ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅の西口ターミナルには田沢湖行きのバス停があります。高速バスは東口側から出ていると思いますが、何故西口から出ているのでしょうか?また、田沢湖行きなのもキニナリます。

    キンタさん

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

    11月4日に日産スタジアム初のラグビーの代表戦が開催されます。その際の周囲の盛り上がりや、また地下鉄のスタンプラリーの様子など、是非、取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
4位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
8位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
9位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
10位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
17位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
20位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月21日~9月27日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
【ニュース】ジャズの生演奏やサンバが楽しめる「野毛ジャズde秋祭り2017」開催!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 企業

八千代ポートリー

卵LOVEなら必見! YouTubeで話題の卵工場にて、世界がうらやむ「クールジャパン」を再発見

最終更新日:2017年5月29日

045-843-5105

イチオシサンプル画像

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

外務省発信の動画で海外の話題を集めている日本の卵工場。「そもそも何をするところ?」の疑問を抱え、横浜市港南区の「八千代ポートリー」に潜入してみた。卵料理が食べたくなることウケアイの調査報告は必読だ。

DATA
住所: 神奈川県横浜市港南区港南3-5-21
横浜市営地下鉄ブルーライン港南中央駅より徒歩5分
営業時間: 9:00~6:00

ご存じ動画投稿サイト「YouTube」に、外務省が主催するサイト「Web Japan」が投稿した1本の動画が、世界中の話題を呼んでいる。2013(平成25)年1月に公開されて以来、動画視聴回数は20万回を軽く超え、現在でも各国からのアクセスが絶えない。
 
日本の文化、観光、社会、歴史、自然などを世界に伝える「Web Japan」が、この動画で紹介している内容は、とある卵工場のオペレーション。ロボットを使ってオートメーション化された工程だ。
 

001_yachiyo_article
日本人である我々が視聴しても興味を惹かれる内容だが・・・

 
Wow…(わぉ・・・)
 
Amazing!(「びっくり!」)
 
Impressive!! (「感動的!!」)
 
さらには
 
Eggcellent!!!(「卵だけにタマげた!!!【超訳】」)
 
と、海外の反応はさらに熱い。
 
そんな動画と同様、あるいはそれ以上の驚きに満ちた卵工場が、われらが横浜にもあるという。国内最新鋭の設備を誇る、横浜市港南区の「八千代ポートリー」だ。
 
 
 
この地で87年続く鶏卵販売会社
 
「八千代ポートリー」があるのは横浜市営地下鉄ブルーライン「港南中央」駅より歩いてすぐの場所。港南区役所や警察署、消防署などが集まる駅前は、車や人の往来も多いが、少し歩くと静かな住宅街に。
 

002_yachiyo_article
ここでパックの卵が製造されているとはとても思えない場所だ

 
「創始者の笠原利八(かさはら・りはち)とその妻・千代(ちよ)がこの場所に養鶏場を設立した1929(昭和4)年には、周辺で暮らしていたのはたったの19世帯。そのほとんどが鶏を飼って卵を出荷する、養鶏業を営んでいたそうです」とは、経営企画部の堀田雅史(ほった・まさし)さんのお話。
 

003_yachiyo_article
「利八」と「千代」で「八千代」なんです
 

 
現況からは想像も難しいが、以前はのどかな風景が広がっていたらしい。笠原夫妻は戦時中も日本海軍の指定業者として養鶏業を維持してきた。その後、周辺人口が爆発的に増えた1970(昭和45)年に、臭気や騒音などの問題を受けて、生産農場を千葉県君津市に移転。1979(昭和54)年からは生産農場を「横浜ファーム」、販売部門を「八千代ポートリー」として役割分担し、現在に至るというわけだ。
 

004_yachiyo_article
二代目節夫(せつお)氏(左)と三代目政利(まさとし)氏

 
現在、「横浜ファーム」では千葉県君津市と茨城県下妻市に2つの直営農場を運営。そのほかにも関東圏はもちろん、協力農場のネットワークは全国に広がっている。
 

004.5_yachiyo_article
2つの直営農場と協力農場のネットワークで
 
005_yachiyo_article
安心・安全な卵の安定供給を支えているのだ

 
直営・協力の両方の生産農場から、港南区の本社工場には毎日新鮮な卵が届く。その数なんと1日に100万個。製品の企画、製造、販売、物流を一手に引き受ける「八千代ポートリー」では、消費者のニーズに合わせた商品づくりにも力を注いでいる。
 
その一つが1995(平成7)年、業界に先駆けて企画販売され人気を集めている「食菜卵(しょくさいらん)」だ。「食菜卵」は、サルモネラ汚染の主要因とされる魚粉や肉骨粉などの動物性たんぱくを飼料から一切排除し、植物性飼料のみで育った鶏の卵のみをパック詰めしたもの。元は「卵が苦手という子どもたちにも卵の良質たんぱくを摂ってほしい」という学校給食の要望から生まれたという。
 
「一般的な卵特有の臭みがなく、あっさりした味わいでご好評いただいています」と、堀田さん。
 

006_yachiyo_article
繊細な味にこだわる洋菓子店や老舗洋食店などから高評価を受けているそうだ

 
 
いざ、卵の工場見学へ!! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索