金:17:00~21:15(L.O) 土日祝:12:00~21:00(L.O)

牛鍋の老舗じゃのめやは、JR・横浜市営地下鉄関内駅を降りてすぐ、イセザキ・モールをまっすぐ進んだ先にある。
 

001janome_article
イセザキ・モールの中にある「じゃのめや」

 
こちらの入り口から入ると、店内にはテーブル席が並んでいる。
 
さらにイセザキ・モールを先に進み、
右に曲がると個室で座敷席がある店内への入り口となっている。
 

002janome_article
老舗「じゃのめや」の入り口
 
003janome_article
老舗の料理にワクワク・・・

 
 
 
明治時代から、なぜ牛鍋なの?
 
はじめに、お店の歴史や食材へのこだわり、現在のメニューなどのお話を伺うために、じゃのめや代表取締役、山崎謙吉(やまざき・けんきち)(※謙吉の「吉」は下が長い)さんにインタビュー。
 

004janome_article
なんと、じゃのめやの5代目!

 
じゃのめやの創業は1893(明治26)年。120年以上も前から続くというから驚きだ。
創業以来、ずっとこの伊勢佐木町でやっているという、まさに横浜の老舗中の老舗。これほど長い間、お客さんから愛され続ける理由がキニナルところ。
 

005janome_article
1926(大正15)年のじゃのめや

 
創業当時から「牛鍋」というメニューは変わらないそう。
なぜ牛鍋なのか? その理由は日本の開国と関わりがあるという。
 
日本は、江戸時代の長い鎖国を経て、1800年代に開国への道を進む。そして、さまざまな外国文化が一気に日本に入ってくることになる。その歴史的流れの中で、1859(安政6)年に横浜港が開港する。
 
「牛肉を食べる」という食文化も、この時期に日本に入ってきたと言われている。
じゃのめや初代の山崎繁太郎(やまざき・しげたろう)氏は、父の彦三郎(ひこさぶろう)氏と一緒に「にぎやかになった横浜で、一旗揚げよう」と千葉からやって来たという。
 

006janome_article
初代の山崎繁太郎氏

 
そこで、流行し始めたばかりの牛肉を使った料理「牛鍋」を屋台で提供していたという。その後に繁太郎氏が伊勢佐木町の地にお店を構えることになる。
 
「じゃのめや(蛇の目屋)」という店名も少々珍しい感じがするが、その由来は「諸説ある」そう。
 
山崎さんいわく「創業の年が蛇年だった、という説もあるし、当時軒先に置いてあった蛇の目傘が目印となって、それを見た人が『蛇の目のあそこに行ってみよう』と言われたのがきっかけ、という説もあります」とのこと。
 

007janome_article
大正時代のじゃのめや店内。テーブルの中央に鍋がはめ込まれている

 
現在でも、何代にもわたりお店に食べに来るという常連さんが多いそう。
山崎さんは「老舗なので、いつ来ていただいても同じクオリティを保つ必要はあるし、急な変化はいけないと思っている」としながらも「新しいお客さんにもたくさん来てもらいたいので、伝統を大切にしながら新たな展開も考えていきたい」と話してくれた。
 
 
 
落ち着いた雰囲気の店内で料理を楽しむ
 
じゃのめやにはいくつかの個室があり、2名から50名まで利用することができるそう。
 

008janome_article
個室へと続く店内の廊下
 
009janome_article
きれいな畳が心地よい個室

 
平日は会社帰りのお客さんが多いが、週末は家族連れでにぎわうそう。
個室でゆっくりと食事ができるので、お祝いの席での利用にもぴったりだ。
 

010janome_article
少人数から個室が利用できるのも嬉しい

 
テーブルと椅子席もある。こちらは個室ではないが仕切りがあるので、ゆったりとした雰囲気で食事ができる。
 

011janome_article
お得なランチ(1200~1600円(税込))は日曜日限定!

 
ランチタイムは、テーブル席のみの利用となっている。
ランチは数量限定となっていて、場合によっては提供できないという場合もあるそう。
前日の夕方までにホームページまたはFacebookページにランチの案内が掲載されるので、行く前にチェックが必要だ。
 
 
 
牛肉のレベルの高さに自信あり。その理由は・・・?
 
「うちの牛肉は絶対に美味しいと思うよ」と穏やかな雰囲気ながら、きっぱりと言い切る山崎さん。
 
最近では肉の格付けといえば、「A5ランクのお肉が美味しいらしい」というのは多くの人が知っているところ。
 
しかし、じゃのめやでは「A5ランクなのは当たり前で、それ以外にも点数での階級(最高値は12点)があって、その点数も高いものに限定して仕入れている」とのこと。
 

012janome_article
「A5ランクで10点以上のものしか仕入れない」ときっぱり

 
点数は、脂の質や霜降りの入り具合などで、決まるという。
 
さらに、じゃのめやのこだわりのすごさは「A5ランク10点以上」の牛肉ならそのまま仕入れるか、と言ったらそうとも限らない、というところにある。
 
「A5ランクで基本は11点以上の牛肉を卸業者に持ってきてもらって、肉の質や色、脂の質などを見極めた上で仕入れるかどうか決める」という。
 
その「肉の仕入れ」の目利きという重責を担っているのが、この道30年で「じゃのめやの肉マイスター」と呼ばれる山賀陽一(やまが・よういち)さん。
 

013janome_article
中学2年生の時から厨房に出入りしていたそう!

 
山賀さんは、じゃのめやの肉の仕入れから管理、カットなどを一貫して任されているという。
 
「ランクや点数が高くても、脂の質などがうちの店の求めるレベルに合わなければ仕入れない」と話す山賀さん。
お父さんの代からじゃのめやの肉の仕入れを担当していたのだという。
 
「繁忙期などは、中学生のころから厨房に入って手伝っていた」そうだ。
自分の父親に多くのことを学びながら、実際に最高級といわれる牛肉を何十年も見てきた山賀さんだからこそ、見極められる品質があり、それがじゃのめやの基準となっているのだ。
 
実際に今お店にある牛肉をみせてもらうことに。
それが、こちら!
 

014janome_article
ゴクリ・・・

 
写真は宮城県仙台市の黒毛和牛。
「やはり牛鍋には、霜降りの牛肉が適している」と山賀さん。煮てから食べても十分に柔らかく、脂の溶け具合がちょうど良いので、美味しく食べることができるのだそう。
 
 
 
口の中でほどける・・・!? いよいよ牛鍋の登場です! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索