ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> 娯楽施設

旅館松島

横浜唯一の「料理旅館」である旅館松島は、横浜駅から電車と徒歩で20分。蒔田駅の周辺にひっそりと佇む

最終更新日:2018年1月11日

045-731-2720

イチオシサンプル画像

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

隣接する料亭で板前が腕をふるった料理が格別な「旅館松島」。また、情緒あふれる日本庭園や湯冷めしにくい天然さながらの人工温泉も自慢の旅館。週末の家族旅行にもおすすめ。

DATA
住所: 横浜市南区蒔田町863
横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田駅」から徒歩5分
営業時間: 【チェックイン】15:00【チェックアウト】10:00

横浜市で唯一の「料理旅館」
 
横浜駅から横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田駅」までは電車で10分あまり。住宅が立ち並ぶ蒔田駅近くに、1軒だけひっそりと佇む旅館がある。創業明治17(1884)年の「旅館松島(りょかんまつしま)」だ。隣接する料亭で板前が調理した本格的な料理を堪能できることから「料理旅館」としても有名である。
 

matusima-article001
蒔田駅から徒歩5分ほどで到着
 
matusima-article002

旅館松島に隣接する「料理処 松風苑(しょうふうえん)」
 
matusima-article003

開放感のあるエントランス
 
matusima-article004

女将の島田紀子(しまだ・のりこ)さんが案内してくれた
 
matusima-article005

落ち着いた雰囲気の館内に、日頃の疲れが癒される
 
matusima-article006

障子から漏れる光で、ほどよく明るい廊下
 
matusima-article007

のれんの奥に見える厨房
 
matusima-article008

竹のうちわと香炉
 
matusima-article009

心があたたまる明るい柄の扇子
 
matusima-article010

お客さんからプレゼントされた招き猫

 
 

 
情緒あふれる日本庭園
 
女将に案内され敷地内を進んでいくと、趣のある日本庭園がお出迎え。思わずここが、横浜市内だということを忘れてしまうほどである。
 

matusima-article011
旅館松島の見どころでもある日本庭園
 
matusima-article012

四季の移ろいを感じることができる
 
matusima-article013

庭園の池で泳ぐ鯉
 
matusima-article014

横浜駅からほどない立地ながら、非日常を堪能できる

 
もちろん、宿の外に広がる日本庭園もポイントだが、最大の特徴は何と言っても料理である。旅館松島は、横浜で唯一の「料理旅館(会席料理など本格的な料理を提供する旅館)」として知られているのだ。
 
ここからは、「旅館松島」「料理処 松風苑」の専務取締役を務める島田貴志(しまだ・たかし)さんに話を聞いた。
 

matusima-article015
笑顔が素敵な島田さん

 
「みなさん、『住宅街の中にひっそりと旅館がある』とおっしゃるんですが、私たちからすると逆なんですよ(笑)。昔はこの界隈だけでも40軒近くの旅館があったんですが、今はもううちだけになってしまいました。その後に住宅が建ち始めたので、うちが1軒残った感じになっているんですよね」と島田さん。
 
当時、蒔田は「蒔田芸者」と呼ばれる100人ほどの芸者がお座敷を盛り上げるなど、花街としてにぎわいをみせていたようだ。しかし、戦後から廃業する旅館が後を絶たず、結局は旅館松島だけが残ったというのである。
 
では、その当時から「料理旅館」として料理に力を入れていたのだろうか。
 

matusima-article016
日本庭園を見わたせる椅子席でのお食事も可能
 
matusima-article017

畳がもつ日本旅館特有の香りが心地いい

 
「料理旅館として注力し始めたのは30年前くらいからです。その当時は周辺に旅館も比較的残っていたんですが、そのころくらいから旅館としての役割みたいなのが変わっていったんですよ」
 
旅館としての役割が変わったとは一体?
 
「現在は家族連れや修学旅行など、観光旅館としてご利用いただいていますが、当時は遊郭としての営業だったので、出張や連れ込みなどの用途で利用するお客様がほとんどでした」
 
なるほど、遊郭の文化が廃れていくにつれて宿泊客の層が変化し、それに伴い料理旅館としての地位を確立したというわけだ。
 

matusima-article018
取材当日も茨城県の小学校の修学旅行生が宿泊していた
 
matusima-article019

修学旅行生が宿泊する予定の部屋

 
大広間のある旅館が少なくなった現在では、横浜市内の旅館で唯一、修学旅行生を受け入れる旅館でもある。そのため4月〜6月や9月〜11月のシーズンになると、修学旅行生でごった返すようだ。さらに、部活動やクラブチーム、そして、はまれぽでも何度か紹介しているプロバスケットボールチームの「横浜ビー・コルセアーズ」などが合宿で利用しているとのこと。
 

matusima-article020
最大でおよそ100名の団体客にも対応可能
 
matusima-article021

51畳と39畳もの広さを誇る宴会場がある旅館は横浜で「旅館松島」だけ

 
しかも、旅館松島に宿泊したチームは、順調に勝ち進めて優勝や準優勝などの好成績を収めることが多く、「運のいい旅館」としても親しまれているようだ。
 
「自分たちでは何とも言いづらいんですが、験担ぎのような感じで泊まっていただくチームさんもいらっしゃいますね(笑)。予約していただく段階では、『すぐ負けるので2泊くらいで大丈夫です』とおっしゃっていたのに、どんどん勝ち進んで最終的には優勝してしまった、みたいな。それで、急いで部屋を確保したこともありましたね(笑)」
 

matusima-article022
当時の思い出を振り返る島田さん

 
「運のいい旅館」とは昔からのようで、その昔「関東大震災のときには、すぐ隣まで焼け野原になる中、旅館松島は一切燃えることがなかった」という逸話も。歴史ある旅館なので、話の一つひとつに興味をそそられる。
 
 
「料理旅館」渾身の会席料理やランチメニューを紹介! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索