検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜発! 令和最初のクリスマスギフトの本命が登場

横浜発! 令和最初のクリスマスギフトの本命が登場

ココがキニナル!

“ひと切れで酔える”がコンセプトの「ハッピーラミー」のアルコールケーキ。クリスマスを盛り上げる上手な使い方があるって本当?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

ハッピーラミーのアルコールケーキは、アルコールの強さはもちろん、食べ方のバリエーションや希少性があり、パーティーを大いに盛り上げてくれそうだ

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

※この記事はHappy RummyのPR記事です※
 

意外と難しい大人のプレゼント選び


 
冬枯れの街にイルミネーションがきらめくと、クリスマスはもうすぐそこ!
となると、大人も子どももキニナルのは「今年のプレゼントは?」の一点。
(大人が多いと思われる)はまれぽ読者の多くが令和初の「クリプレ選び」にバタバタし始めているのではないだろうか。
 
サンタクロースを信じる子どもたちへのプレゼントでは、最新のリクエスト事情もキニナルところ。
さらに、この機会に恋人や家族、友人や同僚といったお世話になった人たちにも、気持ちを伝える素敵なギフトを用意したいものだ。
 
・・・が。
「リクエストさえ叶えとけばOK」という子ども向けサンタギフトと違い、意外とハードルが高いのが大人向けのクリスマスギフト。
 
「普段の関係性を考慮したふさわしい価格帯で」
「相手に気を使わせない内容で」
「他と被らない特別感のあるギフトを」
 
なんて、何を選んでいいものやら、途方に暮れてしまうのだ。
そこで、「はまれぽ.com」から大人のクリスマスギフトの新提案。
「楽しい時間をもっと楽しくしてくれる」大人のケーキはいかが?
 


おすすめの逸品を紹介!

 
 
 

令和初のクリスマス。「はまれぽ」のイチオシギフトは?


 
「令和初のクリスマスギフト」として、今年の「はまれぽ.com」がイチオシするのが、横浜発のアルコールケーキ通販専門店「Happy Rummy(以下、ハッピーラミー)」のケーキ。
 


横浜市緑区に製造所あり

 
これまで、編集部の酒好き3人衆をひと切れでハッピーにしちゃったり、残業戦士を気持ちよ〜く帰宅の途につかせたりと、その威力を存分に見せつけてきた実力派だ。
 
「クリスマスにケーキって、定番じゃん」などと侮るなかれ。
「ハッピーラミー」のケーキには、大人のクリスマスギフトにふさわしい理由があるのだから。
 


大人のクリスマスギフトに最適!(画像はイメージ)

 
以下、「ハッピーラミー」のケーキの魅力を、大人のクリスマスギフトにおすすめする理由と共に紹介していこう。
 
 
 

理由1:ひと切れで文字通り「ハッピー」になれるから


 
「ハッピーラミー」の「濃厚熟成大人の洋酒ケーキ」は、管理栄養士としても活躍した経歴を持つ松尾裕子(まつお・ゆうこ)さんが、最初は趣味でつくりはじめたもの。
お酒好きの友人たちの「もっとお酒を強くできないの?」という声に応え、手間暇かけてつくりあげた「ひと切れで酔える」大人のケーキだ。
 


もちろん「お酒大好き」という松尾さん

 
切り分けるだけで広がる芳醇で甘美な香り。ひと切れ口に入れるだけで、ハッピーにラミーになれちゃう一品なのだ。
※「rummy」には“のんだくれ”という意味もある
 
〇仲間と集まってワイワイ楽しみたいとき
 
〇仕事上がりにテンション爆上げで騒ぎたいとき
 
〇「クリぼっち」仲間とよく分からない寂しさを分かち合いたいとき
 
イヤーエンドのさまざまなシーンでこのケーキの真価が発揮されるはずだ。
そんな「濃厚熟成大人の洋酒ケーキ」は、時間をかけて熟成を進めたドライフルーツの洋酒漬けを、文字通り「たっぷり」と使ってつくられている。
 
アイリッシュウイスキーに漬け込んだ「いちじく」、ダークラムに漬け込んだ「レーズン」、スパイスドラムに漬け込んだ「アプリコット」の3種から選べるケーキは、通常のパウンドケーキより小ぶりなサイズながら、ずっしりと感じる重みが特徴。
 


大粒のトルコ産ドライフィグ(いちじく)を・・・
 

瓶に入れて洋酒をドバドバ〜っと

 
半年以上じっくり漬け込む。
 


右が約1年前に仕込んだもの。いちじくが洋酒を吸収して大きくなっているのが分かる

 
中の匂いをかいでみると、仕込んだばかりのものはほぼウイスキーの香りしかしないが、1年漬け込んだ方はいちじくの甘みが際立っている。
 


小ぶりながらずっしり!

 
この重みを生み出しているのは、他でもない「洋酒」。
通常ケーキの主原料として筆頭に挙げられる小麦粉よりも多くの洋酒を使ってつくり上げられているのだ。
 


生地にはいちじくの洋酒漬けをたっぷり混ぜる
 

型に入れたらアクセントにくるみを乗せて
 

オーブンに投入
 

仕上げに、いちじくの甘~いエキスにあふれた洋酒をたっぷり染み込ませる!
 

繰り返し洋酒を染み込ませながら1ヶ月間熟成させる

 
手間を惜しまずこれでもかと、幾重にもわたってアルコール漬けにされたパウンドケーキ。その証拠に、次の「原材料名」がおかしなことになっているので注目してほしい。
 


原材料で最も多い「『洋酒』がリストの筆頭」に!

 
原材料は使用している量の多い順に記載する決まりがあるが、もし手元にケーキがあったら表示を見比べてもらいたい。一般的なケーキは小麦粉やバターが先頭にくるところを、「ハッピーラミー」のアルコールケーキは液体である「洋酒」が先頭に記載されている。これは極めて異例なことで、実際、松尾さんは「前例のない件」と言われて役所の申請を通すのに苦労したそう。
 
もはやケーキではなくお酒(笑)。なるほど、これは確かにハッピーになれる!
 
ハッピーに楽しく盛りあがりたい・・・そんなクリスマスのパーティーシーンにもってこいなのが「ハッピーラミー」の「濃厚熟成大人の洋酒ケーキ」なのだ。