検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

清水建設、京急が品川からみなとみらいに移転/アンパンマンミュージアムの移転が決定。現在の店舗は継続して営業する?(よこはまいちばんさん、サブさん/山下公園のカモメさん、あびゃびゃさん)

はまれぽ調査結果!

ゆりのき通りに移転。京急・アンパンマンミュージアムが2019年、清水建設が2020年に業務開始。ミュージアムは現在の場所での営業延長を申請

  • LINE
  • はてな

2016年03月30日

ライター:はまれぽ編集部

生まれ変わる、みなとみらい

また、みなとみらいが大きく進化する―。

横浜市は公募していた、みなとみらい地区の三つの街区について、開発事業予定者を決定したことを明かした。
 


変わり続けるまち、みなとみらい
 

公募していたのは、いずれも「とちのき通り」沿いにある、「56-1街区」(横浜市西区高島町1丁目。地図上、赤丸)、「54街区」(同区みなとみらい5丁目。同、緑丸。)、「61街区」の一部(同6丁目。同、青丸)。

「56-1街区」は京浜急行電鉄株式会社、「54街区」は清水建設株式会社に売却。「61街区の一部」は、横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールの運営会社と30年の定期借地契約になる。
 


それぞれの位置関係
 

横浜市は今後、各事業者と基本計画の協議や必要な手続きを進めながら、原則として1年以内に土地売買や定期借地に関する契約を締結することとなる。

事業予定者が決まったことについて、林文子(はやし・ふみこ)市長は「みなとみらい21地区は横浜の活力を象徴するエリア。決定させてもらった事業が、同地区だけでなく都心臨海部全体に波及する効果があると確信している」とコメントした。
 


市長も期待を寄せる(写真は過去記事より)
 

既に役目を終えたマリノスタウン周辺の61街区の残部分(60・61・62街区)と、みなとみらい線「新高島」駅に隣接する「53街区」および「55-1街区」については、再公募を検討していく。
 


マリノスタウン跡地の活用はすべて決定したわけでない
 



アンパンマンミュージアムは営業継続を申請

はまれぽでも過去に、2017年4月で土地の利用契約終了に伴って閉鎖の可能性があると伝えた「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」。
 


年間約400万人が訪れる(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
 

同ミュージアムを運営する「株式会社ACM」(東京都港区)が公募に当たって横浜市に提出した事業計画によると、2017年8月に着工し、2019年4月のオープンを目指すという。

計画の上では2017年4月の閉鎖から2年の空白期間が開くことになるが、同社は「引き続き現在の場所で営業しながら新しいミュージアムを建設できるよう、市に要請していきたい」と話した。
 


現在の61街区(2016年3月29日撮影)
 

「契約期間が終了したからといって、みなとみらいから撤退という選択肢はなかった」という同社は「詳細な条件は今後の話し合いだが、前向きに進めたい」としている。

同社によると、1階はメインエントランスと駐車場を設置。2階に入場無料の商業モール、3階に有料のミュージアムを設置する計画になっているという。
 


新しいミュージアムのイメージ
 


京急本社も移転!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

9年間ありがとう! マリノスタウン最後の日

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

カップヌードルミュージアム周辺の海で釣れた魚はうまいのか!?

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

磯子区補欠選挙、当選したのは誰?

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

自転車対策から「活用」へと踏み出す横浜市、自転車マナーは改善する?

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった94
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった94
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング