ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
4位
【ニュース】江戸清が夏休みに「親子中華まん手作り教室」を開催!
5位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
10位
【ニュース】仕事体験などができる夏休みの「けいきゅうキッズチャレンジ!」旅行プランを発売!
11位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
12位
横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?
13位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
21位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
25位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
26位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜のマークにはどんな意味や由来があるの?
29位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 格闘技

ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜

「格闘技をやってみたかった」が叶うヒロブラジリアン柔術。体幹トレーニングやダイエットにもおすすめ。

最終更新日:2016年10月19日

045-681-2575

イチオシサンプル画像

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

JR関内駅から徒歩4分。ブラジルで、日本人初黒帯指導者のブラジリアン柔術道場にはまれぽ編集部が体験入門!

DATA
住所: 横浜市中区扇町2-6-11第四平安ビル205
JR 根岸線関内駅より徒歩4分
営業時間: 8:15~23:15 詳しくはご案内ページ参照
平均予算: 1万800円(学生料金あり)

最近、趣味や習い事の一環で「ブラジリアン柔術」を習得する人が増えつつあるらしい。あのグーグルも福利厚生にブラジリアン柔術を採用したほどで、身体だけではなく「頭を使うスポーツ」として注目を集めているという。
 
 
 
ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜
 
2016(平成28)年4月5日で13年目を迎えたヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜の道場の門を叩いた。JR根岸線関内駅南口から徒歩4分とアクセスも良好。
 

_MG_7443bra__article
英語で書くとJIU-JITSU
 
_MG_7418bra__article
馬場弘樹(ばば・ひろき)先生
 

馬場先生は日本人唯一のオズワルド・アウべス氏(赤帯9段所持、ビビアーノ・フェルナンデスなどトップクラスの格闘家を育成する世界屈指の指導者)の黒帯指導者認定書の所持者。ブラジリアン柔術を習う前は、サッカーや水泳をしていて、格闘技は全くの初心者だったという。
 
「格闘技観戦が好きで、たまたま日本に来日していたヒクソン・グレイシーのセミナーに参加した際に、スパーリングをしたことをきっかけにブラジリアン柔術の習得を目指しました」
 

_MG_7606bra__article
「悔しい」という気持ちから修業スタート

 
運動には自信があったのに、スパーリングの際に肩を脱臼してしまったという。「悔しい」という気持ちから奮起した馬場先生は、1995(平成7)年9月に格闘技雑誌を頼りにブラジルのサンパウロに渡り、修業をスタートさせた。
 

_MG_7500bra__article
導かれたブラジリアン柔術への道

 
「言葉も通じない、土地勘もない、知り合いもいない、インターネットもない。そんな中で単身ブラジルへ渡りました。バスの乗り方さえも分からず途方に暮れていると、空港で一緒になった駐在員の日本の方がたまたま通りがかりに助けてくれたり、スポーツ観光局で通訳の人を呼んでもらえたり。さまざまな人の助けによって、無事道場にたどり着くことができました。奇跡のような体験でしたね」と当時を振り返った。
 
これまで格闘技経験もなく、言葉の通じない外国人を住み込みで招き入れてくれたというブラジル人の寛容さにも驚かされたそう。
 

_MG_7408bra__article
仲間との写真がたくさん飾られている

 
「言葉は未熟だったので、先生や道場生たちと柔術を通してコミュニケーションをとっていたと思います。いつしか自然と溶け込むようになりました」
 
言葉も通じず、知り合いもいない外国の地で、つらく感じたときは「いつでも日本に帰ればいいんだ」と思うことを心の支えにしていたという。
 
「道場に住み込んでいたので、すべてのクラスの授業を見学していました。だんだんと実力が備わってきたので、指導するチャンスをもらいました」
 

_MG_7487bra__article
指導する喜びを発見

 
3度目にブラジルに渡った際に、現地の初級者クラスの指導者に抜擢されたことからも、馬場先生のブラジリアン柔術への熱意や懸命さは、本場ブラジルの指導者さえも動かすほどのものだったのだと感じた。
 
「実は日本に帰るつもりはなく、ずっとブラジルやほかの国でブラジリアン柔術を続けるつもりでした」
 
しかし、馬場先生の親族が病に倒れたため帰国。その後、2003(平成15)年に、生まれ育った横浜で道場を構えることとなった。
 

_MG_7398bra__article
ブラジルで最初に入門した道場と同じオレンジ色で統一
 
_MG_7530bra__article
「青春の色なんです」と馬場先生

 
「ブラジリアン柔術は誰でもできるスポーツ。年齢も国籍も関係ありません。柔術のおもしろさがどんどん広がってほしいと願っています」

続けて「知らない土地で途方に暮れていた自分に手を差し伸べてくれた人たちの恩を忘れずに、道場を通して社会に貢献していきたい」とインタビューを締めくくった。
 
 
 
営業・平本、ブラジリアン柔術に挑戦!
 

_MG_7440bra__article
現在道場に通っているのは小学1年生から60代。年齢を気にせず習える

 
道場には初心者からプロアスリートまで、さまざまな目的を持った生徒さんが訪れる。一番多いのは、「格闘技をやってみたかった」という40代以降の男性だそうだ。稽古はフレックス制なので、好きな時間に来て帰ることができる。普通の習い事のように時間やクラスの制約がないので会社帰りにも通いやすい。
 

_MG_7405bra__article
体験者は営業・平本!

 
誰か体験してみたい人と聞かれて、いの一番に手を挙げたが、格闘技経験はないに等しいという。大丈夫か・・・。
 
「走ります」という声からウオーミングアップスタート。柔軟性を高めるストレッチなども組み合わせられている。
 

_MG_7431bra__article
楽しそうに走る平本(写真左)
 
_MG_7452bra__article
ポイントは、足を手と同じように動かせるようになること
 
_MG_7454bra__article
稽古中も足を使った動作がたくさんでてくる
 
_MG_7467bra__article
お腹にきく~

 
普段使わない筋肉を使っているのか、開始10分で滝のような汗をかく平本。横で「週2回も通っていたら体が引き締まりますよ」と馬場先生がニヤリ。
 

_MG_7425bra__article
稽古中、疲れてしまったら無理せず休むことができる
 

 

「自分の体力やペースに合わせて楽しんでほしい」と馬場先生。格闘技と聞くときつそう、厳しそうというイメージがあるが、同道場はとても和気あいあいとしていて、生徒さん同士のコミュニケーションも積極的に行われる。
 
 
ブラジリアン柔術体験!アカデミー生の様子は!?>>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索