検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

地球深部探査船「ちきゅう」という船で、現在定期検査工事で三菱重工横浜製作所本牧工場に停泊しているそうです。検査工事は11月中旬までとのことなので、横浜にいるうちにぜひ取材を!(濱俊彦さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「ちきゅう」の全長は210メートル、21世紀の深海掘削科学の最先端! 世界中の研究者が乗り込んだ世界的なプロジェクトの舞台だった。

  • LINE
  • はてな

2015年12月04日

ライター:すがた もえ子

先日はまれぽでもご紹介した国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC、ジャムステック)だが、このJAMSTECには「しんかい6500」と並んでサイエンス系のテレビ番組にも登場する地球深部探査船「ちきゅう」がある。
 


こちらは有人潜水調査船「しんかい6500」(C)JAMSTEC

 
2005(平成17)年に完成した「ちきゅう」は、人類史上初めて、マントル(地球の内部)や巨大地震発生域への大深度掘削を可能にするライザー式科学掘削船。海底下7000メートル掘削できる能力は世界最高の技術。

巨大地震発生のしくみや地球規模の環境変動をはじめとして、海底下の地中から生命の起源に迫るなど、人類の未来のための成果を目指している。

人類史上初めてなので、もちろん世界初だ。5万6752トンという容積をほこる巨大な船で、石油やガスなどの掘削ではなく、科学掘削を行う船で、世界中の研究者が乗り込んでいる。

この「ちきゅう」、2015(平成27)年11月21日(土)、22日(日)の2日間に横浜港本牧ふ頭で一般公開が行われるというので、取材させていただくことに。
 


こちらが「ちきゅう」。全長210メートルという大きさ!

 
一般公開は事前にインターネットで申し込む形で、完全先着順。8000人の予定人数枠はすぐに満員となる人気ぶりで「ちきゅう」への関心の高さがうかがえた。
「ちきゅう」の一般公開は5年ぶり、関東では10年ぶりというから、待ちに待ったという方も多かったのかもしれない。

当日は横浜赤レンガ倉庫前のバス専用駐車場で受け付け、シャトルバスに乗って本牧ふ頭まで移動。写真撮影は決められたエリアでしかできないとのことだったが、「ちきゅう」の船内はどこでも撮影可能だった。
 


撮影エリア内からだと全体の撮影が難しかったためパノラマ撮影で。すごいスケールだった※クリックして拡大

 
今回ご案内いただいたのは、JAMSTEC広報部広報課の白野亜実(しらの・あみ)さん。
 


ご対応ありがとうございます

 
白野さんによると、5年ぶりになるという「ちきゅう」の一般公開は定員の枠もあっという間に埋まり、関東だけでなく遠方からもこの日のために来場した人もいるようだ。
 


バスから降りた見学者は乗船口へと向かう
 

階段を昇り、いよいよ「ちきゅう」船内へ!

 
医務室の前を通り、まずはブリッジを目指して進む。
 


ブリッジへ到着。大混雑!

 
ここが「ちきゅう」を動かすブリッジ。当然ながら全部本物の機材が並んでいる。
 


レーダーもたくさん置かれている
 

こちらは操舵スタンド。「ちきゅう」を操船するハンドルだ
 

GPS信号を受信する装置の数々
 

こちらは音響位置信号受信機
 

神棚も祀られていた

 
ブリッジを抜けると、いよいよ「ちきゅう」のシンボルともいえるやぐらが見えてくる。やぐらの正式名称は「デリック」と呼ばれているそうだ。海上からの高さは121メートル。横浜マリンタワーが106メートルなので、その巨大さが伝わるだろうか。船の底からだと130メートルだという。
 


これがデリック。ここからドリルやパイプを深海へおろしていく
 

ライザー掘削システム

 
ライザー掘削システムとは、掘った孔(あな=穴)の中に特殊な「泥水(でいすい)」を流し込み、パイプをつたい「ちきゅう」と孔内を巡回させながら、掘った穴がくずれにくく安定して深くまで掘れる技術のこと。石油採掘もこの技術が使われている。
 


やぐらの下の部分には海面と繋がる「ムーンプール」がある
 

黒くポッカリと空いた部分が「ムーンプール」

 
船の中央にある開口部で、長さ22メートル、幅12メートルという巨大さ。小学校の25メートルプールより少し小さいくらいだが、これが船の中にあるということが驚きだ。
この穴から海の中にドリルパイプやライザーパイプを吊り下げおろし、泥水を巡回させ掘削していく。
 


東北地方太平洋沖地震調査掘削で実際に使用された「ドリルビット」

 
地層を掘りぬくためにドリルパイプの先端に付けられる刃先で、刃は人工ダイヤモンドやタングステンカーバイト(超硬合金の主成分)でできている。地層の種類に応じたドリルビットを使い分ける。
 


やぐらエリアを通り過ぎると、「ちきゅう研究区画」へ

 
 
ラボのエリアへ潜入!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

砕氷艦しらせ、横浜での3年ぶりの一般公開の様子は?

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

「三菱みなとみらい技術館」をレポートして!

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

遂にオープン!金沢シーサイドライン・金沢八景駅新駅

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

横浜開港祭2015は盛り上がったのか?

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった87
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった61
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング