検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

6月2日の開港記念日に向けて横浜発祥文化を知るために、横濱アイス工房、横浜くりこ庵、ムカヰベーカリーの3店舗で牛丼の具材をアレンジ! 横浜の名店とのコラボにより新たな美味が花開いた!

  • LINE
  • はてな

2014年05月27日

ライター:細野 誠治

開港記念日を盛り上げろ! 新たな横浜名物を本気で作ってみる!

今年も「開港記念日」がやってくる!
 


特設ページ展開してます!

 
横浜市民、ハマっ子にとって「開港記念日」は年に一度のハレの日!
そんな横浜のBIGイベントで記事が書ける・・・ハマっ子ライター冥利に尽きます。

今回、筆者が担当するのは「新たな横浜名物を生み出せ!」というミッション。

編集部・宮城と協議の末、「牛丼」でいきましょうと。
開港とともに全国へと広がっていった横浜発祥の牛肉食、そのなかでも比較的メジャーな牛丼・牛鍋。つまりは出汁と醤油味で味付けされた牛煮込みですね。これを使って新しい食べ物・食べ方を提案してみよう、という訳です。
 


牛丼に牛鍋、横浜から。(写真はイメージ画像)

  
開港から155年。出汁と醤油味で煮込んだ牛肉は美味い! ご飯と食べたらもっと美味しい! それ以外の食べ方をしたってきっと美味しい? そんな疑問を解決するべく、横浜の名店とコラボレーションしてみました!



横浜で牧場直送のアイスが堪能できる! 横濱アイス工房

まず今回のキニナル、使用する具材(牛丼のタネ)をどこで調達するべきか?
横浜には「太田なわのれん」「荒井屋」「じゃのめ」など数々の名店がある。
ここは庶民の味方、安価に手に入れられるタネで行こう・・・という訳で横浜・鶴見で創業した牛丼の「すき家」さんの牛皿を使ってみよう、ということになった。

「すき家」さんにご一報いれたところ「それは大変興味深いですね。是非作ってみて下さい」とのご返答。これで心置きなく新メニュ―開発を進められる。
 


鶴見から日本全国へ。すき家の牛皿を使って新メニューを作ります!
 

編集部・宮城が、事前に素材を持ってお願いしに参りました・・・

 
一軒目は戸塚の『横濱アイス工房』さん。戸塚駅から徒歩20分くらいかな? 明治学院大学そばだ。
 


この看板が目印!
 

カワイイお店と俺、激写
 

店頭にあるオブジェ。触るとハッピーになれるそうですよ

 
こちらの『横濱アイス工房』さんは、自社で横浜に牧場を経営されているお店。だから毎日、搾り立ての新鮮牛乳を使ったアイスやソフトクリーム、ジェラートが味わえるのだ
 


美味しそうですな

 
ここでお店のチョイスを担当した編集部・宮城に聞いてみる。
―ところで、どうしてアイスとコラボを?
宮城「アイスも横浜発祥ですし、牛肉とミルクで“親子丼”みたいな・・・」
―そうか! なるほどな! (不安だ・・・)
 


キレイな店内。そして某バラエティーもロケに・・・

 
今回、各お店の皆さまには、お忙しい営業時間を避けて前もって仕込みをしていただいた(本当にありがとうございます)。
 


事前に「牛丼アイス」を仕込んでくれた嘉山さん(厨房の様子はヒミツ)

 
では、と「牛丼コラボアイス」を持ってきていただく。すると・・・
 


どーん! と登場、牛丼アイス

 
あっ、見た目「クッキー&クリーム」みたい! でも牛丼の匂いがするよ。
工程はまず牛皿の汁を煮詰めてミルクアイスへ。牛肉はフライパンでカリカリに焼いたそうだ(この作業で肉がアクセントになる)。
 


いただきます!


口に入れた瞬間、濃厚ミルクが口いっぱい。すると「呼んだ?」とばかりに牛丼味がグイグイくる。見事にミルクアイスと牛丼が合体した味。
甘塩っぱい“みたらし味”や、塩キャラメル味のアイスに近いかな。
 


食べきりサイズの牛丼アイス。筆者は完食 

 
はまれぽ読者さまのなかには「無い」と思われている方も多いかと。でも筆者的には「全然アリ」。カリカリに焼いたラスクにディップしたら、すごく美味しいと思う。

ここで代表の小野さんが登場

編集部・宮城がご
協力をお願いした際に「じゃあ、やってみますか」と快諾してくださった方だ。
 


小野さんも初めて試食する

 
一口食べると小野さん、大爆笑。
 


俺、美味いと思うけどな・・・ 


たった1回のセッションでここまで「アリ」な味。感心しました。
あと何度か試行錯誤したら、かなりウケるものになるかと・・・。
 


最後に記念写真を。ありがとうございました!



横浜駅そば、行列の絶えない名店! 横浜くりこ庵


お次は筆者が以前にキニナルを解決した『横浜くりこ庵』さん。記事掲載後、裏メニューをオーダーする方が増えたそう。
 


駅前の繁盛店、横浜くりこ庵さん

 
栗の入った『くりこあん』をはじめ、“外はパリパリ、中ふっくらなたい焼き”を横浜名物にするべく、日々精進してらっしゃるお店。ここならば新たな新開発メニューを作って下さるに違いない。
 


新規事業企画室の山本さん。自ら陣頭指揮をとってくださるとは

 
山本さんは牛丼コラボについて「面白いですね! 是非やりましょう!」とノリノリでお返事してくれたそうだ。
 


じゃ、いってみましょうか・・・と
 


タイも「まさか・・・」と困惑したろうに

 
香ばしさと牛丼の匂いがします。期待できそう!
山本さん曰く「一度、試作したらビックリするほど美味しかったですよ」とのこと。

こちらの製作過程はシンプル。焦げを出さないよう出汁つゆを使わず、牛肉に玉ねぎ、紅ショウガを餡として投入した。
 


できた!

 
割るとモロに牛丼。
 


紅ショウガも入ってます

 
いただきます。
 


パクッ!
 

・・・!
 

UMEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE————————————————!

 
かぶりついた瞬間、美味さが襲います!(写真の表情でお分かりかと)
パリパリ皮に牛煮込みが合う合う、紅ショウガもいいアクセント。
言っちゃいます、牛丼より好きかも。

同行した編集部・宮城も試食して叫びました。
この味を誰かに伝えたい、思わず並んでいた方にお裾分けを。
 


東京からきた柳川夫妻に試食をしていただく。

 
「美味いです! これ売ってたら買います!」とご主人。紅ショウガが苦手だという奥さまも「これ好きです。美味しいです」とのこと。

山本さん、これ発売しましょうよ! 新たな横浜名物にできますって!
 


編集部へのお土産として。記念写真パチリ

 
山本さん、横浜くりこ庵さん、ありがとうございました!




 

はまれぽ編集部のイチオシ

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング