検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜で一番おいしいカルボナーラを探せ!Vol.3

ココがキニナル!

スパゲティナポリタンが流行っていて色々食べ歩きました。人気のスパゲティと言えば、ナポリタン以外にもカルボナーラもあると思います。横浜で一番おいしいカルボナーラを取材してください(うずらさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

超濃厚なクリーム系カルボナーラの「ザ・ニューヨークカフェ」と、パスタの概念が広がるローマの本格的なカルボナーラの「パパダビデ」をご紹介!

  • LINE
  • はてな

ライター:吉澤 由美子

読者の方にマイフェイバリットを見つけてもらうため、「これは!」というこだわりを感じさせるおいしいカルボナーラを紹介し、一番おいしいお店を決めていくこのシリーズ。これまで2回に渡って、合計4店を紹介してきた。
 


前回紹介した「ほわいとべあ~」のカルボナーラ


第1回は、横浜ベイホテル東急内「カフェ トスカ」と横浜駅近くの「リトルキャット」。第2回は相鉄線鶴ヶ峰駅の「ほわいとべあ~」と横浜駅近くの「ラ・ベルデ横浜店」。この4店は、日本風にアレンジされた「クリーム系パスタ」としてのカルボナーラを出すお店。

さて、今回はどこを紹介しようかと考えていると、「そろそろ生クリームを使わない本場風のカルボナーラも」と編集長・吉田が言い出した。読者の方のコメントに本場のカルボナーラを出すお店情報があって、それがキニナっている様子。

ということで、今回はコメントでオススメされていたお店の中から、日本風にアレンジされたクリーム系と、本場ローマ風のカルボナーラを出すお店を1つずつご紹介!



超濃厚! 「ザ・ニューヨークカフェ」で絶大な人気を誇るカルボナーラ

JR関内駅から歩いて2分の「ザ・ニューヨークカフェ」は、地中海料理からタイ料理まで、ジャンルにとらわれない、おいしい料理とお酒を気軽に楽しめるお店。
 


看板ロゴもドアの感じも、ニューヨークっぽい(行ったことないけど)


国道16号線に面した入口のドアを開けると、すぐに階段がある。降りていくと正面に厨房とバーカウンターがあって、右手のフロアは壁際にぐるりとソファが配されたテーブル席。
 


ほどよくビンテージの入った居心地のいい空間


大きな鏡はくすんでいて、天井の少しすすけた感じが隠れ家っぽい。
 


階段の左手にはバーカウンターがもうひとつあって、そちらはさらにディープ


案内してくれたスタッフのサムさんに伺うと、鏡のくすみはレトロな雰囲気を出すためにわざと入れている。「オーナーがニューヨークでマティーニの旨い店をみつけて、そこにインスパイアされた内装なんです」とサムさん。
 


「昔から日本が大好き」なサムさんはスリランカから4年前に来日。今は料理の勉強中だそう


料理長のコマさんは先祖にインド人がいるらしい。このお店は人種のルツボであるニューヨークをお手本にしているだけあって、スタッフもグローバルなのだ。
 


料理長のコマさんは、マレーシアでエスニック料理修行を積んだキャリアの持ち主


「とりあえずビール」と言いたいところをぐっとこらえて、お店の名物であるカルボナーラを注文。

スモーキーなベーコンをフライパンに投入して少し温めたら、ベシャメルソースとたっぷりの生クリームを加えていく日本風にアレンジされたクリーム系のカルボナーラ。
 


生クリームの量が味の決め手


これだけでも濃厚なソースに、コマさんの大きな手の平でひとすくいされたパルミジャーノ・レジャーノチーズが入る。
 


どかっと投入されるチーズ
 

茹でたてのパスタがソースをまとったらできあがり


テーブルに運ばれたカルボナーラは、真ん中に卵黄が乗っていて、挽きたての黒こしょうと削ったチーズがたっぷりかかっている。
 


チーズの豊かな香りがたまらない。超濃厚カルボナーラは税込1000円ジャスト!


卵黄を割って絡めて口に運ぶ。噂にたがわぬ濃厚さ!  ベルシャメソース&チーズのおいしさが「これでもか」と口の中に広がる。一口食べたら、どんどん食べ進めずにはいられない味で、ヤミツキになる人の気持ちがわかる。

ザ・ニューヨークカフェでは、飲んだ後のシメにこのカルボナーラが絶大な人気を誇る。「シメでも飯ものではなく、カルボナーラばかりですね」とコマさん。

カルボナーラへの助走としてアルコールと楽しみたいメニューでは、シーザーサラダやカルパッチョがオススメだそう。厚切りのベーコンステーキを乗せたシーザーサラダは、ソースも手作りのガッツリ系。カルパッチョは、市場で毎日仕入れる新鮮な魚介を、バルサミコのソースで仕上げたサッパリ系だ。
 


ごま醤油の隠し味が旨味を引き出すカルパッチョ(980円・税込)


「本場の作り方とは違いますが、このカルボナーラはウチの名物メニュー。楽しみに来てくださるファンが多いので、これからも味を変えずに提供していきたいですね。もちろんカルボナーラだけ食べにきていただくのも大歓迎です」とコマさん。
 


階段下やホールの後方には2~4人用の個室もある。


ザ・ニューヨークカフェのクリーミーで超濃厚なカルボナーラには、定期的にむらむら食べたい気持ちに襲われそうな、ヤミツキ系の魔力があった。