検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

年に3日しか販売しない横浜文明堂の「じゃがどら」、その入手方法とは?

ココがキニナル!

カステラで有名な文明堂の保土ヶ谷店で、じゃがいもを使用したあんこのどら焼きが売られているとのこと。実際に行ってみましたが見当たりません。どういうことかキニナル。調べてください。(HIDE.PDさん)

はまれぽ調査結果!

「保土ケ谷宿場まつり」「ほどがや区民まつり」の各特設ブースで、開催日のみ限定販売されていたため。今年からは当日に限り、店舗販売も開始する

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

幻のどら焼き、「じゃがどら」を追って



投稿によれば、「じゃがいもを使用したあんこのどら焼き」があるそうだ。
季節限定商品のようなものなのだろうか。この疑問を文明堂に問い合わせてみたところ、保土ヶ谷店で取り扱っているものの、店舗では販売していない商品とのこと。
いったい、どういうことなのだろう。さっそく取材を申し込んでみることにした。
 


JR保土ケ谷駅すぐそば、同社保土ヶ谷店にて待ち合わせすることに


店舗で待っていてくださったのは、文明堂営業部の斉藤さん。
入手方法とともに、誕生の経緯や、ほかの季節限定のどら焼きなどの情報も伺ってみることにしよう。なお、店舗の正式な名称は「保土ケ谷店」ではなく、小文字の「ヶ」を使った「保土ヶ谷店」になるので、地名との表記が混ざることをご了承いただきたい。



入手方法が明らかに



「ジャガイモを使ったどら焼きの名前は、『じゃがどら』といいます」と斉藤さん。この商品は、1年で3日間、しかも特定のイベントだけで販売されるらしい。これらのイベントブースでしか販売していなかったため、投稿者が来店しても、見つけられなかったのだろう。
 


保土ヶ谷店店内の様子、確かに「じゃがどら」は見当たらない


斉藤さんによれば、今年の販売計画はすでに決まっていて、以下のとおりとなる。
・10月13日(日)、14日(月・祝)、保土ケ谷駅西口商店街で行われる「保土ケ谷宿場まつり」
・10月19日(土)、県立保土ケ谷公園で行われる「ほどがや区民まつり」
 


これが「じゃがどら」、1個150円(画像提供:文明堂)


焼き印に、保土ケ谷区の鳥「カルガモ」をイメージして区が定めた「カルガモ・カールズ」のマークを採用した「じゃがどら」。
「保土ケ谷宿場まつり」では、両日合計で500個、「ほどがや区民まつり」では1日800個をそろえて、皆さんの来場をお待ちしているとのこと。なお、「保土ケ谷宿場まつり」で出店するブースの場所を教えていただいたので、ぜひ参考にしてもらいたい。
 


左手、茶色のマンションの駐車場近辺を予定
 

「助郷会所跡」の碑と独特の自動販売機が目印。この向かい側に出店


また、今回のような問い合わせが増えてきたこともあり、今年から店舗販売も始めるそうだ。だが、商品は日持ちがしないため、10月13日(日)と14日(月・祝日)で合計100個、19日(土)で100個の販売を予定している。この3日間を逃すと、次のチャンスは来年となってしまう。

それにしても、どうしてこのような販売の仕方をしていたのだろう。その理由は、「じゃがどら」の誕生と関係があるようだ。