検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

「鎌倉の小町通りにある『キャラウェイ』と言う大盛りカレー屋さんがキニナル!! (Shibaさん)

はまれぽ調査結果!

1977年にオープンした「キャラウェイ」では週3日は食べたくなるカレーがいただける。現在大盛りはないが、中盛りでもごはんが900グラム

  • LINE
  • はてな

2015年11月14日

ライター:山崎 島

寒くなってきましたね、みなさんご機嫌いかがでしょうか。寒くなってくるとカレーが食べたくなりませんか? うんうん、カレーは年中食べたいですよね、すみません。

今回は鎌倉の、毎回通るたびに行列ができている「キャラウェイ」のあれこれをご紹介。



ということで
 


はい鎌倉ー

 
小町通りをまっすぐ歩いて・・・
 


こちらも超キニナルレストラン「コアンドル」の角を

 
右に曲がればカレーのにおいがしてくる。レトロな一軒家風のお店が「キャラウェイ」。
 


通るたびに行列ができてるよなあ
 

カレーのソースは持ち帰りもできるのね
 

ん?

 
お店の外の張り紙に「ご飯の量が多すぎるとのご意見をよく聞かれます」とのキニナル記載が。ふ、ふーん。普通盛でも多い・・・多すぎる、かあ。これはだいぶ冒険の予感がする。
 


店内の様子

 
木とアンバーの光があたたかな、懐かしさを感じる内装。クラシックがかすかに流れる空間に、芳しいスパイスの匂いが漂う。
 


とても和やかに取材を見守ってくださったスタッフさん方

 
お話を伺ったのはカレー専門店「キャラウェイ」社長の丹間美智子(たんま・みちこ)さん(写真中央)。カレーのレシピもお店も丹間さんが中心となって作り上げた。現在は息子さん(写真前列右)がお店に立たれている。

同店ができたのは1977(昭和52)年。専業主婦だった丹間さんが「自宅であるこの場所で、子育ての傍ら何か商売ができないか」と思ったのがきっかけだった。

「どんなことをしようかと考えながらふと家の外を見ると、幅広い年齢層の方が歩いていて、カレー屋にしよう、と。カレーはお子様からお年寄りまで召し上がれるし、間違いない、と思いましたね。もともと料理を作るのは好きでした。どんなカレーにするか1年かけて模索しました」と丹間さん。

ご自分の舌だけを頼りに、現在のレシピにたどり着いた。
 


なるほど

 
お店は、自宅の一部を建築技師であるご主人が店舗スペースへと改装。開業当初は席数も少なく、丹間さんとパートさんお二人でお店を回されていたが、3ヶ月もすると行列ができるように。

「始めてすぐに人手が足りなくなり、幼稚園の息子を『よ! 洗い物主任!』とおだてて手伝わせることもありました。しばらくすると『僕は洗い場囚人だ』とぼやいていましたが・・・」と、開業当初の忙しなかった様子をお話くださった。

現在までは、行列のできるカレー専門店として順調に来られたのだとか。
 


少しずつ店舗の広さを大きくしていき、今に至る
 

店内に飾ってある絵画は、丹間さんの義理のお姉さまの作品

 
大繁盛の秘訣について伺うと「価格に対して食べるものが満足いただけたからではないでしょうか。ここはもともと自分の家で家賃がかからないため、その分安くお客さんに提供できるんです。鎌倉にはいろいろな方がいらっしゃるから、鎌倉に来て高いもの食べた、なんて言わせたくなくて」と、おっしゃっていた。とってもお客さん想いなお言葉に感動した。
 


消費税のため、値段は若干上がったがとても良心的

 
それから「キャラウェイ」というお店の名前は、カレーに使用されている香辛料のキャラウェイシードからきている。軽やかで可愛らしい響きです。
 
 
変わらないカレーが登場!キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

鎌倉付近にやたらと多い地名「こぶくろ」の由来を教えて!

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

2020年から渋滞緩和のため、鎌倉市に入る車が課金される!?

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

古きよき鎌倉を散策しながらロケ地めぐり「鎌倉」編

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

野毛には、リアルな深夜食堂がある?

忙しい主婦の皆さん注目! 気軽に頼める家事代行サービス「Copier」でたまには家事休業! 

  • PR

新着記事

東戸塚の駅近に牧場がある?牧場直営アイス屋さんと「牛」の関係

    • 面白かった37
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年12月13日

港町横浜を走る「黄色い市バス」の正体を追う! 誰でも乗れるものなのか?

    • 面白かった140
    • 面白くなかった6
    • コメント2
  • 2018年12月12日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

基本を理解することで、学力が伸びる。生徒と並走し、きめ細やかな個別のケアも行う学習塾「ケイスクール」

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 矢向が本当に住みやすい街の10位に入ったそうです。個人的には駅近くの志楽の湯が好きですが、あまり話題...

  • 横浜市営バスの103系統に激しくクリスマス装飾がされた車両があります。ここまでするか!ってくらい内装...

  • 湘南モノレール・湘南江の島駅の耐震補強とバリアフリーが完成しました。以前は 入口も分かりにくく、古い...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング