検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 横浜家系ラーメン史上、最も重要な人物に「はまれぽ」がインタビュー「伝説の男、降臨!」3月20日 記事公開!
  • あなたのお店・会社を無料で「はまれぽ」に掲載できます。
激レア! W杯対戦国・コロンビア料理が食べられる店が横浜にあった!

ココがキニナル!

いよいよ開幕するFIFAワールドカップロシア大会。横浜で開催国や対戦国の料理を楽しめるお店は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

初戦の対戦国であるコロンビアの料理を楽しめる「メデジン」は、日本では珍しいコロンビアレストランだった!

  • LINE
  • はてな

2018年06月16日

ライター:はまれぽ編集部

古来より日本人には縁起を担ぐ文化がある。受験や試合などの勝負を控えた時に、トンカツを食べて「勝つ」と気合を入れた人も多いだろう。

そして、対戦相手の地域や国がはっきりしているスポーツの試合を応援するとき、ご当地の料理を食べることで戦いへの気持ちを向けるという儀式も一般的。「食ってやるぜ」という気合の入れ方だ。

というわけで、2018(平成30)年6月14日(現地時間)に開幕したFIFAワールドカップロシア大会で、日本と対戦する国の料理を食べるため、横浜の街へ繰り出そう!



コロンビア料理ってなに?

・・・と勢い込んだのはいいものの、6月19日に行われる初戦の相手はコロンビア。コロンビア料理ってどんなもの? というか横浜で食べられるの!?
 


南米の北端に位置する国、コロンビア(GoogleMapより)

 


実際には前回の記事で「コロンビア風」の料理は食べているが・・・(写真は過去記事より)

 
調べてみると、中区伊勢佐木町近くに1件、コロンビア料理の専門店があるという。早速向かってみることにした。
 


色鮮やかな国旗がたなびくイセザキ・モール

 
伊勢佐木町ではワールドカップに向けて、各国の国旗が装飾されて大会を盛り上げている。
 


大会開催年の風物詩だ

 
そしてたどり着いたのは、イセザキ・モールから福富町方面に向かった中区長者町に位置する「コロンビア・レストラン メデジン ヨコハマ」。なんと偶然にも、前回紹介したロシア料理店「アパッチ」と同じビルの5階に入っている。
 


白々しいことを言っているが、取材時にチェックしていました
 

伊勢佐木町からのほか、京急線日ノ出町駅からもほど近い(GoogleMapより)

 
コロンビア料理の正体とはいったい何なのか。扉の向こうからは軽快な音楽が漏れ聞こえてくるような? 早速突撃してみよう。
 


大人な雰囲気の店内!

 
扉を開けると異世界が広がっていた。

店内には陽気なラテン音楽が鳴り響き、踊りだす男女のお客さんの姿もある。そして照明は薄暗く、ひたすらにムーディ。ちょっとミスマッチにも思えるその組み合わせが、異国の夜という空気を醸し出している。
 


ノリノリの音楽が流れている

 
さらに、お店にはコロンビアの伝統的な帽子などの装飾品や、サッカーグッズがそこかしこに並べられている。日本対コロンビア戦の際にはイベントも開催する予定だといい、大盛り上がりになりそうだ。
 


ハットはあちこちに置いてあり、被って踊りだす人も

 

コロンビア代表のユニホームも飾られていた

 
お店にいると、なんとなくだがコロンビアのエネルギッシュな雰囲気が理解できるような気がしてくる。
そんなコロンビアの料理、ぜひ味わってみたい!
 


まずはコロンビアのリキュール、「アグアルディエンテ」をショットで

 
口にすると最初は焼酎のような味わいだが、続いて甘さがいっぱいに広がる。これをぐいっと飲み干すのがコロンビア流らしい。
 


サトウキビが原料。アルコールは全品600円(税込み・以下同)で安心だ

 
続いて、コロンビアのコロッケという「エンパナーダ」に挑戦してみる。


本格派のお店にはあの有名選手も・・・?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

【2014ワールドカップ】運命のコロンビア戦の様子は?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

福富町周辺でロシアを楽しめるディープスポットに突撃!

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

横浜市内のパーキングエリアにある絶品グルメ&見どころ紹介! ~戸塚・保土ヶ谷・都筑PA編~

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

異国情緒ある山手のエリスマン邸「しょうゆ・きゃふぇ」の、卵黄をそのまま食べる絶品プリンの味は?

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

新着記事

「大人の勲章」なんて言われても、やっぱりキニナル顔のシワ。ボトックス注射が良いっていうけど実際どうなの?

    • PR
  • 2019年03月18日

不動産屋さんで米粉スフレパンケーキ!?横浜中華街のちょっと変わった穴場カフェ

    • 面白かった31
    • 面白くなかった6
    • コメント0
  • 2019年03月18日
横浜家系ラーメン史上、最も重要な人物に「はまれぽ」がインタビュー「伝説の男、降臨!」3月20日 記事公開!
はまれぽ.com無料掲載のお知らせ

はまれぽ編集部のイチオシ

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 中山のマナスルキッチンというインド・ネパール料理店で、お店の方に教わりながら現地式にスプーンを使わず...

  • 横浜市の議会は横浜市会のはずなのに、選挙ポスターの看板では「市議会議員選挙」に。いったいなぜ?

  • 3/14横浜ベイクォーターに冷凍食品専門店のピカールが県内初オープンしたそうです。おススメなど、是非...

あなたはどう思う?

「横浜スタジアム」のことをなんて呼びますか?

最近のコメント

アクセスランキング