検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜でおいしい焼きそばが食べられるお店はどこ?

ココがキニナル!

横浜駅西口のエキニアの地下、お昼時に行列ができている「龍味」/天王町の駅のそばにある焼きそば屋さんが気になります(HRKさん/やすしくんさん)

はまれぽ調査結果!

横浜駅地下街にある創業43年の「龍味(リュウマイ)」と天王町の創業55年「富士屋」。2店を焼きそばに特化し調査。味・風情が独特で対照的だった

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

焼きそば。そのルーツは中国福建料理の「炒麺(チャーメン)」。中華麺を炒めた料理の総称であり、基本の味付けは塩か醤油によるもの。日本人になじみの深いソース焼きそばは、終戦直後の食糧難の時代に生まれたとされる。麺が手に入りにくい時代ということもあって、ボリュームを出すために安く手に入るキャベツを使うことで水分が出て薄まるので、ソースで濃い味付けが施された。そのスタイルがソース焼きそばの原型となり、現在へと受け継がれている。

今回はその焼きそばにスポットをあて、キニナル2店を調査。
まずは、横浜駅西口のエキニア横浜の地下にある、行列が絶えないという「龍味
(リュウマイ)」から。
 


創業43年横浜駅西口地下街名物「龍味」



横浜駅西口のエキニア横浜の地下の入り組んだ場所に位置する「龍味」。正午になる頃に店へ伺った。
 


正午になったところですでに行列


中をのぞいたところ、約20席程度の店内は満員で活気がある。忙しい時間帯を避け、少し時間をあけて再び店に伺ったが、昼時を過ぎた時間帯にもかかわらず店内はほぼ満員であった。
 


14時をまわっても客足は絶えない
 

カウンター席に案内してもらい、まずは2種の焼きそば(ヤキソバ:450円/鉄板ヤキソバ:450円)
を注文。
 


豪快に手早く
 

炒めあげた
 

鉄板ヤキソバ到着


注文からおよそ3分で運ばれてきた鉄板ヤキソバ。香ばしいソースの香りに食欲がそそられる。具は豚肉・キャベツ・タマネギ・もやし。甘辛いソースに具と細麺がよくからみ、濃い味つけではあるがしつこくない仕上がりで、ライスと合わせて注文するお客さんが多いというのも納得の味つけ。450円という価格もうれしい。

そして太麺を使用した龍味の人気メニュー、焼きそばのルーツとされている炒麺に限りなく近いスタイルのヤキソバが運ばれてきた。
 


ヤキソバ。厨房にはチャーメンと注文が入る


モチリモチリとした食感と、野菜のシャキシャキとした食感が楽しめる逸品。塩ベースの味つけでさっぱりとした中にコクがあり、野菜の甘みも味わい深く、最後まで飽きずに味わえる。
美味しく、そして低価格に好感触を感じる2種の焼きそば。

ここで味と低価格につられ、もう1品の焼きそばメニューも注文。
 


五目カタヤキソバ(680円)
 

あんかけの具は豚肉・白菜・小松菜・タマネギ・ニンジン・タケノコ・ユリ根・キクラゲ・かまぼこ・うずらとボリューム満点の10種。甘味のあるあんは見た目より濃くなく、やさしめの味つけ。麺はパリパリの細麺であんとよくからむ。酢やからしを足せば甘いあんと絶妙な組み合わせ。さらに食がすすみ、あっという間に完食。
 


焼きそば3種を作ってくれた鈴木さん


人気メニューはヤキソバ・ギョーザ・サンマーメンの3品だという。創業から43年が経ち、この地で多くのお客さんに支持されている。これからも低価格で安心できる味を横浜の皆さんに提供していきたいと、2代目店主の田代正治(たしろまさはる)さんは話してくれた。
 


2代目店主の田代さん


「ギョーザはしっかり手作りでやってます。持ち帰りもあるので是非、一度」とのこと

続いて、キニナルメニュー表がある天王町のお店へ。