検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

おいしい・安い・揚げたて・ソースが絶品! 本当は誰にも教えたくない山元町の「フライ屋さかい」に突撃!

ココがキニナル!

山元町にある、フライ屋さかい。美味しい、安い、揚げたて、ソースが絶品。あまり広めたくはありませんが、まじめにお勧めです。取材お願いします(あめまさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「フライ屋さかい」は約45年前に屋台からスタート。フライは80円からと格安でサックサクの衣とソースが絶妙。お客が途切れない人気店だった!

  • LINE
  • はてな

ライター:松宮 史佳

はまれぽでもおなじみの山元町商店街に“本当は誰にも教えたくない”ほどおいしいフライ屋さんがあるという! 
 
元来、揚げ物はほとんど食べなかった松宮。だが、「野毛の三大にんにく料理を食べたらどれくらいでにおいが消えるのか」で「福田フライ」へ行って以来、すっかり“揚げ物のとりこ”に。ぜひ、評判の揚げ物を食べてみたい!
  
 
 

お客さんが途切れない揚げ物屋さん「フライ屋さかい」



・・・2月某日。取材の帰り道、山元町商店街へ。
 


道にはまだ雪が残る酷寒の夜
 


以前、はまれぽでも取り上げた山元町商店街


が、相変わらず道に迷う松宮。通行人の女性に尋ねると、「ああ!」とすぐに場所を教えてくれる。・・・人気店なのでやはり有名らしい。

「こっちでいいのかな」と歩いていると・・・

「!!!!」
 


人々が並ぶ店を発見! 


さすが人気店。お客さんが行列を成している。
 


歴史を感じさせる“いらっしゃいませ”が出迎えてくれる


評判の揚げ物はどんな味なんだろう? 早速食べてみたい! ということで気合を入れて全種類を注文。
 


メンチ・コロッケ・一口ヒレカツなど12種類を注文


店内は女性が1人。テンポよく揚げ物を揚げ、ソースを絡めていく。嗚呼、早く食べたい!

・・・寒風が吹きつける中、待つこと約10分。全種類の揚げ物が完成! 
 


人気の揚げ物はどんなお味!?



評判は本当なのか!? 店の近くで揚げ物を食べてみることに!
 


 とにかく“山盛り!” でもこれで一部
 

 アツアツのアジ(90円)から!


衣がしっかりと付いており、やわらかい魚の身がおいしい!

食べていくうちに氷のように冷え切った体が温まっていく。
 


 「コロッケ(100円)」は“ホクホク”!


続いて、「ハム(100円)」、「牛もつ(80円)」「うずらの玉子(80円)」を一気に完食。
 


「あれ? 割れない!?」と思ったら「イカ」だった!


「いか(110円)」を食べながらふと、イカリング以外でイカの揚げ物はほぼ初めてかもと気づく。
 


粗挽きめの肉がギッシリ! ジューシーな「メンチ(110円)」
 

当たり前だが、「ポテト(90円)」はコロッケに近い味わい
 

やわらかくて美味! 「一口ヒレカツ(130円)」
 

手が油まみれになっても“食べて・食べて・食べまくる!”
 

甘みのあるたまねぎが満載!「串かつ(90円)」


「ちくわ(80円)」と「ちくわサラダフライ(100円)」を続けて食べてみると・・・

「!!!!」

「ちくわサラダフライ」にはポテトサラダが入ってる! 淡泊なちくわと“意外にもよく合う!”そしてこの“妙に後を引く”ポテトサラダ! ・・・タダ者ではない!

「もっと食べたい!」と思い、ポテトサラダを注文する。だが、「今日はもう売切れ」とのこと。残念!
 


残念ながら今日は売切れ! 幻の「ポテトサラダ」


・・・しかし、揚げ物はこんなにおいしいのに“80円から”と超リーズナブル。大丈夫なのかな? と心配になる。そして衣やオリジナルソースのヒミツもキニナル!

閉店1時間前の19時半。お話を伺うべく、再び店へ。しかし、お客さんは一向に途切れない。
 


ひっきりなしにお客さんが訪れる


常に数人が待っている状態。慣れているお客さんは注文し、用事を済ませてから数分後に戻って来るようだ。

お客さんが途切れるのを待つ松宮。が、奇しくもこの日は“底冷え”の夜。洋服に覆われていない耳と顔がイタイ。とりあえず、近くのコンビニであたたかいお茶を買って飲む。

寒空の下、待つこと30分。やっとお客さんが途切れたので、店主の方にお話を伺うことに!