検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜駅きた西口にあるカバーのかかった看板、その中身とは?

ココがキニナル!

横浜駅きた西口の先、鶴屋橋の脇に立つこんな案内板があります。写真の左下にあたる案内板は長いことカバーされたままなのですが、何が書いてあるんでしょうか?(いわさきさんのキニナル!)

はまれぽ調査結果!

カバーの中身は「かながわ県民センター」と書いてあった!案内板の示す方向が間違っており、誤解を招くのでカバーをかけたそうだ。

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

カバー付きの案内板がある?

カバーがされたままの案内板がある。ということで、早速現地を確認したところ投稿にあったとおり、横浜駅きた西口の先、鶴屋橋のたもとにその看板はあった。
 


確かにカバーがかかっていた


モアーズの斜め向かいに位置しており、かなり人通りが多い。
だが、このカバーの事を気にかけている人は見当たらない。皆、素通りしている。

毎日近くを通る人なら何か知っているかもしれないと思って、声をかけたのはお昼休憩中のサラリーマンやティッシュを配る人。しかし、「知りません」、「カバーがかかっていることすら気付きませんでした」など、謎に迫るような回答は得られなかった。
 


誰も気にしていない様子だった…


ならば仕方が無い。
設置した人、つまり横浜市役所に直接聞いてみることにした。



横浜市役所で尋ねる

街にある案内板は都市整備局の管轄だということで、役所を訪ねてみた。
 


疑問を抱えて直行した横浜市役所


電話でも大丈夫かなと思ったが、写真で説明しないと分かってもらえない可能性が高い。
対応してくれたのは都市再生推進課の土村氏だ
 


都市再生推進課


突然の訪問にも関わらず、渡した写真で資料を調べてくれた。しばらく待っていたのだが、手元にある資料だと明確に回答できないと言われてしまい、改めて連絡をくれるとのこと。
看板の写真はそのまま預けることにして、収穫の無いまま市役所を後にした。

さて。動き回ってみたものの、ここまでのところで何の収穫も得られていない。
市役所からの連絡待ちになっているわけだが、いつになるか分からないので、ここははまれぽの意地でカバーの中身を推理してみようと思う。



似た看板を探す

再び看板のある横浜駅西口へ。
 


うっすら200mという文字が見える


隠されているのは、写真上の「青木橋交差点方面」の青色看板ではなく、白い看板のようだ。その証拠に青色で「200m」という文字が透けている。
 


カバーのかかった看板が指すのは矢印の方向


ここから200m進むと何かがあるのだろうか。
ただ、そもそもこういった看板がどういう用途で設置されたものなのか分からなければ、判断のしようがない。

そこで、類似の案内板を見つけるため、周辺を探ってみることにした。
もしかすると同じようにカバーのかけられたものがあるのかもしれない。
 


さっそく見つかった
 

再び発見
 

駅周辺にはたくさんあるようだ


西口の周辺を少し歩いただけで、似たような案内板はたくさんあるようだ。それらを見ると、白い看板には「神奈川県社会福祉会館」、「かながわ県民センター」の2種類があることが分かった。