検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

学ぶ格闘技

タクミ道場

  • 京急本線「子安駅」から徒歩2分
  • 横浜市神奈川区七島町138-7 MAC子安コート102
    • 営業時間:18:00~22:00(※TEL受付時間)
    • 定休日:月曜日

キッズ空手、キックボクシング、ブラジリアン柔術が習える「タクミ道場」。練習がなくても気軽に顔を出したい、元K-1戦士による格闘技を楽しむコミュニケーションスペース

ココがイチオシ!

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

 

2019年10月08日

皆さんは「空手」や「キックボクシング」にどんなイメージを持っているだろうか? 正直なところ、筆者(女性)の中では怖そうなイメージが強い。しかし「ある道場との出会い」によって、そのイメージが変わることに! その道場とは・・・
 

takumi-article001
京急線「子安駅」の改札を出て、徒歩2分のところにある・・・
 
takumi-article002
「タクミ道場」だ

 
この道場で指導にあたるのが、K-1ファイターとして活躍していた佐藤匠(さとう・たくみ)さん。1983(昭和58)年に横浜で生まれ、16歳で極真会館に入門後、21歳でプロデビュー。当時K-1で活躍していた著名な格闘家たちとトレーニングに励みながら、「極真会館 全世界空手道選手権 日本代表リザーブ」「全日本新空手道選手権 重量級 準優勝」「K-1 ASIA GP in SEOUL 3位」などの輝かしい実績を残した格闘家だ。
 

takumi-article003
世界を舞台に戦ったオーラを感じさせる佐藤さん
 
takumi-article004
「K1WORLD GP 2008」の刻印が輝く貴重なトロフィー!

 
佐藤さんには後ほどじっくりお話を伺うとして、まずはこれから始まる「キッズ空手」「キックボクシング」のクラスを見学させていただくことにしよう。
 
 
 
「キッズ空手」スタート! まずは目標発表から
 
この日は、年齢別に2クラスに分かれた稽古が行われたが、2019(令和元)年10月よりテクニックを重点的に学んでいく「KIDS空手アドバンス」クラスと、ビギナー向けの「KIDS空手ベーシック」クラスに変わる。子どもたちの成長やレベルに合わせ、さらに密度の濃い指導が行われていくようだ。
 

takumi-article005
この日は、3歳~小学6年生までのメンバーが集まった

 
子どもたちは、元気に挨拶をして、脱いだ履物をそろえてから道場に入り、開始時間まで他の生徒たちと遊んだりして自由な時間を過ごす。いよいよ稽古が始まると、まずは、本日の目標発表からスタート。
 

takumi-article006
人前で話すことで、度胸を付ける目的も

 
「きょうは『前蹴り』を頑張りたいです」「しっかり『受け』ができるようになりたいです」など、一人ひとりがその日の目標を発表する。明確な目標を立ててその日の稽古に取り組むことで、目標達成に向けて、より集中するようになるそう。
 
次に、基本稽古へ。まずは構えから、「三戦立ち(さんちんだち)」で「正拳中段(せいけんちゅうだん)突き」。「1! 2!」という力強い佐藤さんの声に続き、「セイ! セイ!」と大きな子どもたちの声が道場に響き渡る。
「しっかりと腰を落とすことを意識しよう!」と佐藤さんの指導にも熱が入るが、決して無理をさせず、個々の様子を見ながら進める姿が印象深い。
 

takumi-article007
基礎となる体力づくりもしっかりと!

 
基本稽古を終えると、この日は「受け」を目的とした「スパーリング」を実施。実は格闘技では「攻め」以上に「守り」が大事。防御ができないと、試合で勝つのは難しいという。ただ、活発な子どもは“とにかく攻めたい”という気持ちが前に出やすいもの。そんなとき佐藤さんは「攻撃が強い選手と守りが上手な選手。どっちが強いと思う?」と、子どもたちに問いかけるという。
 
強い攻撃でも上手に受けることができれば少ないダメージで済むが、弱い攻撃でも防御せずに受け続けたら体が痛くなる。具体的にイメージしやすい形で子どもたちに「守り」の大切さを説いていくのだ。
 

takumi-article008
まずは「礼」から
 
takumi-article009
お互いに「受けやすい攻撃を出す」のも大事
 

takumi-article011
「色んな攻撃を使っていくんだぞ」とアドバイス
 
takumi-article012
ちっちゃな生徒くんも頑張る!
 
takumi-article013
スパーリングは50~70%ほどの力加減で取り組み、色々な技を出すように教えている

 
稽古中は、合間にしっかりと休憩をはさみながら、水分補給も欠かさない。体調不良になっていないか? 佐藤さんの目は、常にさまざまな角度で子どもたちを見ている。厳しさの中にも優しさがあふれ、子どもたちとの距離感が近い佐藤さんは彼らの憧れの存在となっているようだ。
 

takumi-article014
子どもたちは、先生が大好き!

 
稽古の締めは反省会。「良かったところ」と「悪かったところ」をそれぞれ発表していく。

 
ある生徒が「受けのスパーリングがうまくできたのが良かった。でも、蹴りがうまくいかないこともあって、そこが良くなかった」と述べる。
 

takumi-article015
先生や仲間の前での発表も、精神が鍛えられる時間

 
佐藤さんは、一人ひとりの発表に対して的確なアドバイスを出し、「はい。みんな、拍手~!!」と生徒たちをうながしていく。
 

takumi-article016
毎回、目的意識をもって稽古に臨むのは大変なこと!

 
「前蹴りだけじゃなくて、いろんな蹴りを出して!」

「自信をもってやれば大丈夫!」
 

takumi-article017
子どもたち一人ひとりに丁寧に接していく

 
そんな佐藤さんの姿勢に導かれるように、道場には自然と一体感が生まれていた。
 
 
 
空手を始めてから変化が! 保護者にインタビュー
 
稽古が終わっても、元気いっぱいの子どもたち。迎えに来たお母さんの顔を見ると、さらに笑顔がこぼれる様子。「〇〇ができたよ~」と楽しそうに話をする姿も! せっかくなので、ここで「キッズ空手」のクラスに通う子どもたちのご両親にお話を伺うことにした。
 
まずは、兄弟で通っているという聖龍(しょうた)くん(小学2年生)と翔聖(とうま)くん(3歳)のお母さん。
 

takumi-article018
「ほぼ毎日通っている」という頑張り屋さんの聖龍くんと翔聖くん

 
〇空手を始めたきっかけは?

「空手の映像をみた聖龍が『カッコいい! やってみたい』と言ったこと。体験レッスンに参加したら、付き添いだった翔聖も『僕もやる』と言い出して(笑)兄弟で通うことになりました」
 
〇タクミ道場に決めた理由は?

「自宅から通いやすく、毎日通えるという『通い放題』のところも決め手になりました」
 
〇空手を始めてから、お子さんに変化は?

「集中力が高まったような気がします」
 
〇今後、お子さんに望むこと

「内面が強い子どもになってほしいです。また、兄の聖龍はマイペースな部分もあるので、協調性がもっと身に付いてくれたらいいですね」
 
次に、「タクミ道場」の設立当初から通っているという勇斗(はやと)くん(小学6年生)のご両親。
 

takumi-article019
「試合が楽しい」という勇斗くん。1年弱で9級まで昇格した!

 
〇空手を始めたきっかけは?

「幼いころから格闘技に興味があったようなので、いつかチャレンジさせたいと思っていました」
 
〇タクミ道場に決めた理由は?

「先生がプロとして実績を残している方だったので。将来的には本人が『ブラジリアン柔術』を習いたい希望もあり、こちらに決めました」
 
〇空手を始めてから、お子さんに変化は?

「少しスリムになったことかな(笑)。でも一番大きかったのは、何か失敗したときに言い訳をしなくなったことですね。精神的に強くなったように感じます」
 
〇今後、お子さんに望むこと

「これからも長く続けて、技術的にも内面的にも成長してくれたらうれしいです」
 
最後に、穂乃花(ほのか)ちゃん(小学3年生)のお母さん。
 

takumi-article020
「黒帯を目指したい!」とクールビューティーな穂乃花ちゃん

 
〇空手を始めたきっかけは?

「礼儀や作法が身に付くので」
 
〇タクミ道場に決めた理由は?
「お友だちにお誘いいただき、一緒に始めました」
 
〇空手を始めてから、お子さんに変化は?

「内面的に弱い部分がありましたが、少し強くなったような気がします。友だちに対しては気遣いができるようになったので、強さと優しさの両方が身に付いたかもしれません」
 
〇今後、お子さんに望むこと

「『黒帯』なんて目標、いま初めて知りました。びっくりです(笑)。やるからには達成してほしいですね」
 
いずれも、「空手を始めて良い変化があった!」という声ばかり。そこには、指導者である佐藤さんの影響が大きいと感じずにはいられない。
 

takumi-article021
「シンプルに良いことは褒めて、マナーやルールに反することは叱っています」

 
 

\ 友達にシェアする /

  • LINE
  • はてな

基本情報

店名 タクミ道場
タクミドウジョウ
ジャンル 道場(空手、キックボクシング、ブラジリアン柔術)
住所 〒221-0061 横浜市神奈川区七島町138-7 MAC子安コート102
アクセス 京急本線「子安駅」から徒歩2分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-315-4067
はまれぽを見たとお伝えください ※メールでのお問い合わせは24時間受け付けています:takumi.dojo1@gmail.com
TEL2
FAX
営業時間 ※ TEL受付時間:18:00~22:00(土日月曜日を除く)
定休日 月曜日
URL https://takumi-dojo.com
カード利用
個室

こちらもおすすめです

動画を使ったネット添削に遠隔授業も!? 昭和から令和で横浜の塾は超絶進化していた

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

基本情報

店名 タクミ道場
タクミドウジョウ
ジャンル 道場(空手、キックボクシング、ブラジリアン柔術)
住所 〒221-0061 横浜市神奈川区七島町138-7 MAC子安コート102
アクセス 京急本線「子安駅」から徒歩2分
駐車場
※ 近隣にコインパーキングあり
TEL1 045-315-4067
はまれぽを見たとお伝えください ※メールでのお問い合わせは24時間受け付けています:takumi.dojo1@gmail.com
TEL2
FAX
営業時間 ※ TEL受付時間:18:00~22:00(土日月曜日を除く)
定休日 月曜日
URL https://takumi-dojo.com
カード利用
個室

アクセスランキング